もしかして既婚?ほかに女がいる?男を信じられない残念な皆さんへBy E子

 

 

 

 

 

父親の古くからの友人で、家柄・人柄ともに優れたイケオジがいる。

 

 

彼は一流企業社長の御曹司であり、とくに働かずとも生きていけるような環境にありながら、

昔ながらの方法(父親のコネ)で某広告代理店に就職。

 

真面目に働き、そこそこの地位となっていたが、突然退職。

趣味で会社を作り、経営者となった。

 

 

人望のある彼は、多くの知人を自分の会社に誘い、

雇う時には、相手の希望する通りの給料を約束してあげた。

「ここで働きたい」と言う人すべてに門扉を開き、決して「能力がない」などの理由で断ることはしなかった。

 

そして良い家に生まれ、最高級品しか知らない彼は、設備投資にはふんだんに金を使い、

一流の設備を整えた。

 

 

そして、資金繰りはすぐに怪しくなった。

 

 

 

 

私の父親はそれを知り、彼にお金を貸してやったそうだ。

「返さなくていい」という言葉とともに。

 

 

数年後、お金はきちんと返ってきた。

 

 

 

 

 

 

この話を聞いて、皆さんはどう思うだろうか。

 

私は身内なので、ただの美談では済まされないし、いろんな意味で衝撃だったのだが、

ただ、人にお金を貸すときは「返ってこない」つもりで貸すべきだとは思う。

 

 

 

「返してね」と言って渡しても、返さないやつは返さない。

「返さなくていい」と言っても、返すやつは返す。

 

 

 

結局、その人の真心、誠実さは、結果が出るまでは分からない。

 

事前に「この人は返してくれるだろうか?返してくれるなら貸してもいいか」などと思い悩んでも、結果がどうなるかは絶対に分からないのだ。

 

 

 

これはお金だけに限らず、

「親切」「愛情」についてもそうだ。

 

お返しがあるなら、愛してあげよう…

などと、そんな発想で人を愛してはならない。

 

はじめから、何もお返しはないつもりで愛を注ぐしかない。

 

 

 

1.不安になる理由

 

 

女性から寄せられる恋愛相談はいつも不安にまみれている。

 

 

彼は本当に私のことを好きなのか。

もしかして既婚者じゃないのか。

他に女がいるような気がする。

 

 

 

そういったことが不安になるのはなぜなのか、自分の心に問うてみよ。

 

 

それはつまり、

 

彼が私のことを好きじゃないのなら、好きでいる意味がない。

もし既婚者だったら、付き合い続けても時間の無駄。

彼が私を裏切るなら、別れたい。

 

 

という、「見返りがないならやめたい」的な感情のあらわれである。

 

 

 

不安な婚活女子に問う。

 

本当に君たちは、彼のことが好きなのか?

「結婚」とか「愛してくれる」とか、そういった見返りを期待しているのではないか?

 

 

そんなに見返りが必要なのならば、さっさとやめてしまえばいい。

 

 

 

2.結婚に至らなかったら、付き合った時間は無駄になるのか?

 

 

確かに、付き合っている彼氏が既婚者だった場合。

もしも何も知らずに、ただ騙されていただけだったとしても、

こちらも不都合を被ってしまうのでオススメはできない。

 

できれば付き合う前に、既婚者でないかどうかの確認はしておいたほうがいいだろう。

 

 

とはいえ、

男性と付き合う時に、

 

この人は私のことを大切にしてくれるだろうか

私以外の女と会ったりしないだろうか

私と結婚を考えてくれるだろうか、結婚願望はあるだろうか

 

 

なんてことを考える必要は、一切ないのである。

 

 

仮に結婚に至らなかったとしても、

 

「彼と付き合ったことは、私の人生にプラスになった」

 

と思える相手とだけ、付き合ってほしい。

 

 

 

「結局プロポーズされなかった!もうアラサーなのに貴重な時間をドブに捨てた!」

 

なんて思うのなら、

 

それは付き合った時点でもう貴重な時間をドブに捨てていると言えよう。

そんな想いなら、結婚に至らなくても当然である。

 

 

 

3.騙された、裏切られたとき

 

 

 

とはいえ、真剣に付き合ったにもかかわらず、

 

相手が既婚者だった

ひどい裏切りをされた

結婚するすると言われていたのに、実は彼はする気がなかった

 

ということが後から分かると、ショックを受けるものである。

 

 

女性はこういったことが起きたときに、すぐ自責をしてしまう。

 

お嬢ちゃんたちの悪いところだよ。

 

 

私が軽い女だから遊びの女にされたのかな…

私にダメなところがあるから浮気された

私がもっといい女だったら、彼も結婚を検討したのかな

 

 

などと、自分の中に問題を考える。

 

 

 

しかし、これは「貸したお金がなぜ返ってこなかったか」と同じくらい、考える意味のないことだ。

 

大事にされなかったのは、あなたがダメだからではない。

 

相手が、あなたほどの魅力的な女性を大事にもできないくらいクソだった

 

それだけのことなのだ。

 

 

事実は分からないが、そう思っておけばいい。

後になって理由を考えてもどうせ分からないし、それこそ時間の無駄だ。

 

 

4.疑う習慣を捨ててみる

 

 

 

女性は本当に疑い深い人が多い。

 

四六時中、彼氏の動向を気にし、少しでも怪しいことがあると疑う。

 

 

一度、その習慣を捨ててみてはどうだろうか?

 

疑うのが楽しくてしょうがない

というのなら話は別だが、普通、楽しくないはずだ。

 

 

 

例えば浮気にしても、

 

ことあるごとに疑って、毎日怪しいポイントを探し、それでようやく確固たる証拠に行きついた場合、

多少スッキリするかもしれない。

 

しかし、どうせ事実が明るみに出たときに嫌な思いをするのは同じだ。

 

あえてそれを前のめりに先取りして、「疑わしい」の段階からちょっとずつ嫌な思いをするのは、お互いにとって不幸ではないだろうか。

 

 

 

浮気された、裏切られたということが確固たる証拠とともに明るみに出た時、

はじめて落ち込めばいい。

 

取り越し苦労で、嫌な思いをすることはあなたのためにはならない。

 

 

 

「男性を信じましょう」

 

と言われれば、男性のために信じてあげる…という印象を持つ女性もいるだろうが、

実は信じることは、あなたのためにもなる。

 

 

あなたの毎日のゴキゲンのために、できるだけ彼氏を信じるべきだ。

 

 

 

5.それでもどうしても信じられないとき

 

 

 

頭ではそんなことは分かっている。

 

できることなら、信じたい。

 

 

でも、もうそれができないくらい、疲れてしまった…

 

 

そんなアラサー女性をたくさん見てきた。

 

 

 

裏切られても構わないから一緒にいたいなんて思えるほど、時間に余裕もない。

 

証拠もないのに彼氏を疑うのが、無駄なことだと分かっていても、信じられない。

 

 

彼女たちは口をそろえて、このように言う。

 

 

 

お答えしよう。

 

 

信じられなくなったら、その恋は終わりだ。

 

 

そもそも疲れているのなら、やめたほうがいい。

 

 

一度しっかり休憩をとって、仕切り直しが必要だろう。

 

 

 

 

 

6.信じられる相手は必ず現れる

 

 

誰のことも信じられず、完全に男性不信になってしまったとき。

 

もう今後一生、誰のことも本気では信じられない…

 

そう思うかもしれない。

 

 

しかし、安心してほしい。

 

断言しよう。必ずまた、信じられるようになる日がくる。

 

 

 

「疑い深い女」は可愛くない。

 

男性に本気で付き合ってほしいと言われても、

鼻で笑いながら「どうせヤリたいだけでしょ」と言ったり、

言わなくても、そういう態度をとったり、

 

 

お前どんだけスレてんだ

 

 

と、男性も思うだろう。

 

 

 

このような「男に期待しない態度」は、

男性に蔑ろにされてきた、体目的の男に搾取されてきた過去の象徴であり、

あまり良いイメージではない。

 

ともすれば、「しょうもない女なんだな」と思われてしまう。

 

 

 

しかしながら、

 

本気であなたのことを大切にしたい、と思っている男性が現れた時、

 

必ず、男性はそんなあなたを受け入れてくれる。

 

 

荒み切った砂漠のような心に、潤いを与えるように、

 

あなたが「信じられるように」工夫をしてくれるのだ。

 

 

※例えば、実家の両親に紹介するとか、家の合鍵をくれるとか、あなたに信用されたいと本気で思っている男性ならば、頼まなくても自らそういった行動を見せてくれる。

 

 

 

ただ、疲れていたり、焦っていると、

こういった素晴らしい男性をも取りこぼしてしまいかねない。

 

まずはしっかりと休息と、

できるだけニュートラルな感情で新しい出会いを受け止める態勢を整えてほしい。

 

 

それは、出会う男性へのマナーであると思う。

 

 

 

 

7.お金はあげるつもりで貸せ

 

 

 

冒頭にお金の話をした。

 

友人にお金を貸すのが良いか悪いかという点はさておき、

(私はかなり危険だし、よくないと思う。友情さえ壊れる可能性もあるしね)

 

思い出してほしい。

 

 

 

友人にお金を貸すときは、返ってこなくていいというくらいの心構えで貸すべきだ。

 

もちろん、借りた人間が、返さなくてもいいという意味ではない。

それは泥棒だ。

 

ただ、お金を貸す側は「貸さない」という選択肢もあったはずなのだ。

 

 

 

それを思い出してほしい。

 

返してもらえなかったとき、そもそもなぜ、「貸さない」という選択をしなかったのか?

 

 

 

 

 

大好きな友人だから、なんとか立ち直ってほしいという一心で

お金を貸した。

 

それなら、返ってこなくても、お金が友人のためになったのなら良いではないか。

 

 

 

そう。

 

お金が返ってこなくて、腹が立つ。

 

ということは、

 

 

 

あなたは、過去の自分の判断に腹を立てているのだろう。

 

 

「返してくれそうな人だから、貸す」

「貸すことでイイヤツだと思われたいから、貸す」

「本当は嫌だったけど、相手が強引だから断りきれなくて、貸す」

 

 

あなた自身の下心、見栄、弱さ…

 

これらが原因で、納得のいかない結果になってしまったのである。

 

 

 

 

 

お金を借りたのに、返さない人はそもそも人間的に非常に問題がある。

 

結婚する気はないのに、結婚を匂わせて付き合う男性もそうだ。

 

 

そんなモラルの欠ける人間など存在するはずない!

まさかそんなひどい人間がいるはずない!

 

 

そう思ってしまう、のは当然だし、悪いことではない。

 

 

 

 

しかし、アラサーで疲れ切った独女の皆さんである。

 

もうそんな純粋でもないだろ、お前ら

 

 

十分、悪い男を見聞きしてきたはずだ。

その経験を生かしてほしい。

 

 

世の中には悪い男が多いから、疑ってかかる。

それもいいが、

 

騙されたら騙されたで仕方がないという思いで、それでも一度信じてみる

 

 

 

という方法も、

酸いも甘いも知りつくした独女だからこそできる選択の一つなのだ。

 

 

 

 

そして、それすらも本当に嫌なのならば、

 

「男なしの人生」を選択するという手段だってある。

 

 

 

 

自ら「彼氏が欲しい」と言って活動しておきながら、

騙されたら「ひどい」と文句を言う。

 

そんなことの繰り返しはそろそろ終わりにして、

大人なりの人生選択をしてみてはどうだろうか。

 

 

 

 

 

※今回コラムは、下記コラムに寄せられた一部の「信じられんです」という声にお応えする目的で書いたものである。まだ読んでいないという方は、こちらもお目通し願いたい。

 

https://www.motesetu.com/67083/

 

 

 

関連記事

  1. テラハ伊東大輝が登場!鎌倉で爽やかすぎる海辺デートを満喫

  2. 【港を捨てよ沖へ出よう】いつまで他者評価を求めて三千里を続けるの?

  3. 「なんでもいいよ」は禁句!受け見な女が絶対に愛されない理由

  4. 【200人とヤって分かった】セックスが下手な女の共通点

  5. 相席ラウンジって一人で行っても大丈夫?モテる方法から注意点まで解説!

  6. 【醜形恐怖】総額500万の整形で失ったもの〜「失敗作」と言われて〜

  7. 【応募終了】横浜で開催される、ハイスぺ以外立入禁止のマッチングパーティ…

  8. ダメンズの特徴10選!ダメンズウォーカーを抜け出す秘策とは?