ダイエット中の水の摂り方と注意点

無料で行えるダイエットは数多くありますが、その中でも特に効果が高く、お金もかからず、今すぐに始められるのが「水飲みダイエット」です。でも、水を飲むだけで本当にダイエットできるのが疑問ですよね?

そこで当記事では今回、水飲みダイエットについてご紹介します。どれだけの水を飲めばいいのか、どんな効果が期待できるのか、水を飲む時の注意点などを解説。水飲みダイエットについて興味のある人は、是非参考にしてください!

1.水を飲むことがダイエットに効果的な理由

「水を飲むだけでダイエットになるの?」と疑問に思う人も多いはず。人間の体はおよそ60%が水で構成されています。

喉が乾いたら誰でも水分を摂取しますよね。水は喉を潤すだけでなく、腸から吸収されて血液などと一緒に体内を循環し、以下のような働きをしているのです。

  • 新陳代謝が活発になる
  • 老廃物が排出される
  • 食事中に摂ると食欲を抑えることができる

1.新陳代謝が活発になる

水は体内の新陳代謝を活発にする働きがあります。全身を巡っている血液の中にある赤血球は、酸素や栄養を運ぶ重要な働きをしています。そんな赤血球の60%以上は水分で構成されているのです。酸素や栄養がスムーズに全身に運ばれることで新陳代謝は活発になり、健康的で若々しい状態を維持することができます。

2.老廃物が排出される

水を飲むことで、体内に蓄積されている老廃物を体外に排出することができます。人間の体内には常に老廃物が溜まっていきます。汗や尿、便などで排出しています。

水分を取ることで、体温の上昇や便通が改善。結果、汗、尿、便など老廃物を効率的に排出されます。また、リンパの流れも改善されるため、高いデトックス効果が期待できるのです。

2.食事中に摂ると食欲を抑えることができる

抑えの効かない食欲はダイエットの天敵です。痩せるには糖質など食事を制限する必要があります。どれだけ運動をしても、食べすぎてしまったら意味がありません。ですが、空腹になると我慢できず、ついつい食べすぎてしまうことも…。食事中に水を飲むことで、空腹感が抑えられて食事の量も少なくすみます。

2.ダイエット中に水を飲むときの注意点

ダイエット中に水を飲むことで、様々なメリットが得られるますが、ただ大量の水をガブガブと飲めばいいというわけではありません。

ダイエット中に水を飲む際は、以下の点に注意しましょう。

  • 水を冷やしすぎない
  • 一気に飲まず小分けにして飲む
  • 水中毒に注意する
  • 汗をかきやすい夏は塩分バランスについても注意する

3.水を冷やしすぎない

暑い日は冷たい水で喉を潤したいと考える人は多いのではないでしょうか?実際、冷蔵庫に水のペットボトルなどを入れて、キンキンに冷やして飲んでいる人もいるはずです。冷たい水を飲むとさっぱりしますし、喉も潤ったという感じが得られます。また、適度に内蔵を冷やすことで、元の体温に戻そうとする作用が働き基礎代謝がUPするといわれています。

しかし、冷やしすぎた水は内蔵の温度を下げてしまい、基礎代謝を下げてしまいます。結果、脂肪の燃焼がしづらくなったり、内臓の機能が低下するなど悪影響が出てしまうのです。ダイエット中は冷やしすぎないように注意。内臓への負担を少なくするために、20℃前後がおすすめです。

4.一気に飲まず小分けにして飲む

水を飲む時はコップにいれて一気に飲みたくなりますよね。飲んだ感じが得られますし、喉もさっぱりとして気持ちよく感じるはずです。

しかし、一度に大量に飲むと体に負担がかかったり、トイレが近くなってしまいます。体に負担をかけないためにも、一気に水を飲むのではなく、小分けにして水を飲みましょう。

5.水中毒に注意する

水を飲みすぎると水中毒を引き起こすため注意が必要です。水中毒とは、水分を多く摂りすぎることで尿の処理能力が低下し「低ナトリウム血症」を引き起こした状態をいいます。

血液中にあるナトリウムの濃度が低下すると、電解質のバランスが崩れます。結果、以下のような症状が現れるため注意が必要です。

  • めまい
  • 頭痛
  • 頻尿
  • 疲労感
  • 錯乱
  • 吐き気
  • 意識障害
  • 呼吸困難
  • うっ血性心不全など

軽症であれば体がだるい、頭が痛いといった症状ですみます。しかし、重症化すると命に関わる症状も出てしまいます。夏場など喉の乾く季節はもちろん、ダイエット中に空腹を紛らわすために水を飲みすぎて水中毒になるケースもあるため注意が必要。

個人差はありますが、1時間に1L以上飲むと水中毒になるといわれています。水中毒を防ぐためにも、小分けにして水分を取るようにしましょう。

6.汗をかきやすい夏は塩分バランスについても注意する

夏場など水を取りすぎる季節は、塩分バランスにも気をつけましょう。暑い日はいつもより多く汗をかきますよね。発汗すると体内のナトリウムが排出されて失われてます。たまたま汗が口に入って「しょっぱい!」と感じたことも多いはず。また、汗を拭かずに放置しておくと、乾いて塩のような粒がでてきます。夏場は水分だけでなく、塩分の摂取も必要となります。

しかし、喉が渇いたからといって水分ばかりを摂っていると、塩分濃度が低下。結果、ナトリウム濃度が低下して「低ナトリウム血症」になり水中毒を引き起こしてしまいます。夏場は水を飲むだけでなく、塩分もしっかりと補給しましょう。

3.ダイエット中に摂取する水分量の目安

ダイエット中に水分を取ることで、空腹感を抑えたり、代謝が良くなるといった効果が期待できます。しかし、だからといって一気に大量の水を飲むのは体にとって害になるだけ。水分を摂取する際は、成人でおよそ1.2~1.5Lを目安にしましょう。体脂肪を燃やすために運動を適度に行っているのであれば、1日に2.5Lの水分が必要となります。

モデルや芸能人の中には、健康や美容のために1日に5L以上も飲んでいるという人も少なくありません。しかし、ただ大量の水を飲めばダイエットや美容に効果が出るというわけではありません。また、水を飲みすぎることで水中毒などを引き起こすリスクが高まります。健康的にダイエットを成功させるためにも、適量の水分を摂ることをおすすめします。

4.ダイエット中におすすめの水の種類

水といえば真っ先に思い浮かべるのは、身近にある水道水やミネラルウォーターではないでしょうか?

しかし、一口に水といっても以下のような種類があります

  • 天然水
  • 水道水
  • ミネラルウォーター
  • 炭酸水
  • アルカリイオン水
  • 精製水
  • RO水
  • 海洋深層水

また、水には硬水と軟水の2種類あります。硬水は口当たりが重いのが特徴。人によっては苦味を感じる場合もあります。一方、軟水は口当たりが柔らかくまろやかで、飲みやすいのが特徴。国内で売られているミネラルウォーターの多くは軟水です。

軟水と硬水は、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量で決まります。1Lあたりの水にカルシウムとマグネシウムが100mg以上含まれていると硬水、1Lあたりカルシウムとマグネシウムが100mg以下で軟水となっています。

軟水は浸透性にも優れており、老廃物の排出を促します。日本人の口にも合うので飲みやすいのもメリット。硬水はカルシウムやマグネシウムの作用で、便を柔らかくし便通改善の効果が期待できます。

ダイエット時に飲むなら、長く続けられる水を選ぶのがおすすめ。デトックス効果がほしければ軟水、便秘気味なら硬水といった具合に、自分の体調にあわせて選びましょう。

5.ダイエット中に水を飲むおすすめのタイミング

ダイエット中に水を飲む際は、以下のタイミングで飲むことをおすすめします。

  • 起床後
  • 食事前
  • 入浴後
  • 運動前後

起床後はしっかりと水分を補給するべきです。就寝中は大量の汗をかき、体内の水分が失われています。朝起きたらまずはコップ1杯の水を飲むようにしましょう。胃に負担をかけたくなければ、白湯を飲むことをおすすめします。

食事の直前も水を飲むのにぴったりなタイミング。適量の水を飲むことで食事量を抑えることができます。ダイエットを失敗するのは食べすぎが原因。無駄なカロリー摂取を抑えるために、食事前に水を飲むようにしまそう。

入浴後は1日の汚れや疲れを落とすと同時に、体内の水分も失われています。入浴後も水を飲んで水分を補給しましょう。

ダイエット中は食事制限だけでなく、同時に運動もすることが重要となります。いくら食事制限をしても、なかなか体重を落とすことは難しいもの。体内に溜まっている脂肪を落とすなら、筋トレや有酸素運動も行ったほうが効率的です。運動中は体内の水分が大量になくなってしまいます。暑い日は熱中症の原因にもなってしまうため、運動の前後だけでなく、運動中もこまめに水分補給をしましょう。

6.ダイエット中に水を飲むことに飽きたらフレーバーウォーターがおすすめ

いくらダイエットに高い効果があるといっても、水ばかりを毎日飲むのは飽きてしまいますよね。そこで、少しだけ作る手間はかかりますが、フレーバーウォーターを飲むことをおすすめします。

フレーバーウォーターとは、水入りのボトルに野菜や果物、ハーブやスパイスなどを入れて作る自家製飲料のことをいいます。水の中に野菜や果物の栄養や香り、甘みなどが溶け込むため、水でありながら美味しく飲めるのが魅力。砂糖を使っていないのに甘みが感じられるため、ただ水を飲むよりも長続きします。さらに、野菜や果物を食べるよりもカロリーを摂取しないのも嬉しいポイントです。

水に入れる食材は、生で食べられるものであれば基本的になんでもOK。食材によって疲労回復やむくみ解消、リラックス効果などが得られるため、自分の体調に合わせるのがおすすめです。

特にダイエット中であれば、エネルギーの代謝を促す柑橘系、生姜、シナモン、りんごなどを使ってフレーバーウォーターを作るといいでしょう。

まとめ 水はダイエットにも美容にも良い効果をもたらす

無駄なカロリーを摂取することなく、人間の生活に必要不可欠な水分を補給できるため、水はダイエットに最適な飲み物です。

ダイエット中に水を飲むことで、以下のような効果を得ることができます。 

  • 新陳代謝が活発になる
  • 老廃物が排出される
  • 食事中に摂ると食欲を抑えることができる

水を飲むだけでデトックス効果や新陳代謝UPなど、ダイエットに嬉しい効果が得られるのは最大のメリットといえるでしょう。

ただし、水を飲む際は以下の点に注意してください。

  • 水を冷やしすぎない
  • 一気に飲まず小分けにして飲む
  • 水中毒に注意する
  • 汗をかきやすい夏は塩分バランスについても注意する

暑い日は水を一気に飲みたくなるものですが、体を急激に冷やすと代謝が落ちてしまいます。また、大量に飲むと水中毒を引き起こすリスクも高まるため、可能であれば常温に戻し、小分けにして飲むようにしましょう。

水を上手に飲んで、健康的にダイエットを成功させましょう!

関連記事

  1. よく笑う人の笑顔の裏にあるものは?暗い過去あり?特徴や秘密

  2. 洪水の夢!夢占いが暗示する意味を解説

  3. 関東地方でおすすめの人気観光スポット

  4. パパ活は危険?男女別のトラブル事例と予防法

  5. 一人旅におすすめ!国内人気観光スポット

  6. 合コンで盛り上がる心理テストをご紹介!これで沈黙を破れます!

  7. パパ活のブログ12選!男女別でおすすめを紹介

  8. ヨガインストラクターにおすすめの資格