ダイエット停滞期!起こる理由と乗り越え方

「ダイエットを始めて最初は順調に減っていたのに、最近はなかなか減らない」「明らかにダイエットの停滞期でやる気が起きない」とお悩みの人は、きっと数多くいるのでは?

ダイエットをしたことのある人であれば、こういった場面に差し掛かる人も多いです。せっかく順調にいっていたのに、効果が見えにくくなるとやる気もなくなって液てしまいます。しかし、こういった悩みを持っているのはあなただけではありません。誰もが通る道なので、一喜一憂する必要はないですよ!

今回はそういったダイエットの停滞期が起こる理由と乗り越え方について解説していきます。この記事さえ読めば今までのダイエットの停滞期に関する悩みが吹き飛ぶことでしょう。早速見ていきますね。

1.ダイエット停滞期が起こる原因とは?

そもそもダイエットにおいて停滞期がくるのはなぜでしょう。できるのであれば停滞期なんてこないで、スムーズに減量をしていきたいもの。しかし、実際にはそう上手くいきません。停滞期が誰にでも起こるのはなぜなのか、それは多くの人が考えることです。

やっていることは変わらない、以前はそれでしっかりと体重も落ちていたとなると不安も募るばかり。その原因が分からないと段々とやる気もなくなってきてしまいます。結果も見えにくくなってしまい、ダイエットに意義を感じなくなる。そうしていくうちにダイエットが億劫になってやめてしまうというわけですね。

ダイエット停滞期が起こる原因として考えられるのは、その負荷や食事で痩せられる限界にあります。例えば、今まで5食食べてしまっていた人が1食の量は同じで食事回数を3回に減らしたとしましょう。すると2食分のカロリーはなくなるわけで、運動量はそのままでも減った分が消費され体重が減っていきます。もしくは体重の増加が止まりますね。

しかし、3食分の摂取カロリーと消費カロリーのバランスが取れてしまえば、余分な脂肪が燃焼されるということはなくなってしまいます。結果として一定体重までくると、減りにくくなってしまうというわけですね。考えてみれば簡単なのですが、一緒のことをやっているのに減らないと不満は溜まります。

要は現段階のダイエット方法で痩せられる頭打ちにきてしまったということです。停滞期がくる原因は単純でしたね。

2.いつからいつまで?ダイエット停滞期の期間

ではダイエット停滞期がいつぐらいに起こるのかを見ていきましょう。停滞期には個人差がありますが、基本的には元の体重が軽い人の方が停滞期がくるのが早く感じられます。

それは数字の変数が元の体重重い人よりも少ないため。絶対的な数字はありませんが、一般的には短期間で体重の5%ほどが落ちると停滞期が訪れると言われています。体の中ではホメオスタシスが機能し始め、カロリーの消費を最小限に抑えるのがこの期間。つまり、一定の体重まできたら体が体重の減少を防ごうとするわけですね。キーポイントは短期間に体重が減少するという点。ゆっくりであれば大丈夫なので、停滞期がない場合もあります。

停滞期始まりは分かりましたが、終わりはいつになるのかも気になりますよね。停滞期の終わりには明確な指標はなく、おおよその期間で考えられます。基本的に長い期間続くわけではなく、2週間〜1ヶ月ほどの期間でだんだんと落ち着いていくというのが一般的。いつの間にか脱出しているということも珍しくありません。

一番良くないのは停滞期がきたから途中でダイエットをやめてしまうということ。こうなるとそれ以上痩せることはなくなるためめげずに取り組むことが大切です。頑張って乗り切りましょう。

3.ダイエット停滞期を知るには記録をつけておくとわかりやすい

ダイエットにおいて、記録をつけることは有効とされています。自分の取り組んだことを記載しておくことで、振り返りが容易になり停滞期などの原因も分かるのです。どうして停滞期が起こったのか、なにが原因で体重の減少が止まってしまったのかを分析することができるというわけですね。原因が分かることで、最適な解決方法を見るけ出すことができ、停滞期からいち早く抜けることも可能になります。

毎日記録をつけるというのは、なかなか手間ですが、それだけの価値はありますよ!めんどうだという場合には、食事を毎回記録することはしなくても体重の推移だけで大丈夫です。

停滞期の原因や思い当たる節を思い出せればそれで問題ないですね。気負い過ぎず記録していきましょう。

4.ダイエット停滞期の乗り越える方法

ダイエットの停滞期はやっぱり辛いもの。どうしても数字が変化しないので、モチベーションも下がってきます。これは人間なので仕方のないことです。

しかし、そこで挫けてやめてしまえば、そこからさらに体重が減っていくということはありません。上手く停滞期と付き合って、乗り越えていきましょう。

では、どうやって乗り越えたらいいのか。その点について解説していきますね。自分に合った方法を見つけて、耐えることが大切です。

1.お休みの日(チートデイ)をつくる

ダイエットの停滞期がきたと感じたら、思い切ってダイエットのお休み日を作ることが重要です。ダイエットを毎日意識して過ごすというのは、想像以上にストレスのかかるもの。ましてやそこに加えて停滞期となると、ストレスは倍増。ストレスは食べたい欲求を増やしたり、睡眠の妨げになったりします。そうなると負のスパイラル。結局続けられなくなるというケースも多いです。

そうならないためにも自分にご褒美をあげましょう。1日くらいであれば、運動や食事制限を解除しても問題はありません。もちろん、必ずその日限りでやめることが絶対条件。

後々リバウンドしたり、ダイエットをやめてしまうという最悪の場合を考えたら安いものです。重要なのは気持ちを開放してあげること。一旦ダイエットから離れてみましょう。

2.筋トレを行う

ダイエットの停滞期中には、筋トレを行うことも効果的です。筋トレをすることで、気持ちがポジティブになりモチベーション維持にも繋がります。いつも筋トレをしているという人は、負荷を大きくしてみたり、いつもとは違ったメニューをこなしてみましょう。気分を変えることで、今までになかった発見や得意なことを見つけられるかもしれません。

停滞期と悲観せずに挑戦し続けることが大切ですね。

3.食事内容を変えたり食事の量を戻してみる

ダイエットの最大の難関でもある、食事に関しても停滞期を乗り越える工夫ができます。食事内容を一新してみるのはもちろん、思い切って食事の量を戻すことも停滞期を抜け出すには効果的です。

抵抗はあるかもしれませんが、その分運動量を増やしたり、食材を変えることで差分を埋めることはできます。いつも同じ食事で飽きてきたという場合には試したい方法ですね。少しずつ量を減らしたり、内容を変えていき長期的に理想的な食事になるようにしましょう。

4.運動やトレーニング内容・時間を変えてみる

筋トレをしてみるというのを書きましたが、筋トレだけでなくても運動で問題ありません。運動の場合も筋トレと同様に、内容をいつものメニューから変えてみたりするのも新たな発見があります。

また、時間を変えるだけでも気分が変わり、リフレッシュすることが可能。夜に行っていたウォーキングを朝にしてみるだけでも、1日のパフォーマンスは違います。

頭がスッキリして仕事も捗るので、ダイエット以外にも効果があったりしますね。他にもコースを変えたりするだけでも、リフレッシュできますよ!停滞期にはぜひお試しください。

5.ダイエットのプロに相談してみる

ダイエットは独自で始める人が多いですが、得る情報といえばネットやテレビなど曖昧なものが多いです。人の体は全く同じ構造ではないため、画面の向こうの人がダイエットで上手くいったからといってあなたも全く同じ効果が得られるとは限りません。

得意不得意があったり、効果があるないを判断するにはその道のプロに相談するのが良いでしょう。経験値があるわけなので、あなたに合った方法を見つけてくれたり、より効果的な方法を教えてくれるというわけですね。

少々費用はかかってしまうかもしれませんが、それ以上に効果のある収穫が得られることでしょう。

6.ストレス解消のためにリラックスを心掛ける

ダイエットの停滞期にはとにかくストレスがかかります。それはダイエットをしているのに体重が減少しないことであったり、普段の食事を我慢していることからくるものです。

そんなときには、とにかくストレスを溜めないようにしましょう。とはいっても、ストレスの要因をなくすということは、ダイエットをやめてしまうことに等しいです。さすがにそれはできないので、リラックスすることを心がけましょう。

アロマを焚いてみたり、瞑想してみたりなんでも構いません。人によっては音楽を聞いたりマンガを読むということで、リラックスができるかもしれないですね。どうしている時間にリラックスできているのか、思い返してみてリラックスできるように時間を作るとストレスも解消されます。

5.ダイエット停滞期にやってはいけないこと

ダイエットの停滞期の乗り切り方を紹介しました。これは停滞期にやった方がいいことということになります。では逆にやってはいけないことはなんでしょうか。多くの人が悩むことではありますが、答えは簡単です。

それは「体重計に乗ることをやめる」ということ。停滞期にはついつい毎日体重が変化しているかチェックしてしまいがちですが、数字を見る度に変化がなければどんどん滅入ってしまいます。人の体重は計るタイミングによって、1キロ弱は変化するのが普通です。排便前や食事などの跡では変わってきますよね。

さらに1日で劇的に変化するということはありません。毎日計って一喜一憂するのではなく、停滞期は間隔を空けて体重計に乗るようにしましょう。余計なことを考えず、ダイエットに取り組むことが大切です。

6.ダイエット停滞期中の注意点

ダイエットの停滞期中の注意点はとにかく「ダイエットをやめる」という決断をしないこと。人間はできるだけ楽をしたい生き物です。続けるのは難しいですが、やめると決断してしまうのは簡単。

続ける決断をするかどうかがダイエットの停滞期においては一番重要です。くれぐれも簡単にやめるという選択をしないように注意しましょう。

どうしても挫けそうになったら、もう一度なぜダイエットをしようと思ったのか、ダイエットに成功した際には、どんな未来が待っているかを思い返してみましょう。初心はやはり大きな力になります。簡単なようで簡単ではない。これはダイエットに挫折したことのある人であれば身に染みているでしょう。やめないということはどんなときでも、頭の中に入れておくことが重要です。

まとめ ダイエット停滞期は訪れるものとして柔軟に対応しよう

ダイエットの停滞期は誰にでも起こりますが、しっかりと乗り越えることができます。

今回の記事の中から重要なポイントをピックアップしましょう。

  • ダイエットには停滞期があり、体重が落ちにくくなる
  • 一般的には短期間で体重の5%ほどが落ちると停滞期に入る
  • 停滞期を乗り切るには今までの習慣を変えることが有効
  • 停滞期でもやめるという決断は安易にしない

今まで順調にいっていたものが、足踏みしてしまうのはモチベーションが下がります。しかし、調子の良いときもあれば、悪いときもあるのがダイエット。少しづつ変化をさせていき、改善していくことで効率的なダイエットができるようになります。

停滞期だなと思った際には、ぜひこの記事を思い出して乗り切ってくださいね。

関連記事

  1. マッチングアプリ「SILK(シルク)」はママ活向き?

  2. 元カノの夢が暗示する心理と夢占いの意味

  3. 片思い中の女性必見!運命を切り開くタロット占いの魅力とは?

  4. ママ活で詐欺!被害に遭わない対策とは?

  5. 竜巻の夢が暗示する夢占いの意味を診断

  6. ママ活したい人必見!相場ややり方を解説

  7. カラスの夢が暗示する夢占いの意味とは?

  8. 男女別!ab型の性格・特徴を徹底分析