ダイエット中のおすすめお菓子と食べ方

ダイエット中だけど、小腹が空いてしまったときや、ちょっとした気分転換のためにお菓子を食べたい、と思うことがありますよね。だからと言って、好き勝手に食べていると、せっかくダイエットしても効果が得られなくなってしまいます。

今回はコンビニなどで手軽に買えるダイエット向きのお菓子を紹介します。

また、もし、紹介するようなダイエット向きのおやつが売っていなかった場合、どのような点に注目しておやつを選べば良いのかも書いておきます。自分でダイエット向きのおやつを自分で選べるようにしてください。

1.ダイエット中にお菓子を食べるときのポイント

ダイエット中におやつを食べる時に気を付けて欲しいことを紹介します。選ぶ時の参考にしてください。

1.お菓子のカロリーや糖質に注意する

ダイエット中に注意したいのはカロリーや糖質の摂取量です。しかし、食事1食やおやつ1回ごとの摂取量ではなく、1日を通じてどれくらい摂取したのかに注目してください。

運動量や基礎代謝によって必要な摂取カロリーは様々ですが、ダイエット中の女性の1日の摂取カロリーの目安は2000kcalです。おやつやお菓子は1割である200kcalを超えないように摂取します。

糖質は摂りすぎても減らしすぎても良くないです。しかし、食事で十分に摂取できているので、なるべく糖質なしのお菓子を食べるようにします。お菓子は基本的に糖質が多いものがほとんどです。しっかり選ぶ必要があると覚えておいてください。

2.お菓子を食べるおすすめの時間帯

お菓子を食べるおすすめの時間は、食事の邪魔にならない時間です。具体的には次のような点に注目してください。

  • ご飯の時間に食後のデザートとして食べる
  • おやつの時間を設けて、食事と食事の間隔が開きすぎないように食べる

人は食べると血糖値が上昇します。そして血糖値が下がると、お腹が空いたと感じるのです。こまめに間食をすると、血糖値が下がりきらずお腹が空きにくくなります。しっかりご飯が食べられず、間食が増えてしまい悪循環です。

反対に、食事と食事の間隔が開きすぎると、お腹が空きすぎてドカ食いしてしまったり、血糖値の急上昇を招いたりします。お菓子を補食と考え、お腹の空き過ぎを防止する目的で食べるのがおすすめです。

たんぱく質やビタミン、ミネラルなど不足しがちな栄養素を補える腹持ちの良いお菓子を食べてください。

3.ダイエットに向いているお菓子

ダイエットに向いているお菓子は次のような特徴があるものです。

  • 低カロリー
  • 少量パック
  • 食べ応えがある

ダイエットに向いているお菓子は低カロリーで少量ずつパックになっているものです。食べる量のコントロールがしやすく、我慢が辛いと感じるダイエット中でも食べきったら終わりにできます。

また、食べ応えがあると少量でも満足できます。満腹感を感じやすい歯応えのあるものは特におすすめです。

4.ダイエットに向いていないお菓子

ダイエットに向いていないお菓子は次のようなものです。

  • スイーツ
  • スナック菓子
  • 砂糖の多いチョコレート
  • 人工甘味料を多く使っているもの

糖分が多いもの、脂質が多いものはダイエット中のお菓子に向いていません。コンビニスイーツは手軽に買えますが、糖分も脂質も多いです。

スナック菓子もダイエットの大敵です。大袋に入っていて食べ切るまでやめられない上、脂質や糖分をたっぷり含んでいます。購入前にカロリーや脂質の量を確認するとダイエット向きではないと納得しやすいです。

近年、チョコレートは2タイプに分かれる傾向にあります。

  • 従来通りの甘いお菓子としてのチョコレート
  • カカオの含有量が高くポリフェノールなどが健康に良い影響を与えるチョコレート

前者の甘いチョコレートはダイエット中には不向きです。しかし、高カカオチョコレートは食べ過ぎないのなら食べても良いでしょう。

また、人工甘味料にも注意が必要です。人工甘味料は低カロリーでも甘みを感じることができるます。さらに、低カロリーなので甘いものをたくさん食べてしまうことがあります。

すると、体が甘いものが欲しいと感じます。ダイエットをやめた後、人工甘味料から普通の砂糖に戻した時に大量の砂糖が欲しくなってしまうのです。ひどいリバウンドに苦しむこともあります。

人工甘味料にはメリットもデメリットもあることを知り、うまく利用することが大切です。

2.コンビニで買える!ダイエット中におすすめのお菓子・おやつ

手軽にコンビニで買えるダイエットにおすすめのお菓子を、大手コンビニ各社ごとに紹介します。自宅や職場の近くでまとめ買いするのもおすすめです。

1.ファミリーマート「ファミマでライザップシリーズ」

さまざまな芸能人をCMに起用しているパーソナルジムのライザップ。「結果にコミット」をキーフレーズに多くの人のボディメイクに携わってきました。

ファミリーマートとライザップがコラボして作った「ファミマでライザップシリーズ」は、おいしさにも糖質量にもこだわったシリーズです。

人気の商品をいくつか紹介します。

  • ぶどうゼリー(210円税込)……29kcalという低カロリー
  • コーヒーワッフル(160円税込)……194kcalでおやつとしてもおすすめの満足感
  • チーズケーキSpecialブリュレ仕立て(213円税込)……ごほうびスイーツが欲しい人におすすめ

お菓子以外にもサラダチキンバーやカップ麺も出しているので、徹底的に糖質にこだわりたい人は合わせて使ってみるのも良いですね。

おいしさにこだわっているだけあり、味も満足できると人気のシリーズで、売り切れていて買えなかったという声もあります。気になっている人は見つけ次第買ってみてください。

2.セブンイレブン「0キロカロリー寒天ゼリー」

たっぷり250gの大容量で、満足感の得られる0キロカロリー寒天ゼリー。寒天は低カロリーなうえ、食物繊維が豊富で腹持ちが良いという点でもダイエットに向いています。

空腹感を感じるのが苦手でダイエットに失敗してしまう人におすすめです。味も3種類あるので、毎日のおやつにしても飽きずに食べ続けられます。

  • ぶどう味
  • みかん味
  • ヨーグルト風味(シールド乳酸菌入り)

3.ローソン「ブランパンシリーズ」

ブランパンシリーズは米やオーツ麦、小麦のブランを使用し糖質を控えたローソンのブランシリーズ。種類が豊富で、ダイエットでは避けた方が良いと言われるドーナツもラインナップされているのがうれしいです。

惣菜パンや菓子パンも充実しており、ほとんどのものは200kcal以下に抑えられているので、ダイエット中のおやつにもぴったりです。食べ応えがあり味が良く、楽しみながらダイエットができると好評です。

3.ダイエット中におすすめのお菓子メーカーのおやつ

お菓子メーカーもおやつにおすすめのものを販売。お菓子メーカーらしい味に定評のある商品が多いのが特徴です。特に人気のものを紹介します。

1.グリコ「LIBERA スタイルフリー」

グリコのLIBERA(リベラ)シリーズは機能性表示食品のチョコレートです。

難消化性デキストリンという水溶性の食物繊維を含んでおり、同時に摂取したものに含まれる脂肪や糖分が吸収されるのを阻害します。

仕事中のイライラや気分転換にチョコレートを食べる習慣がある人は多いです。ダイエット中だからと言って、その習慣をやめてしまうと大きなストレスになることも考えられます。

ダイエットに影響しにくいチョコレートを選んで食べるというのは、良いところ取りとも言えますね。

また、ミルク、ビター、カカオ50%という3種類があり、好みの味を選べるのもポイントです。

コーヒーと合わせて甘いものを食べたい人にも、苦味が好きな人にも人気のある商品です。

2.明治「オリゴスマート チョコレート・アイス」

砂糖の一部をフラクトオリゴ糖に置き換えた「オリゴスマート」シリーズ。チョコレートとアイスバーというダイエット中には我慢するべき食べ物を、罪悪感なく食べられるようにしています。

  • フラクトオリゴ糖の特徴
  • カロリーは砂糖の半分
  • 糖として吸収されない
  • 砂糖に近い味わい

チョコレートではダイエット中にうれしい3タイプが販売されています。

  • 小分けミルクチョコレート(1箱65g、1枚28kcal)
  • 小分けマイルドビター(1箱65g、1枚28kcal)
  • チャック付きパウチ袋(1袋32g、177kcal)

アイスクリームもタイプが選べるのは便利です。

  • バニラバー(1箱6本入、1本58kcal)
  • バニラアンドチョコレートアイスバー(1本入り82ml、181kcal)

箱売りもしていて、自宅に常備しておけばコンビニでうっかりアイスを買って食べることもありません。アイス好きな人がダイエットをするときの強い味方と言えます。

3.カンロ「プチポリ納豆スナック」

納豆をフリーズドライしたヘルシーなお菓子です。スナック菓子のように食べられ、硬めの歯応えが小腹を満たします。

納豆の持つ栄養をそのまま閉じ込めてあるの単タンパク質や、イソフラボン、食物繊維が摂れるのもうれしいです。

味のラインナップ

  • 醤油味
  • のり塩味
  • 香る黒胡麻
  • わさび味
1袋あたり

  • 内容量……18g〜
  • カロリー……81kcal〜
  • 糖質…2.3g〜

さまざまな味が販売されており、味によって内容量やカロリー、糖質の量は若干変わります。しかし、どれもダイエットにぴったりの内容です。

ダイエット中でなくても、つい食べたくなるおいしさなので、日頃からお菓子を食べる習慣がある人は、プチポリ納豆スナックに変更するのもおすすめです。

まとめ.ダイエット中のお菓子は内容や食べ方が大切

最後に重要ポイントをおさらいしましょう。

ダイエット中のお菓子を食べるときは

  • お菓子のカロリーや糖質に注意する……カロリーは200kcalまでが目安
  • お菓子を食べる時間帯は……食後のデザートか、補食の時間
  • ダイエット向きのお菓子……低カロリー、少量パック、食べ応えがある
  • ダイエットに不向きのお菓子……スイーツ、スナック菓子、砂糖の多いチョコレート、人工甘味料を多く使っているもの
コンビニで帰るダイエット中におすすめのお菓子

  • ファミリーマート「ファミマでライザップシリーズ」
  • ぶどうゼリーのようにカロリーが30kcal以下のものから、チーズケーキのような本格スイーツまである
  • セブンイレブン「0キロカロリー寒天ゼリー」
  • たっぷり容量で満足。寒天だから腹持ちも良く、空腹感を感じにくい
  • ローソン「ブランパンシリーズ」
  • 糖質オフで注目されるブランシリーズ。惣菜パンや菓子パン、ドーナツなどラインナップが豊富
お菓子メーカーが作るダイエット中におすすめのお菓子

  • グリコ「LIBERA スタイルフリー」
  • 同時に摂取したものに含まれる脂肪や糖分の吸収を阻害
  • チョコレート好きも満足する味
  • 明治「オリゴスマート チョコレート・アイス」
  • チョコレートは小分けされていたり、少量のチャック袋パウチで食べ過ぎ防止
  • アイスは箱でのまとめ売りと、個包装のたっぷりサイズがある
  • カンロ「プチポリ納豆スナック」
  • ダイエット中ではない人もはまって食べるほどおいしい、人気商品
  • 複数の味が販売されていて、飽きずに食べられる

ダイエット中だからと言って、急にお菓子を食べる習慣を止めるというのは困難。ストレス発散のための大切な時間だという人もいるでしょう。お菓子を食べたいのに食べられないという気持ちがストレスになってしまうので、食べても良い時間や内容に変更するのがおすすめです。

お菓子の内容としては糖質を抑えます。また、補食として食べるのなら200kcalを目安に食べます。コンビニではダイエットにおすすめのシリーズが販売されていて、季節に合わせた新商品も発表されます。ダイエットを辛いものとせず、おいしく楽しく続けるためにうまく取り入れてください。

お菓子メーカーの作ったダイエット向き商品は味に定評があり、食べ続けやすいので箱でまとめ買いするのもおすすめです。ダイエット中ではないけど、はまって食べている人もいるほどなので、一度試してみてください。

関連記事

  1. 城崎温泉!おすすめ観光スポット・宿特集

  2. 車の夢が暗示する夢占いの意味を診断!

  3. デートの店選びには正解がある!決め方を知りデキる男をアピールせよ

  4. 「婚活に疲れた」人に捧ぐ!楽しみながら結婚を掴む黄金ルール

  5. リラックスできるデートの方法とは?解決策と10個のスポット!

  6. パパ活デートに!おすすめ都内飲食店13選

  7. パパ活男性が知っておきたいパパ活用語集

  8. 勘がいい人になりたい!勘がいい人の特徴や勘を鋭くする方法って?