一度は行きたい!全国おすすめ温泉地13選

人気の温泉地は観光やグルメはもちろんのこと、人気のホテルや温泉旅館が立ち並び、満足度の高い旅が叶います。この記事では、北海道から九州までのおすすめ人気温泉地を13ヶ所ピックアップしてご紹介します。

1.おすすめ温泉地①北海道 定山渓温泉

今からさかのぼること150年前。修行僧である美泉定山がアイヌの人々の導きによって、泉源と出会ったのが定山渓温泉の始まりといわれています。度重なる自然の試練を乗り越えた定山は、やがて温泉に礎を築くにいたりました。『定山渓』と名付けられたのには、そのようないわれがあります。戦争直後には宿泊人口が激減したものの、札幌市が経済発展を遂げたこともあり、北海道を代表する温泉地という不動の地位を築いたのです。

現状維持を良しとしない定山渓温泉のスタッフは、人気にあぐらをかかず様々な試みを実施。2016年には日帰り、宿泊に対するキャンペーンなどの特別企画も行いました。このようにユーザーをいかに満足させられるかを主眼としたサービスを提供し続けています。

2.おすすめ温泉地②宮城県 鳴子温泉

宮崎県北部にある鳴子温泉郷は、江合川の上流にあります。

  • 鳴子温泉
  • 東鳴子温泉
  • 川渡温泉
  • 中山平温泉
  • 鬼首温泉

上記の5つある温泉はいずれも利用者が多く有名。

やはりこの中でエース的な位置づけになるのは鳴子温泉でしょう。古より『欧州三名湯』の一つに数えられてきました。温泉だけでなく食事や土産物屋も充実。温泉旅行に行くと、家族や親しい人にお土産を買いたくなるもの。鳴子温泉はあなたの様々なニーズを満たしてくれます。『早稲田桟敷湯』『滝の湯』という代表的な共同浴場を訪れ、日々の疲れを癒してみてはいかがでしょう?

東鳴子温泉は、湯治場としてはるか昔から親しまれてきました。伊達政宗で有名な仙台藩主伊達家専用の御殿場が現地の人たちに愛されてきまた歴史があります。300mほどのやや小規模な温泉街はノスタルジックな雰囲気がたっぷり。東京など都市で働き詰めの人が来訪すると、心の底からほっとできるでしょう。

のどかさをより求めるのなら、中山平温泉がおすすめ。山間部にあるためとても静か。硫黄泉は『うなぎ湯』と称され、美肌を追求する女性たちから支持されています。とろりとした肌触りの湯は癖になるはず。5つの温泉郷の中でも一番、湯量が多いという特徴もあります。

3.おすすめ温泉地③栃木県 鬼怒川温泉

栃木県にある鬼怒川温泉は、かつて大名や僧侶のみが入湯を許されていた敷居の高い温泉地でした。明治以降になってから一般客も入れるようになり、大衆向けの浴場となりました。

鬼怒川渓谷周辺には、多数のホテルや旅館が立ち並んでいます。湯治目的で訪れる観光客も少なくありません。疲労回復、神経痛、五十肩、健康増進に効果を発揮するアルカリ性単純温泉は、お肌に優しい泉質をしています。東武ワールドスクウェアや日光江戸村でたくさん遊んだ後に、鬼怒川温泉で汗を流すのはお決まりのコースでしょう。

冬至のシーズンには、ゆず湯も用意されています。訪れる季節によって、違う楽しみ方ができるのも鬼怒川温泉の奥深さでしょう。

4.おすすめ温泉地④群馬県 草津温泉

日本屈指の名湯のひとつである草津温泉。草津温泉の湯は何にでも効果があり「恋の病以外に効かぬ病はない」と言われるほどです。西の河原露天風呂は、圧倒的なスケール。360度自然に囲まれているため、都会で働き続けてクタクタになった人が英気を養うのにぴったり。男女の浴場を総合すると500㎡と、日本屈指の広さを誇ります。

大滝乃湯は、男女別の合わせ湯が魅力。男湯、女湯は造りが異なります。男女で訪れた人は、大滝乃湯から上がった後に、どんな造りになっていたかを語り合うのも楽しそう。マッサージや食事処も充実していると好評を博しています。

日本の名湯は、大勢の人たちを健康へと導いてきました。草津温泉にある御座之湯では今でも昔の湯治文化を色濃く残しています。冬住みしていた江戸一の建物を見事に再現。趣を出すために木造にこだわり杉板を用いた『とんとん葺き』の屋根と漆喰の壁が来訪者を癒します。

5.おすすめ温泉地⑤静岡県 熱海温泉

熱海温泉の期限は、さかのぼること1250年前。天平宝字(てんぴょうほうじ)755年~765年頃といわれています。箱根権現も万巻上人の伝説とともにスタート。山東庵京山が記載した『熱湯温泉由来』の記述から引用して説明しましょう。

海中に湧いた熱湯によって周辺の魚たちが焼け死に、地元の漁師たちが「これじゃあ生計が立てられない」と大変困りました。そこで地元漁師を助けるべく、上人が海中泉脈を山里へ移動させたことで、漁民は大助かり。陸上では「温泉ができた!」と喜ばれました。

熱海温泉の魅力は、豊富な自然。温泉、グルメ、海と楽しみどころは盛りだくさん。男性はもちろん、女性からも大好評。お肌に優しい弱アルカリ性のお湯が来訪者を優しく包み込み『美人の湯』と名高いのも納得。一日の総湧出量は何と24,000トン。保温効果抜群のため冷え性の人も多く訪れます。

女性が大勢訪れるのには他にも理由があります。慢性皮膚病、慢性婦人病にも効き目を発揮。痩身効果も見込めるため、「もっと美しくなりたい!」という女性の強い味方なのです。徳川幕府の初代将軍である徳川家康にも愛された熱海温泉は、これからも末永く人々に親しまれ続けるでしょう。

6.おすすめ温泉地⑥長野県 蓼科温泉

蓼科温泉のある蓼科高原は信州の北八ヶ岳の麓に位置します。はる昔から温泉が湧き出ており、戦国時代から湯治目的での利用者が後を絶ちませんでした。『武田の騎馬隊』で有名な武田信玄は自身に仕えた武将の傷を癒すために、蓼科温泉を訪れたという言い伝えがあります。

『信玄の隠し湯』という源泉は、400年もの期間、多くの人に親しまれてきた温泉。中でも擦り傷や切り傷に対して高い効果を発揮するといわれています。地元女性は『美肌の湯』と呼んで、何度も通っているのだとか。自然に恵まれている土地なので、温泉だけでなく森林浴の満喫が可能。森の中を歩きながらマイナスイオンをふんだんに浴びれば、日々の疲れも吹き飛ぶでしょう。

湯量がかなり豊富で安定感が抜群。慰安旅行、家族旅行、カップルでの旅行、友達との旅行など多種多様な目的で利用されています。

7.おすすめ温泉地⑦岐阜県 下呂温泉

下呂温泉街から4kmほど離れた位置に、湯ヵ峰という海抜1,067mの山がそびえています。湯ヵ峰は約10万年前に噴火した火山で、下呂温泉は当初湯ヵ峰の頂上近辺で西暦947年~957年の時期に発見されました。西暦901年~923年にかけて徳川八代将軍吉宗の飛騨代官を務めた長谷川忠崇によって完成したという他の説もあります。

諸説あるものの、信憑性が高い言い伝えに『白鷺伝説』があります。1265年以前にある日、湯ヵ峰のてっぺんでそれまでずっと湧き出ていた温泉が突如、出なくなりました。しかし現在の源泉地である飛騨川の河原で再度発見され、人々は快哉を叫びました。源泉箇所が山中から平地へと移動したことにより、一気に温泉が利用しやすくなり大衆から愛される場所になったのです。1489年には全国行脚で有名になった京都五山の僧、万里集九も下呂温泉を来訪し「素晴らしい!」と絶賛しています。

ちなみに下呂温泉の姉妹温泉は日本の草津温泉、有馬温泉。そして韓国の儒城(ユソン)温泉の3つです。

8.おすすめ温泉地⑧富山県 宇奈月温泉

宇奈月温泉は黒部峡谷の玄関口。収容人数は3,500名と富山の中で最大の規模を誇ります。黒部川上流にある黒薙温泉から湯を引いています。1923年の開湯以来、たくさんの人が宇奈月温泉を訪れました。

特筆すべきは透明度。黒部川の清流を彷彿とさせる無色透明の湯は、お肌に優しいと好評。弱アルカリ性の単純温泉のため、あまりお肌に自信がない人でも安心して浸かることができます。源泉温度は90度と高めで、体の内部から温まることができるでしょう。付近の旅館や宿泊施設から、峡谷の山々を眺められます。四季によってロケーションが異なるため、季節ごとに訪れるのも風景が変わり楽しいはずです。

9.おすすめ温泉地⑨和歌山県 南紀白浜温泉

国内にある三大温泉地といえば、

  • 有馬温泉
  • 道後温泉
  • 白浜温泉

でしょう。

『紀の温湯』『牟婁(むろ)の温湯』の名で飛鳥や奈良朝時代から、幅広く知れ渡ってきました。斉明、天智、持統、文武天皇など数多くの宮人が来訪したという歴史を持ちます。

『湯崎七湯』に数えられる牟婁の”湯の砿湯”、露天風呂の”崎の湯”は、白浜温泉の中で一際古い歴史があります。今回おすすめしたいのは”崎の湯”。波打ち際で入るお風呂は格別。雑務に追われる日常の疲れなんか一瞬で、どこかへ行っちゃいますよ!

10.おすすめ温泉地⑩兵庫県 有馬温泉

名湯と縁の深い武将はたくさんいますが、豊臣秀吉もそのひとり。本能寺の変で織田信長を打ち破った明智光秀でしたが、すぐに1582年の『山崎の戦い』で秀吉の手によって殺害されます。

三日天下に終わった光秀とは対照的に名を上げた秀吉は、1583年に有馬を訪れ名湯で戦いの疲れを癒したといわれています。よほど有馬の湯が気に入ったのか、その後も秀吉は何度も有馬を来訪し様々な援助を行いました。1597年にスタートした有馬の改修工事は、かなり大規模なものでした。秀吉が指揮を執った工事から350年間、有馬町は泉源の改修工事を一度も行わなかったことから、いかに緻密な計画のもとで進められたかがわかります。

有馬温泉といえば芸妓さんが有名。彼女たちは楽しい宴会に欠かせません。季節によって芸妓さんの踊りも変化。お座敷遊びを一緒に楽しんだり、カラオケでデュエットする2時間があっという間です。有馬の地を訪れるのなら、必ず芸妓さんが活躍するお座敷を楽しんでくださいね。

11.おすすめ温泉地⑪鳥取県 三朝温泉

のどかな田舎の魅力を知悉したい人におすすめなのが三朝川。清流の音を聞くだけで心が和み、美しい緑を目にするだけで癒されます。どこかレトロな趣がある街並みをゆっくり歩けば、忙しく追い立てられる日々の中では気づけない喜びを見つけられるかも?

温泉地以外にも『三朝神社』『三朝バイオリン美術館』など見どころが満載。恋愛を成就させたい人は『縁結びかじか蛙』に会いに行ってくださいね。陶磁器でできたカジカガエルを優しく撫でれば来いが実るという言い伝えがあります。

12.おすすめ温泉地⑫香川県 こんぴら温泉

こんぴら温泉郷は、江戸時代に栄えました。周囲にはいくつもの由緒正しき温泉旅館が立ち並びます。体力に自信がある人は1368段もの石段を上って参拝してみましょう。うどん屋さん発祥の地でもあることから、興味深いうどん店も少なくありません。高松市内から車で1時間ほどあれば、すぐに到着できるのも嬉しいですね。

13.おすすめ温泉地⑬大分県 別府温泉

別府は市営の温泉もたくさん存在します。その中でも長い歴史を誇り「別府温泉の象徴的存在」と称されるのが『竹瓦温泉』。名物の砂場だけでなく、地元民から深く愛される半地下内風呂も絶品。泉質が女湯と男湯、砂湯でいずれも変化するため、カップルや夫婦で訪れた人は、お湯から出たあと、どんな感じだったか伝え合うのも楽しいでしょう。

まとめ 人気温泉地は観光・グルメが満喫できておすすめ

最後に重要なポイントをおさらいしましょう。

国内にある人気が高い温泉地は

  • 北海道 定山渓温泉
  • 宮城県 鳴子温泉
  • 栃木県 鬼怒川温泉
  • 群馬県 草津温泉
  • 静岡県 熱海温泉
  • 長野県 蓼科温泉
  • 岐阜県 下呂温泉
  • 富山県 宇奈月温泉
  • 和歌山県 南紀白浜温泉
  • 兵庫県 有馬温泉
  • 鳥取県 三朝温泉
  • 香川県 こんぴら温泉
  • 大分県 別府温泉

となります。

火山大国の日本はそれだけたくさんの温泉が、全国津々浦々にあります。普段はそれほど広くないお風呂場を身を縮めている人も、たまには温泉旅行に赴き解放感いっぱいのお風呂で心身の疲れをとりましょう

関連記事

  1. ダイエット中のモチベーションの保ち方

  2. 温泉の夢が暗示する夢占いの意味を診断

  3. バイトより稼げる!おすすめのママ活とは?

  4. ダイエット献立の立て方とおすすめレシピ

  5. 目的別!人気の新婚旅行先を一挙紹介

  6. 歯が抜ける夢!あなたの夢が暗示する意味 

  7. キラキラネーム一覧をジャンル別に紹介!

  8. 禿げる夢は注意?心理や夢占いの意味を解説