世界で認められた美しい顔の特徴と近づき方

人間中身が大切、とは言うもののそれは付き合いが長くなって初めてわかる事であり、基本的に人生において影響が大きいのは第一印象、つまり容姿。

美しい・可愛らしい・カッコイイ顔の人はそれだけで大抵の人から印象が良くなりますし、物事を優位に運びやすくなります。

今回は世界でも認められた美しい顔の日本人をご紹介します。

1.美しい顔といわれる人の黄金比とは?

人間というものは美しいと感じる形の法則、いわゆる「黄金比率・黄金比」というものに惹かれます。よく黄金比や完璧なものに対して勘違いしている人も居ますが、実は黄金比は「完全に整った」顔というわけではありません。

というのも、生物は基本的に完璧な左右対称で生まれることはありません、一見整った顔をしている人でも、意識してもわからないレベルの左右非対称であるため、本能的に「左右が完全に対象の存在」に違和感を覚えます。

この例でわかりやすいのが「不気味の谷現象」というもの。これはCGやマネキンなど、人間を再現した顔なのに違和感や不快感を感じるという現象ですが、これは「人間ではありえない完璧に整ったバランス」に対して本能的に人とは違う違和感を感じているからである、という説があります。

このように、意識してもわからないレベルの違いであっても美しさや違和感を感じるのが人間です。実際にその人の顔を見て魅力を感じるかどうか判断するのにかかる時間はなんとわずか0.4秒程度。当然そんな短時間で思考して何がどう魅力的であるかを意識して判断しているわけでは無いため、人がその人の顔を魅力的であるかどうかを判断するのは無意識によるものであると言えます。

一般的に美しい顔とされる黄金比は「髪の生え際から眉頭の下」「眉頭から鼻の下」「鼻の下から顎の先」がすべて同じ長さであり、「頭の頂点から眉頭の下」と「眉頭の下からあごの先」が同じ長さであり、顔の横幅が目の横幅の五倍であるという事とされています。

2.美しい顔の黄金比率を持つ世界ランキング上位の美女たち

一見すると人種によって顔つきなどは大きく変わりますが、大事なのは「パーツの配置バランス」であるため、それこそ頭の縦横の長さが異なっていてもそれに合ったパーツ配置であれば全く異なる人種、全く違う顔つきであっても美しい顔と感じる事になります。

後述する「世界で最も美しい顔ベスト100」に選ばれた美女の中だと、台湾の歌手兼ダンサーである「ツウィ」さんやイスラエルのモデルである「Yael Shelbia」さん、タイの歌手兼ダンサー兼モデルである「LISA」さんがトップ3を飾っています。

ちなみに日本人でこのランキングにランクインした方々は後ほど解説していきますが、その中でも最も上位に位置するのが22位の山本舞香さんです。

3.美しい顔を知るには「世界で最も美しい顔ベスト100」がおすすめ

前述した世界の美しい顔をもった美女達で触れた「世界で最も美しい顔ベスト100」ですが、これはアメリカ在住の自称映画評論家である「TC Candler」という方が主観で選んだ世界中の美女たちのランキングであり、1990年より開始されており、YouTubeにて発表されています。

この通り、別に世界の美容に関する企業や機関が行ったアンケートによる調査などではなく、個人が閲覧者から寄せられた提案を元に独断と偏見で独自に選んでいるため公平性は全くもってありません。これに関しては「人気コンテストではない(あくまで主観によるランキング)」「世論を反映したものではなく、世論を変えようとするもの」「ランキングは主観的なもの」と断り書きをしているため、あくまでもどういった美しい顔の人がいるか、というのを知るために利用すると良いでしょう。

ちなみにアメリカ在住の方ではありますが、母国のアメリカを含めた多くの国で知名度は全く無く、何故か日本・韓国・中国といった一部アジア諸国でのみ注目され、メディアでも取り上げられるという少し変わったランキングでもあります。

4.世界で最も美しい顔100人 2019で選ばれた日本人のプロフィールと顔の特徴

実際に2019年度の世界で最も美しい顔100人で取り上げられた日本人についてご紹介していきましょう。もう一度断っておきますがこれはあくまでも一個人が独断と偏見、そして主観によって選んだランキングであるため、言ってしまえばその人の好みによって作られたランキングであると言えます。

当然ながらすべての国のすべての女性の情報を集めているというわけではないため、「◯◯さんが居ない!」「◯◯さんよりこっちの人の方が美人じゃない?」」と感じる人がいるかもしれません。

そういうものであると納得するか、実際にTC Candlerさんの元へ提案してみると良いでしょう。

1.山本舞香

最初にご紹介するのは上記でも名前が出た山本舞香さんです。1997年の10月13日生まれで、女優・ファッションモデル・タレントとして活躍しています。

身長は155cmと日本人女性としては平均程度、現在は女優としても活躍していますがデビュー当初はモデル志望で演技自体には苦手意識を持っており、実際にドラマに出演することで次第に演技に魅了され、女優として活動するようになったと語っています。

毒舌で有名なマツコ・デラックス氏にも容姿は美少女であると褒められています。なお、内面についてはそのへんのヤンキーと精神構造は変わらない、と評価していますが、だからこそ自分を取り繕う事は無いとも語っています。

キュートで愛らしい表情から、クールで大人っぽい表情まで似合う美人であり、目鼻口すべてのバランスが整っている事がわかります。

2.小松菜奈

続いてご紹介するのは小松菜奈さんです。世界で最も美しい顔100人では41位にランクインしています。

1996年の2月16日生まれで、女優・ファッションモデルとして活躍しています。身長168cmと日本人の平均身長よりもやや高いといえるでしょう。

顔立ちに関しては日本人でありながらも「ハーフっぽい」と評される事が多く、母親が沖縄県出身である事から、そちらの血が影響しているとも考えられます。ハーフっぽいと言われる理由は主に目にあり、目の位置や目の色が黒では無く茶色に見えることから、ちなみにこの茶色に見える目はカラコンであるとの事で、自身がイメージモデルを務めるブランドを使用しています。

また、美しい顔にランクインしているものの、「顔立ちが特徴的」である事からメイクにとても印象が左右されやすく、メイク次第では多くの方に美人と評価される事もあれば、多くの方にブサイクであると評価される事もあります。

3.TWICE サナ

続いてご紹介するのはTWICEのサナさん。世界で最も美しい顔100人では48位にランクインしています。

TWICEは韓国のアイドルグループではありますが、韓国人5人、日本人3人、台湾人1人で構成される多国籍アイドルグループであり、サナさんはその中の日本人メンバーです。ちなみに前述した世界の美しい顔100人で1位を獲得したツウィさんもTWICEのメンバーです。

本名は湊崎紗夏で、1996年の12月29日生まれ。身長は163cmで、TWICEではサブボーカルを務めています。

顔の特徴としては丸い目が特徴的です。切れ長な目とは違う、丸くくりくりとした目は愛らしい印象を受けます。そのため、キレイな美人というよりは可愛い系の美人であると言えるでしょう。

4.石原さとみ

続いてご紹介するのは石原さとみさんです。世界で最も美しい顔100人では62位にランクインしています。1986年の12月24日生まれで、女優として活躍しています。

身長は157cmで、名前は芸名、由来は原石を反対にした石原と、「聡明で美しくありたい」から聡美をひらがなにしたさとみとの事。女優業でも多数の賞を受賞しており、数々の新人賞と主演女優賞を獲得しています。

その顔の美しさに由来した賞であれば2015年の「キスしたい芸能人」の女性部門で1位を獲得しており、美しい顔の特徴として挙げられるのがそのキスをしたくなるぷっくりと膨らんだ唇。タレ目気味な目元とセクシーな唇とのバランスがキスしたい美人の秘訣であると言えるでしょう。

5.AKB48・STU48 岡田奈々

続いてご紹介するのはAKB48及びSTU48のメンバーである岡田奈々さん。同じ名前で元アイドルである岡田奈々さんも居るため、調べる際には注意しましょう。世界で最も美しい顔100人では65位にランクインしています。

1997年の11月7日生まれで、身長は155cm。顔の特徴としては小顔である点が挙げられます。小さな顔に大きな目が特徴で、鼻がやや低いといった顔のバランスとなっています。

6.Niki

続いてご紹介するのはNikiさんです。世界で最も美しい顔100人では76位にランクインしています。

本名は丹羽仁希さんで、ファッションモデル・司会者・タレントとして活動しています。身長は165cmで、テレビ番組である「テラスハウス」の「テラスハウス アロハ ステート」で出演した際に「テラハ史上No.1美女」として取り上げられた事もあります。

日本人とアメリカ人のハーフで、父親がアメリカ人、母親人が日本人となっています。顔の特徴としてはタレ目気味な目と横に広い口が特徴的であると言えるでしょう。

世界で最も美しい顔100人の2017年版にもランクインしており、その際には同じ「テラスハウス アロハ ステート」でNikiさんと入れ替わる形で卒業したローレンさんもランクインしていた事が話題になりました。

7.TWICE ミナ

最後にご紹介するのはTWICEのミナさんです。世界で最も美しい顔100人では91位にランクインしています。前述したサナさんこと湊崎紗夏と同じく韓国のアイドルグループTWICEに所属する日本人メンバーであり、本名は名井南でTWICEではメインダンサー兼サブボーカルを務めています。

1997年の3月24日生まれで、身長は163cmです。サナさんと比較すると大人っぽい顔立ちが特徴で、クールな表情も人気がありますが、本人の性格としては控えめな所があったり恥ずかしがり屋であったり、時には1人でハイテンションになったりおっさんぽい振る舞いをしたりと容姿の大人っぽさとは違った内面を持つ人物であると言えます。

5.美しい顔の黄金比率に近づくためのメイク術

可愛いは作れる、というお決まりの文句があるように基本的に顔の美しさというものはメイクでつくる事ができます。それこそメイクでもごまかせないのは顎や顔自体の骨格、及び脂肪程度であり、それこそ黄金比に限りなく近づける事自体はほとんどの人に可能です。

前述の通り、美しいとされる黄金比は目や眉などの位置がバランス良く揃っている事であるため、黄金比に近づけるメイクというのは目を大きく見せたり、あるいは眉を整えたりと「形を変える」タイプのメイクがおすすめです。

ここで大切なのは事前に自分の顔のパーツ配置をしっかりと調べて置くこと。他人のメイクをそのまま真似ても、その人と自分の顔が全く同じでも無い限りはどうしても違う結果になってしまいます。だからこそ、まずは自分の顔のパーツ配置がどういうものかを把握した上で、バランスを考えてメイクの濃さや位置を調節すると黄金比に近づけやすくなるでしょう。

まとめ 世界の美しい顔を参考にメイクで近づこう

以上、世界で最も美しい顔100人を元に、美しい顔をもった日本人をご紹介しました。

  • 美しい顔の黄金比は各パーツの配置が縦で1・1・1及び1・1と均等になるバランス
  • 美しい顔で重要なのはパーツ配置のバランスで、パーツのバランスはあまり関係ない
  • メイクで黄金比に近づけたりする事は可能

人が美しいと感じる顔や黄金比というものが存在していても、最終的にその人の「好み」であるかはまた別の話。

また、「自分に合うメイク」というのも人によって異なるため、無理に黄金比に近づけるよりも、黄金比を意識しつつ自分の顔にあったメイクをする方が最終的に美しく見える可能性があります。

無理に意識しすぎず参考にする程度にとどめておくといいでしょう。

関連記事

  1. 【厳選】短時間のデートにオススメのプラン6選と楽しむポイント

  2. 鍋ダイエットの効果!やり方・レシピ本特集

  3. ダイエットに効果的なスープのコツとレシピ

  4. 【夢占い】で船の夢が伝えることは?良いこと?悪いこと?

  5. 不思議!足の指の長さや特徴でわかる性格占い

  6. 9月の誕生石・星座の宝石の意味とは?

  7. ダイエット中におすすめの人気漫画11選

  8. SNSで出会いアリ?相手を見つける方法