冬の国内旅行!おすすめ人気スポット10選

この記事では、冬の国内旅行におすすめの人気スポットを温泉、レジャーホテル、観光スポットのジャンル別に紹介します。冬に旅行に行きたいけど、行き先が決まらないという人や冬の国内旅行で人気の場所が知りたいという人におすすめです。

1.冬の国内旅行で人気のおすすめ温泉地

まずは冬の国内旅行で人気が高い温泉地をご紹介。

  • 北海道 層雲峡温泉
  • 長野県 白骨温泉
  • 熊本県 黒川温泉

上記3つについて解説しましょう。

1.北海道 層雲峡温泉

層雲峡観光ホテルにある『峡谷大露天風呂』はダイナミック。200坪という、北海道で最大級の敷地面積を誇ります。大雪山国立公園にあり石狩川を挟み24kmに渡って続く断崖絶壁。過酷な環境の中で生まれた峡谷層雲峡は、観光の拠点という目的に最適のホテル。

宇旅璃(うたり)と名付けられた露天風呂は、湯衣着用のため家族旅行なら、みんなで入ることができます。層雲峡観光ホテルのすぐ近くを流れるのは、北海道で最も長い河川である石狩川。川のせせらぎはリラックス効果抜群。大自然の中に身を投じて、心の底からリラックスしましょう。

2.長野県 白骨温泉

『白骨温泉』の読み方は「はっこつおんせん」ではなく「しらぼねおんせん」です。なぜこのような温泉名になったかは諸説あるものの、湯の成分である石灰が湯舟に付き、その様子が”白い骨”のように映ったからというのが有力。『白骨温泉』の名前を日本中に広めたのは小説家の中里介山。『大菩薩峠』という傑作を生みだしたヒットメイカーでもある彼。シリーズの中で『大菩薩峠~白骨の巻~』というタイトルで、白骨温泉を舞台にしたものを上梓しました。「五彩絢爛(ごさいけんらん)たる絶景」と文豪が表現した景色を、あなたの目で確認してみてはいかがでしょう?

他にも与謝野晶子、若山牧水といった文化人が『白骨温泉』を訪れたという歴史を持ちます。また『白骨温泉』は、騎馬隊で有名な武将武田信玄が隠し湯として、よく使っていたといういわれもあります。怪我が絶えず今よりもずっと栄養状態の悪かった戦国武将たちは、有名温泉に湯治目的で赴きました。白骨温泉は糖尿病、神経病、呼吸疾患に効果があるといわれています。また肝臓病などの内臓疾患を改善する働きがあるのだとか。美肌効果が見込めるため、女性の来客も少なくありません。

3.熊本県 黒川温泉

火山大国の日本には数多くの温泉地が存在します。競合ひしめく中、どれだけ特色を出せるのかというのは非常に大切な要素。黒川温泉のユニークなところは、入湯手形システムにあります。黒川温泉郷にある約三十軒の宿泊施設、里山をひっくるめて全て『ひとつの旅館』という捉え方をしているのです。ゆえに『黒川温泉一旅館』という言葉が生まれたのでしょう。

二十八箇所の露天風呂を楽しむために欠かせないのが入湯手形。こちらの手形を持っていれば、黒川温泉一旅館にある露天風呂を思う存分巡れます。温泉好きからすると、こんな贅沢なことはありません。各々の宿ごとに泉質が変わるため、「健康になりたい」「美肌を手に入れたい」など多種多様なニーズにしっかりと応えてくれますよ!

2.冬の国内旅行で人気のおすすめレジャー・リゾートホテル

続いて冬の国内旅行で推奨したいレジャー・リゾートホテルを紹介します。

  • 山形県 ショウナイホテル スイデンテラス
  • 三重県 都リゾート 志摩 ベイサイドテラス
  • 静岡県 ホテル&スパ アンダリゾート伊豆高原

上記3つについての説明をしましょう。

1.山形県 ショウナイホテル スイデンテラス

「豪華絢爛な宿泊施設は緊張しちゃうなあ…」という人に、行ってもらいたいのが、山形県にある『ショウナイホテル スイデンテラス』。あえて華美な演出を取り払い、シンプルで勝負する潔さが『ショウナイホテル スイデンテラス』にはあります。

合計で143室もの部屋が設けられており、スイート、ツイン、ダブルと用途に応じて使い分けられます。

棟は

  • 月山(GASSAN)
  • 羽黒山(HAGUROYAMA)
  • 湯殿山(YODONOSAN)

といった出羽三山の名前がつけられているのもオシャレですね。部屋からは雄大な庄内平野の眺望を楽しめます。

近年のジムブームの影響で、毎日体を鍛えたり運動することが習慣になっている人もいるでしょう。そういった人たちをしっかりと考えたフィットネスコーナーが設けられていますので、一汗かいた後、温泉に入ることも可能。

またお酒好きの人向けに、山形の地酒を提供している直営レストラン&ダイニングバー『FARMER’S DINING IRODORI』も、ホテル内で営業中。大人を満足させるサービスがとりそろえられているため、利用者の満足度が総じて高いのです。

2.三重県 都リゾート 志摩 ベイサイドテラス

日常を忘れて「休みの日はリゾートでストレス解消!」という人におすすめなのが、三重県の志摩にある『ベイサイドテラス』。全室テラス付きのゲストルームは開放感いっぱい。グルメをうならせる四季折々の食材を、ふんだんに使ったお料理は頬落ちする確率100%。ロケーションの素晴らしさから、『ベイサイドテラス』で挙式を行うカップルも少なくありません。南欧風のリゾート空間で結ばれたふたりは、末永く幸せな生活を送れそう。

『ミシュランガイド愛知・岐阜・三重特別版』で、伊達に4パビリオンをもらっていません。施設内のどこを移動しても絵になるような光景ばかり。インスタ映え確実な南欧の世界観に没頭しましょう。

3.静岡県 ホテル&スパ アンダリゾート伊豆高原

「日本にもバリがある」と聞けば、耳を疑う人がいるかもしれません。バリの文化を国内で味わいたい人に推奨したいのが、静岡県の『ホテル&スパ アンダリゾート伊豆高原』です。“伊豆のバリ島”と謳うだけあり、日本とはまた異なる雰囲気を味わえます。「濃密かつ最高の癒しを提供したい」というプロフェッショナルなスタッフの接客は、おもてなし精神が伝わると大好評。現状に満足することなく「いかにすればお客様に喜んでもらえるか?」ということを、常日頃から考え続けています。

バリ風の室内にエステや岩盤浴、そして料理長がこわわりぬいた和洋創作のフルコースディナーと見どころはたくさん。もちろん温泉も充実。ナトリウム塩化物硫酸温泉の泉質は、お肌に優しく人の体も心もしっとりと包み込みます。男女別大浴場がメインとなりますが、それ以外にも8つのお風呂が充実。どこを切り取っても豪華な非日常を体験できる豪勢な旅行になりそうですね。

3.冬の国内旅行で人気のおすすめ観光スポット

最後にお伝えするのは、冬の国内旅行でおすすめしたい観光スポット。

  • 石川県 兼六園
  • 埼玉県 秩父路三大氷柱
  • 栃木県 あしかがフラワーパーク
  • 京都府 貴船神社

上記4つについて解説しましょう。

1.石川県 兼六園

『兼六園』といえば名勝として知られています。石川健が誇る文化財指定庭園は、日本三名園のひとつに数えらるだけあり、毎日たくさんの人が訪れます。廻遊式(かいゆうしき)の広大な土地には、築山(つきやま)、御亭(おちん)、池などが設けられており、和風情緒が漂います。歴代の加賀藩主はいずれも『兼六園』を深く愛しました。

庭作りのコンセプトは神仙思想と称されるもの。大きな池を作り大海をイメージし、その中に不老不死の神仙人が暮らすといわれる島を配すのが、神仙思想。作庭者によってテーマとなる島が変わるのも興味深いですね。ちなみに5代藩主の綱紀(つなのり)、13代藩主の斉泰(なりやす)のふたりは、蓬莱島(ほうらいとう)を浮かばせました。綱紀は、藩主の中で最初に作庭をした人物。つまりパイオニア的存在なのです。

継承されてきた文化を残しつつも、一部を変化させて、新たなパッケージを仕立てるのは気が遠くなるほど骨が折れる作業。それを藩主たちはずっと続けてきました。加賀藩が全力を注ぎこんだ作品をあなたの目に焼きつけましょう

2.埼玉県 秩父路三大氷柱

奥秩父にある冬の名勝といえば『三十槌の氷柱(みそつちのつらら)』。岩から染み出た湧水が作り出す氷柱の高さは約8m、幅は約30mにもなります。人為的な要素が皆無のため、毎年氷柱の形状が変わるのもポイント。

1月中旬から2月中旬までの期間が、氷柱の見るのに最も良い時期といえるでしょう。ライトアップ演出が施されているため、昼と夜ではまた違う味わいがあります。日本で一番寒いときにあえて寒い場所へ繰り出すというのも、実際にやってみるとテンションが上がりますよ。「一回だけのつもりが毎年、秩父に氷柱を見に行かないと気が済まなくなった」という方も少なくないようです。

3.栃木県 あしかがフラワーパーク

1968年に『早川農園』という別称でスタートした『あしかがフラワーパーク』。1997年に足利市の迫間町(はざまちょう)に場所を移転したことで、現在の名前となりました。

『250畳の大藤』が名物ですが、春夏秋冬によって異なる色合いを見せてくれます。冬場にお目見えする花は、

  • 福寿草
  • 寒紅梅
  • 冬咲きボタン
  • ロウバイ

など。

いずれも1月からシーズンインとなるため、冬の植物に興味がある人はぜひスケジュールを組んで現地に足を運びましょう。

少し春めいてくると、梅やチューリップ、ユキヤナギ、レンギョウなども楽しめるようになります。

4.京都府 貴船神社

もしかすると『貴船神社』と聞けば、丑の刻参りのおどろおどろしい印象を持つ人がいるかもしれません。縁切りのお願いに『貴船神社』を来訪する人もいます。しかしその何倍も、縁結び祈願で来る人がいることを忘れてはいけません。関西屈指のパワースポットである『貴船神社』は、これまでに恋愛成就や婚活でゴールインしたいという女性を願いをかなえてきた実績があります。

メディアが度々面白おかしく『貴船神社』の特集を組んだことで、ネガティブな面ばかりにフォーカスされたことは否めません。しかし、これほどご利益のある神社は他にないでしょう。良縁はもちろん復縁祈願の女性も『貴船神社』をよく訪れています。「困ったときの神頼み」ではないですが、できるだけの努力を重ねたのにもかかわらず、一向に報われる気配がない際は、パワースポットの力を借りるのも悪くありませんよ。

まとめ 冬の国内旅行は人気観光スポットを満喫するのがおすすめ

最後に重要なポイントをおさらいしましょう。

冬の国内旅行で人気が高い温泉地は、

  • 北海道 層雲峡温泉
  • 長野県 白骨温泉
  • 熊本県 黒川温泉

上記3つ。

冬の国内旅行で推奨したいレジャー・リゾートホテルは、

  • 山形県 ショウナイホテル スイデンテラス
  • 三重県 都リゾート 志摩 ベイサイドテラス
  • 静岡県 ホテル&スパ アンダリゾート伊豆高原

上記3つ。

冬の国内旅行でおすすめしたい観光スポットは、

  • 石川県 兼六園
  • 埼玉県 秩父路三大氷柱
  • 栃木県 あしかがフラワーパーク
  • 京都府 貴船神社

上記4つとなります。

冬はかなり冷えますので、長時間の外歩きには向いていないシーズンではあります。しかし雪景色など、寒い季節しか見られない光景があるのも確か。しっかりと防寒対策をして、冬の国内旅行を楽しんでくださいね!

関連記事

  1. パパ活アプリ「ペイターズ」を徹底解説

  2. 魚の夢が暗示する夢占いの意味を診断!

  3. 3月の誕生石は複数!各宝石の特徴や意味

  4. 買い物の夢を診断!内容別の夢占いの意味

  5. 女性の角オナ!やり方や注意点をチェック

  6. 女子がOKする告白場所ベスト5とは?告白を失敗したくない男性必見!

  7. ヨガマットの選び方とおすすめブランド7選

  8. インスタグラムをブラウザで操作する方法