【拡散希望】付き合ってはいけない地雷男の特徴4選

「付き合わなきゃよかった!!」

そんな後悔するような恋人と付き合った経験や、付き合ってみたら「なんか違う」と思うような恋愛をしてきた人は少なくないはずです。

もちろん知り合いたてや恋愛関係になる最初はお互い少しまいあがってたり、お互いをまだ深くは知らず、相手の悪い部分に気付かずに自分の好きな部分だけキラキラして見えてしまうのは仕方がないことです。

しかし、「付き合わなきゃよかった」と思ったのには明確な理由があり、そこには付き合いたてや知り合いたてに必ず「ヒント」が存在します。

好きになってしまうと、相手に対して「ん?」と疑問を持ったとしても「気のせい」のまま好きな気持ちを優先してそのまま関係を続けていく人が多くいます。

ですがそれは自分も相手もどんどんフラストレーションが溜まっていく一方ですし、ほとんどの場合「気のせいだろう」と思った恋愛における悪い予感は合格率で当たります。

では今回はどんな男に用心しなければならないか、付き合う前に、長く付き合っていく前に一度立ち止まれるように、付き合ってはいけない男を4つ紹介していきます。

「俺尽くされるタイプなんだよね~」男子

 まず、「尽くされるタイプ」と自分から言ってしまっている時点で「尽くされ待ち」です。

同時にこのタイプは付き合う上で女性側から自分に尽くすことを当然としており、直接的に「尽くせ」とは命令してこないものの、「え?これしてくれるの当たり前だよね?」という高圧的なオーラを無言で出してきます。

本人も過去に女性からすごく尽くされた経験があるのでしょう。

しかし本人の中でそれが当たり前のライン、つまり女が男に尽くす行為が「付き合う上での最低限条件」となっているのです。

もちろん男性に尽くすのが好きな女性もいるとは思います。

しかし、尽くすという行為は「尽くす側」である「あなた」が尽くすかどうか、どのくらい尽くすのかを決める、恋人に対するただの「厚意」であり、他人から決めつけられることではありません。

ここで重要なのが、パートナーから尽くすことを「半強制」されることにより、必然的に恋人関で上下関係が生まれてしまうのです。

あなたは恋人関係を続けていく中で「自分は彼氏よりも下の地位」という位置付けの中で付き合っていかなければならないし、それによって相手のわがままや横柄さもどんどんエスカレートしていくでしょう。

このタイプの男性はすごく調子に乗りやすいので、もし付き合うことを考えているならば要注意です。

ではもし付き合いたいなら?

「今までの彼女は尽くしてくれたかもしれないけれど、私は尽くさないよ」と最初に相手にちゃんと伝えましょう。

このタイプの男性は自分を好きになる全ての女性が自分に尽くしてくれ、頭の奥底では付き合う女性を下に見ています。

それが直らなければあなたは幸せな恋人関係を続けることは不可能です。

ですから「自分と今までの元カノは違う」ということ、尽くされることは当たり前ではないことをきちんと相手に話すことが大切です。

それを伝えてあげて改善できる、改善しようとする様子が見られれば上手く付き合っていける見込みは十分にあります。

「昔は遊んでた」発言連発男子

「今は真面目」ということを強調したがる男性は高確率で今も遊んでいるし、遊んでいる自分に酔っています。

確かに本人としては「昔」よりはマシなのでしょうが、まず「昔」とはいつのことなのでしょうか?

もしかしたらあなたと出会う1ヶ月前かもしれませんし、もしあなたが「遊んでたっていつの話?」と聞いても曖昧に答えられたりそらされたりするでしょう。

このタイプはもし付き合えたとしても、最初はもちろんあなただけを好きでいるかもしれませんが、やはり元々の考えが「遊ぶ=かっこいい」と思い込んでしまっているので、あなたと付き合っていても、厳密に言えばあなたと付き合っているからこそ「いけない行為」である浮気をしてしまう可能性が高いです。

女遊びをすることや、世間的にあまり良くないとされることを「かっこいい」と思っているうちはこのタイプと付き合うのは時間の無駄でしょう。

遊ぶことが「幼稚で恥ずかしいこと」だと自覚しない限り、付き合っても幸福は得られなさそうですし、「昔は遊んでた」と発言する男性は確実に浮気前科持ちなので、浮気されるリスク、つまりあなたが損をするリスクが高いためオススメしません。

理解できない趣味を持っている男子

例えばあなたがゲーム好きで彼氏もゲーム好きならば、同じゲームで同じ時間を一緒に過ごしたり、同じゲームの話題で考えを共有できたりします。

ですが、あなたが全くゲームに興味すらなく、相手にとってはゲームが「人生でなくてはならないもの」だとしたら要注意です。

例ではゲームをあげましたが、あなたにとって全く興味がない、楽しさを理解できない趣味を彼氏が持っているとしたら、上手く付き合っていける確率は下がります。

「個人の趣味なんだからいいじゃん」と思う人もいるかもしれません。

しかし、彼氏にとっての趣味が先ほど言ったように「人生においてなくてはならないもの」だとした場合、相手の生活について考えてみてください。

本人にとっては睡眠や食事と同じように日常的に絶対に趣味の時間を確保しなければなりません。

人間誰しもがする行為と同様に人生に対する趣味の比重が大きいのです。

ですがその比重が大きい出来事が行われている時間、あなたはいません。

またゲームを例にして考えてみると、食事の時間は共有できるし、睡眠も一緒に取れますよね?しかし、ゲームは一緒にはできない。

そこの時間は共有することができず、ゲームをしている間、あなたは彼の人生における比重の大きい出来事に全く関係していないのです。

ゲームに全く興味がなく理解もない人は「趣味のゲームなんてたかが1~2時間」と考え、その間に一緒にいられなくても全く問題ないと考えるかもしれませんが、「人生におけるなくてはならない趣味」というものは1~2時間では済みません。

ですがそこにあなたはいないのです。

その結果「自分は彼氏に大事にされているのか?」と疑問が生まれます。

いわゆる「私と○○どっちが大事なの?!」状態です。

しかし本人からすれば人生におけるなくてはならないものですから、例え彼女のためであっても削ることはできないわけです。

お互い譲れないまま、あなたは「彼氏に大事にされていない」、相手は「彼女が自分の1番大事なものを理解してくれない」と最悪な状況が生まれるわけです。

なので、最初から相手に自分が理解できない趣味があると分かっている場合は付き合う前に長く一緒にいる時間を作ってみて自分なりに相手との時間を体験してみることをオススメします。

やたら女友達が多い男子

あなたが全く嫉妬しないタイプの女性ならば特に問題は生じないのかもしれませんが、きっと多くの女性が「自分視点で素性も知らない女」が自分の彼氏と仲良くしていることが気にくわないと思います。

元々女友達が多い男性は、もしあなたと付き合ったとしても女友達への比重がある程度大きいため、あなたと付き合ったとしても女友達と交流をやめるということはないし、浮気はしていなくても確実に女友達との距離は近いわけです。

彼女の気持ちを100%は理解することができないのです。

「浮気してないんだしいいじゃん?」

「この子は別に俺のこと好きじゃないよ」

「女としてみてないから」

「妹みたいな感じ」

本人としては本心なのかもしれません。

しかし彼女側としては「そういう問題ではない」に尽きます。

浮気をしたらアウト、しなければセーフ。

そういうことではなくて、自分の見ず知らずの女が自分の知らないところで自分の彼氏と交流しているところ、そこを自分では見れない上に知り合いでもないからその関係触れられないところ。

そこに不満を抱えているし、彼氏から手を出さなくても他の女から彼氏に手を出す可能性は否めないわけです。

そんな不安も持ったまま付き合っていくのはストレスです。

ですが異性を「完全な友達」と見なし、その友達が多い男性からするとその気持ちを完璧に理解してあげることも、改善してあげることも難しくなってきます。

そこでお互いがお互いに対して「何で分かってくれないの?!」という気持ちの衝突が生まれてしまいます。

少しでも恋人の周りの異性に嫉妬してしまう人はこのタイプと付き合うのはオススメしません。

付き合うとヤバい地雷男子4選

どうでしたか?「好きかも」「付き合いたいかも」と思うとどうしても他にとられたくなくて必死になってしまったり、関係を急いでしまったりしますが、多少なりとも感情以外で付き合う上で大事なもの、譲れないものが存在します。

付き合う前に、長く付き合っていくと決める前に一度立ち止まって冷静に「この人と問題なくやっていけるのだろうか」、「付き合ってもストレスがたまらないか」

よく考えてから行動してみてください。

関連記事

  1. 【モテは総合格闘技】手っ取り早くモテたいならキャバ嬢でトップを捕れ!

  2. 外せない夜はココへ行け!エリートが通う名店グルメ〜銀座編〜

  3. 奢り奢られ論に終止符を!俺たちが「奢りたい女」は誰だ?

  4. 【女子閲覧注意!】マッチングアプリにいるモテない女の特徴

  5. 【出会いの春を制す】ズルいくらい垢抜けて可愛くなる10個の方法

  6. ​賃料・総工費共に日本最大級の相席ラウンジが梅田茶屋町にオープン!

  7. 友達とも仕事メンバーでも!渋谷より落ち着いた神泉での飲み会にぴったりな…

  8. 欲しい女性の落とし方基礎テクニックからタイプ別応用テクニック