告白は自分からしろ!怖いほどモテる女が実践する『振り回し力』のススメ

好きなタイプを聞いた時に「素直でまっすぐな人」「笑顔がすてきな素直な人」と答える男性は多いのではないでしょうか。

どの年代のどんなタイプの男性に聞いても、同じような答えが返ってくるでしょう。

ここで言われる「素直さ」とは、「相手の考え、思惑、気持ちが自分でも分かる」ということなのです。

反対に、「計算高くて男をもてあそぶような人」と答える男性はほとんどいません。

いたとしても、その女性が”計算している”ということがその男性に伝わっている時点で、彼女の”思惑”が彼に知られているということですから、ある意味でその女性は「素直」であると言えるのです。

本当に計算高い女性は、自分の手の内を相手に見せたりはしないので、「計算高い」ことが男性に伝わることはありません。

結局は、「女性の考え、思惑、気持ち」が手に取るように分かる気にさせてくれる女性は、男性からの支持が高いのです。

では、男性たちが求めている「素直な女性」とは、どういう女性のことでしょうか。

男性が求める「素直さ」とは、生まれた時から嘘を付かず、喜怒哀楽を100%で表現し、思ったことを全て口にする女性のことではありません。

本当のことを言うと、頭の先からつま先まで嘘のない女性は、男性を惹きつけることはできません。

モテる女性は、かなり計算高く、ミステリアスです。

それでも男性たちが「素直な女性が好きだ」と言い続けるのには理由があります。

実は、計算高くミステリアスな女性たちの多くが、男性の前では「素直な女性」でいるのです。

つまり、モテる女性は「素直さ」を計算でやってのけているのです。

彼女たちが、男性の前で見せている素直さには2つの種類があります。

普段は計算高くミステリアスな女性でも、この2種類の”素直さ”を持っている女性は、男性を惹きつけて離さないのです。

その2つとは、「男性に甘えるわがままさ」と、「大切な時に想いをストレートに伝える力」です。

モテる女性はこの2種類の素直さを持っているので、ミステリアスで魅力的な女性でありつつも、男性の前では素直な女性と印象付けることに成功しているのです。

1.男性に甘えるわがままが言える力

モテる女性は、例外なく「甘え上手」です。

甘え上手とは、男性が不快に思わないお願いや、応えてあげたくなる甘え方が出来るということです。

女性に甘えられる男性は、「頼られている」という充実感を得たり、「相手のために自分が動いてあげている」という、ある種の女性に尽くす喜びを感じているのです。

そして一番は、女性が自分に甘えることによって、女性の考えや思惑を感じることが出来ることで、その女性を「素直」だと感じているのです。

 

例えば、出会って間もない男性とのデートで「何が食べたい?」と聞かれたとします。

すぐに「中華が食べたい!」と答える女性と、「う~ん・・なんでもいいよ!」と答える女性では、前者の女性の方が男性に好感を抱かれるでしょう。

相手が食べたいものを伝えてくれたということに、その女性の素直さを感じるのです。

逆に「なんでもいいよ」と答えられると、相手が何が食べたいか全く分かりません。

 

甘え上手な女性は、相手が心地いいと思えるコミュニケーションが出来ます。

言い換えれば、相手を気遣っているからこそ、特に食べたいものがなくとも「コレが食べたい!」と答えているのです。

 

「甘え上手」ということは、無理なお願いをすることでも、わがままをいうことでもありません。

自分の意見をしっかりと相手に伝えることなのです

 

甘えることに慣れていない女性は、「こうしてほしい」という自分の気持ちを伝えることがが苦手です。

甘え上手な女性になるには、良い意味で”相手に気を遣いすぎないこと”が大切です。

「相手が違う考えを持っていたらどうしよう…」という不安から、自分の気持ちを言わないでいることが、逆に、相手にとって「何をしたいのか分からない」というコミュニケーションの取りづらさになっているのです。

自分の気持ちを伝えたほうが、物事は上手くいく場合が多いです。

最初は慣れないかもしれませんが、些細なことでも「これがしたい」「ここに行きたい」と伝えることが大切です。

男性にとっては「相手の考え、思惑、気持ちを」知ることが出来るので、「素直な女性」という印象を持つことになるのです。

2.大切な時に想いをストレートに伝える力

男性が女性に対して「素直さ」を求める背景には、”察してコミュニケーション”を取りたくないという思いがあります。

女性だけではなく、人は自分の気持ちを態度や言動に表すことで、相手に察してほしいと願うものです。

 

自分の言動を変えることはせず、労力を使わずとも、相手が自分の思い通りに動いてくれるので、「察してくれる」のは、すごく楽なことなのです。

しかし「察する」方は、相手の言語化されない気持ちを理解しなければならないので、それだけでストレスになるのです。

今あなたがどんな気持ちで、私に何をしてほしいかがはっきり言語化されていれば、双方に齟齬無くコミュニケーションが取れるにも関わらず、人は「察してほしい」「気持ちに気づいてほしい」と願うのです。

男女間でも、男性に対して「言わなくても気持ちを分かってほしい」と思う場面は多いのではないでしょうか。

一方で計算高くモテる女性は、「察してコミュニケーション」が双方にとってメリットが少ないことを理解しています。

 

自分の気持ちは、言葉で伝えたほうが相手も理解してくれるし、それに対して男性が間違ったアクションを取る確率も低くなることを知っているからです。

 

「もっと一緒にいたいのに、彼が2軒目に誘ってくれない」「3回目のデートがしたいのに、彼がなかなか誘ってくれない」とモヤモヤしても、相手気持ちが伝わることはありません。

「察してほしい」と思っていても、その想いが伝わらず、勝手に悲しくなったり、勝手に相手に怒ったりするのです。

 

そして、その気持ちに答えられない多くの男性が、”察してコミュニケーション”に疲れてしまいます。

「大切な時に想いをストレート伝える力」とは、察して貰おうとせずに、自分の気持ちを言葉で相手に伝えることです。

モテる女性は、「もう少し一緒にいたい」「次はあそこのレストランにいきたいから、また二人で会いたい」など、自分の気持ちを相手にまっすぐ伝えることができます。

「好き」や「会いたい」を男性が先に女性に伝えなければいけない、なんてルールは存在しません。

自分の気持ちは素直に相手に開示したほうが、相手からの好感が高いことは明らかです。

 

想いをまっすぐ伝えてくれた女性に対して、男性は、相手の心の内を知ることの嬉しさ、相手がそれを伝えてくれたことの喜ばしさを感じることになります。

 

「自分はこうしたいんだ。こう思っているんだ」ということを伝える行為は、勝手に相手に期待して、察してもらうのを待つよりも、はるかに良い結果になることが多いのです。

 

男性が言う「素直な女性が好き」の”素直な女性”とは、「計算高くなく、喜怒哀楽を包み隠さず表現する女性」ではありません。

 

「自分が今何を思っているのか、何をしたいのか」をきちんと言葉で伝えられる女性のことです。

 

相手の考え、思惑、気持ちを知ると、お互いの距離が近づいてきます。

また、自分の気持ちを打ち明けると、相手は自分に歩み寄ってきやすくなります。

 

計算高く、ミステリアスな雰囲気を持つ女性がモテるのは、一方で男性の前では自分の気持ちを伝える素直さを持ち合わせているからだと言えます。

「なんか掴めないな…」と思っていた女性が、自分の前では気持ちを素直に表現してくれることの特別さといったら、男性にとってたまらないものがあるのでしょう。

関連記事

  1. 【はっきりしない男の8つの本音】はっきりさせてモヤモヤ解消しよう

  2. 【ハイスペ IT社長の日常】祐天寺デートで使えるグルメなお店9選を紹介…

  3. チャラい男が結局モテる!元広告マンが伝授する女を落とす究極のテクbyパ…

  4. 【200人とヤって分かった】セックスが下手な女の共通点

  5. 絶対に福岡美女と出会える!福岡のオススメ相席ラウンジ5店

  6. Twitterで女優アイコンにしてる女は顔面偏差値58の地雷ってマジ……

  7. 何を贈るのが正解なの?正しいホワイトデーの過ごし方 byE子

  8. 恋愛工学を駆使して美女とSEXする裏ワザがあった!?