海外で使うおすすめWiFi(ワイファイ)

海外に行くときに気になるのがインターネット使用に伴う通信料です。この記事では、海外でインターネットを使う手段の解説やおすすめのWiFi(ワイファイ)をご紹介します。また、購入・レンタルのメリット・デメリットや選び方についても合わせてご紹介します。ルーター選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

1.海外でインターネットを使うときはモバイルWiFi(ワイファイ)ルーターを使うのがおすすめ

海外旅行をする際に頭を悩ますのが通信環境。現代人はいつでもスマホを近くに置いておき、連絡をとったり情報を確認できるようにしたいもの。海外へ出かけるのが決まってから調べるのでは遅いかも?

ある程度の知識を入れておけば、迷うことなくすぐに「これ使おう!」とモバイルWiFi(ワイファイ)ルーターを選べるでしょう。海外旅行は、ただでさえ事前準備が大変。仕事が多忙な人はスケジュール調整をして前倒しとなり、いつもよりもさらに激務となり「ルーター選びどこじゃないよ~……」と涙目状態の人もいるでしょう。そういう方を一人でも減らすために、海外旅行で使いやすいモバイルWiFi(ワイファイ)ルーターの情報を解説します!

2.モバイルWiFi(ワイファイ)ルーターは購入とレンタルどちらがおすすめ?

まずは海外用にモバイルWiFi(ワイファイ)ルーターを使用する際は

  • 購入した方がいいのか?
  • レンタルした方がいいのか?

という観点で見ていきましょう。

双方ともメリットとデメリットを挙げていきましょう

1.海外用にモバイルWiFi(ワイファイ)ルーターを購入するときのメリット・デメリット

まず海外用にモバイルWiFi(ワイファイ)ルーターを購入するメリットから挙げていきましょう

  • 申し込みの手間を省ける
  • 短期間に複数回、海外に出向く人にとってはレンタルよりリーズナブル
  • プリペイドSIMによってデータ通信料の制限が存在しない

となります。

デメリットとしては

  • 初期費用が決して安くない
  • 盗難や紛失した場合は自己責任となる
  • 自力で設定できない人はすぐに使いこなせない

となります。

中には仕事で海外を飛び回る人もいるでしょう。そういった人は思い切って購入した方がお得でしょう。

2.海外用にモバイルWiFi(ワイファイ)ルーターをレンタルするときのメリット・デメリット

続いてモバイルWiFi(ワイファイ)ルーターをレンタルについて説明します。

モバイルWiFi(ワイファイ)ルーターをレンタルするメリットは

  • 料金がリーズナブル
  • 盗難や紛失に対する補償がある
  • 設定はほとんどなくすぐに使える

となります。

デメリットとしては

  • データ通信料の制限があるため使いすぎないよう注意が必要
  • 利用していない時間も料金がかかってしまう
  • 受け取りと返却が手間

となります。

3.モバイルWiFi(ワイファイ)ルーターをレンタルしたい!おすすめの選び方

モバイルWiFi(ワイファイ)ルーターをレンタルしようかと考えている人に、どういった基準で選べばいいかをお伝えしましょう。

重視するポイントは

  • 通信速度
  • 通信容量
  • サポート

上記3つとなります。

「通信速度と通信容量さえ希望を満たしてくれると、サポートは求めない」という人がいるかもしれないですね。もしものことを考え、万全のサポートをしてくれるところを選んでおくと安心です。

4.レンタル派におすすめ!人気のモバイルWiFi(ワイファイ)ルーターレンタルサービス7選

レンタル派におすすめしたいルーターをピックアップ!

  • グローバルWiFi
  • イモトのWiFi
  • Wi-Ho!
  • グローバルモバイル
  • jetfi
  • WiFiレンタルどっとこむ
  • UQ WiMAX

上記7つについて解説していきます。

1.グローバルWiFi

アフターフォローなどを含めたサービスに定評がある『グローバルWiFi』。業界最大規模を誇る株式会社ビジョンが提供しています。海外に出かけると予期せぬトラブルはつきもの。「万が一の困ったときも安心。24時間365日の万全サポート!」と謳っていることもあり、ユーザー満足度はかなり高め。ルーターの破損や紛失といった危機的状況にも、しっかりと対応してくれます。

気軽にLINEで問い合わせができるサービスが素晴らしいと好評。また必要があれば、通信容量の追加購入も可能です。期間によっては、オプションで『漫画・書籍読み放題サービス』を提供していることもありますよ。

2.イモトのWiFi

イモトアヤコさんが宣伝を務める『イモトのWiFi』は、2008年に日本で初めて海外用のデータ通信サービスの提供を行いました。まさにパイオニア的存在といえるでしょう。何度も利用するユーザーを大切にしており、利用回数を重ねるごとに会員ステージがどんどんアップ!特典がたくさんあるのもうれしいですね。

3.Wi-Ho!

『Wi-Ho!』のメリットは、利用できる国のバリエーションが豊富なところ。3000円以上の利用で送料が無料になります。キャンペーン期間だとかなりリーズナブルな価格でレンタルすることが可能。

海外旅行へ行った際に、最も困るのが言語の問題です。言葉が伝わらないとスムーズにコミュニケーションがとれません。そんな困難に面した人の一助となるのが『Wi-Ho!』のAI自動翻訳機。こちらを活用することで、現地の言葉が堪能に話せなくても、意思疎通をはかりやすくなります。

4.グローバルモバイル

『グローバルモバイル』は創業から14年を数える会社。「海外向けレンタル携帯、データ通信のグローバルモバイル」として名を馳せてきました。

  • イギリス
  • オーストラリア
  • ハワイ
  • アメリカ
  • 香港
  • 中国
  • ベトナム
  • タイ
  • シンガポール

など専用のルータを幅広く提供しています。ヨーロッパアジア周遊WiFiルータ、アジア周遊WiFiルータなどもあり、用途に応じて選べます。

時代の変化に対する迅速な対応も評判を呼んでいます。コロナ時代には必要不可欠となったテレワークプランも存在。国内向けにテレワークを考えている方は、検討する価値あり。見積の即日発効、最短で申し込みの翌日お届け、送料無料と三拍子そろったサービスをぜひ体感しましょう!

5.jetfi

2016年にスタートした『jetfi (ジェットファイ) 』はフレッシュで、まだまだ勢いがあります。一部地域では3Gということもありましたが、ほとんどの環境で高速の4G回線を使うことができるため、利用していてストレスがありません。大容量バッテリーを備えており、丸一日使い続けることだって可能。またルータそのものをモバイルのバッテリーとして使用できるという臨機応変さがあります。

突然ですが、トランジットという言葉を耳にしたことはありますか?海外旅行に行く機会が増えると、よく聞くワードであることはまちがいないでしょう。一般的には、海外旅行をしている最中に飛行機の乗り継ぎをさす言葉。

「『jetfi (ジェットファイ) 』はトランジットを含んだ周遊に最適」という声がよくあがっています。海外旅行の道中で、トランジットの機会が多い人は『jetfi (ジェットファイ) 』をレンタルルーターの候補に入れてみてはいかがでしょう?

6.WiFiレンタルどっとこむ

『WiFiレンタルどっとこむ』は、世界100ヵ国以上対応のルーターです。使用する国によって価格は変わるものの、アジアであれば1日500MB以内であれば670円、1GB以内であれば970円というリーズナブルさ。

ヨーロッパやオーストリア、ロシアといった地域では、1日500MB以内であれば970円、1GB以内であれば1,270円。中東やアフリカなどでは1日500MB以内であれば1,270円、1GB以内であれば1,570円という価格設定。

今後も『WiFiレンタルどっとこむ』が使える国はさらに増えていくことが予想されます。また「日本へ一時帰国時にWi-Fiをレンタルするとき使う人も多い」という特徴があります。

7.UQ WiMAX

ガチャピンやムックのCMでおなじみのUQコミュニケーションズ社が提供する『UQ WiMAX』。どんどんシェアを広げ続けており、勢いは衰えません。日本ではスムーズに使える『UQ WiMAX』も、海外での利用となればかなり制限が設けられます。実は『UQ WiMAX』のルーターを使用できる国が、ほとんどありません。かつて存在した『world WiMAX』に加入していれば、アメリカで使うことができました。しかしこちらは、2015年の11月にサービスが終了。

日本とほど近い韓国では、まだ『world WiMAX』の利用が可能。韓国に行く機会がある人からすると、うれしい情報ですね。ただし韓国で使用する際は、ひとつ注意点が……。帰国後、国内の通信事業者へ接続を変える作業を忘れないでください。通信事業者を韓国にいるときのままにしておけば、あとで目玉が飛び出るほどの高額を請求されかねません。日本に戻るとついほっとして、するべきことを忘れる人も多いでしょうが、くれぐれも通信事業者の変更を忘れないようにしてくださいね。

まとめ 海外に行くときはモバイルWiFi(ワイファイ)ルーターを持参するのがおすすめ

最後に重要なポイントをおさらいしましょう。

モバイルWiFi(ワイファイ)ルーターを購入するメリットは

  • 申し込みの手間を省ける
  • 短期間に複数回、海外に出向く人にとってはレンタルよりリーズナブル
  • プリペイドSIMによってデータ通信料の制限が存在しない

 

となります。

モバイルWiFi(ワイファイ)ルーターを購入するデメリットは

  • 初期費用が決して安くない
  • 盗難や紛失した場合は自己責任となる
  • 自力で設定できない人は使いこなせない

となります。

モバイルWiFi(ワイファイ)ルーターをレンタルするメリットは

  • 料金がリーズナブル
  • 盗難や紛失に対する補償がある
  • 設定はほとんどなくすぐに使える

となります。

モバイルWiFi(ワイファイ)ルーターをレンタルするデメリットは

  • データ通信料の制限があるため使いすぎないよう注意が必要
  • 利用していない時間も料金がかかってしまう
  • 受け取りと返却が手間

となります。

モバイルWiFi(ワイファイ)ルーターをレンタルする際重視するポイントは

  • 通信速度
  • 通信容量
  • サポート

上記3つ。

レンタル派におすすめしたいルーターは

  • グローバルWiFi
  • イモトのWiFi
  • Wi-Ho!
  • グローバルモバイル
  • jetfi
  • WiFiレンタルどっとこむ
  • UQ WiMAX

上記7つとなります。

最初は複雑に感じることも多いモバイルWiFi(ワイファイ)ルーター選び。一度現地を訪れ、使いこなせることができれば次からは迷うことがなくなるでしょう。

ルーターは、来訪する国やプランによってかなり支払額が変わります。いくつか候補を挙げて、比較することであなたにあったルーターが見えてくるでしょう。ぜひ相棒となる心強いルーターを選んで、充実した海外旅行、海外ライフを送ってくださいね!

関連記事

  1. 昼間のデートはなにをすべき?お昼から楽しめるデートスポットを紹介!

  2. メンヘラとは?意味を知って診断してみよう

  3. 関西旅行におすすめの観光スポット・宿泊先

  4. インスタグラムをブラウザで操作する方法

  5. 関東・東海地方のおすすめ日帰り旅行先特集

  6. 婚活の40代での成功方法は?出会うコツを知って勝ち組女性になろう

  7. 目的別!カップル旅行人気観光地ランキング

  8. 男性・女性ともに参考になる婚活ブログ8選