「バレない浮気ってなに?」その疑問にお答えします。By E子

 

 

 

 

夏である。夏、真っ盛りである。

 

 

これは、少し蒸し暑くなり始めたある日の話。

我が家にそいつは現れた。

Gだ。

 

 

食事中の方、Gが苦手な方はここから先は覚悟して読み進めていただきたい。

略称を使ってその名称を隠すのは、なんだか男気に欠ける気がするので、きちんと表記していこうと思う。

 

 

ゴキブリが家に現れたのである。

 

 

 

我が家は築浅の密閉空間で、一人暮らしのため、さほど食べかすなども落ちていないし、

ゴキブリなんか絶対に存在しえないと思っていた。

 

しかし、あろうことか私は、玄関のドアを開けた際に、

自分の帰宅と一緒に、ゴキブリを招き入れてしまったのである。

 

 

 

 

一度、ゴキブリが家に入ったとなれば、もう何も信じられない。

 

そのドアを開けた先に、いるかもしれない…。

 

このグラスのフチを、やつが歩いたかもしれない…。

 

この清潔そうな枕カバーも、やつがトイレの便器内を歩いた汚い足で、歩いたかもしれない…。

 

 

 

私は疑心暗鬼なまま、数週間を過ごした。

 

実際には起きていないかもしれないことも、想像がふくらみ、

悪夢は続く…。

 

 

 

 

 

そう。

これと同じことが、「浮気」で言える。

 

 

 

 

 

 

1.バレない浮気とは、完全な二重人格の徹底により実現する

 

女性の中には、浮気に寛容なのか、

 

「バレないようにしてくれたらいい」

 

というようなことを言う人がいる。

 

 

かくいう私もそのタイプである。

 

 

よく、

「自分は知らないとは言え、彼氏が他の女のカラダを舐めた、その同じ舌で舐められるのは汚いし気持ち悪くないのか?」

 

と聞かれることがある。

 

少々過激な質問であるが、私は気色悪くない。

 

 

なぜなら、

 

ゴキブリがいないと信じていたあの頃の私は、

 

暗がりでドアを開けるその瞬間も、

食器棚のグラスも、

枕カバーも、

何も怖くなかったからである。

清潔だと信じて疑わなかったから。

 

 

 

しかし、実際にゴキブリがいようがいまいが、

「もしかしたらいるのかも…」

と思わせる空間は、ちょっと気持ち悪い。

 

 

飲食店の立ち並ぶ路地の溝付近…

なんだか小汚いゴミステーション…

食べ残しや食器が何日も放置されたままの友人宅…

 

これらは、ゴキブリの姿を実際に見なくても、ちょっと気持ち悪い。

 

 

 

つまり、浮気も同じである。

 

 

新築の、清掃のいきとどいた、モノのないオフィスビルのエントランススペースや、

ラグジュアリーホテル。

こういった空間は「まさかゴキブリがいるとは思うまい」レベルに、

ゴキブリのいる様子を想起させないので、とても安心感がある。

万が一いたとしても、「ん?見間違いかな」と思ってしまうくらい、存在することが信じがたい。

 

 

普段から誠実な対応をしてくれる彼氏、

隠し事がなく、つい嘘をついてしまったときは正直にそれを打ち明け、

なぜ嘘をつこうと思ったのかまで説明の上謝罪してくれる、すばらしい彼氏。

女性と喋るのが苦手で、おそらく私以外の女性とは口もきけないであろう彼氏。

 

 

こういった彼氏は、クリーンな彼氏だ。

浮気の可能性をまったく感じさせない。

 

 

よって、このクリーン彼氏が、ジキル博士とハイド氏ばりの二重人格で、

あっちの女やこっちの女と遊びまくっていたとしても、

それを私は想像することができないし、信じられない。

 

 

だから、大丈夫なのである。

 

 

 

しかしながら、残念なことに

 

「浮気はバレないようにしてくれたらいいよ」

 

の言葉を拡大解釈しがちな男というのは、

 

「確固たる証拠さえ出なければセーフ」

と解釈してしまうケースが多く、

 

まったくクリーンな彼氏とならないのである。

 

 

 

 

「浮気はバレないようにしてくれたらいいよ」

 

と、彼女に言われた時の模範解答は、

 

「え…?じゃあE子も俺にバレなければ浮気するの?そんなの嫌だよ」

 

もしくは、

 

「浮気は必ずバレるもんね、俺は浮気しないからそんなこと言わなくていいよ!笑」

 

など、

 

 

一度も浮気したことがなさそうな奴っぽいセリフに限る。

 

 

この会話終了までは、ジキル博士として徹底した誠実っぽさを演出していただき、

 

彼女を安心させきった後で、

思う存分ハイド氏になっていただきたいのである。

 

 

「バレないようにする」

 

と言うのは、そのレベルの演技力を求めているのだ。

 

 

 

2.ゴキブリも浮気も1見たら10隠れている

 

ゴキブリは1匹見たら10匹いる

 

とよく言われる。

 

 

浮気も同じだ。

 

しかしこれは、

 

「1回浮気するやつは10回浮気する」

という意味ではない。

 

「1人女がいたら、10人いると思え」

という意味でもない。

 

 

 

たった1人の女性と、一回こっきりの浮気をする男も存在する。

 

ただ、そのようなささやかな過ちの場合、それが露呈することはほとんどなく、

ひっそりとまで持ち込まれるだけのことなのである。

 

 

 

さて、では

1匹いたら10匹いる、

の真意はなんなのか。

 

 

それは、

「10匹もいるから、ひょっこり1匹ほど人間に目撃されてしまう」

 

ということである。

 

 

ゴキブリとてたった1匹なら、人間と出会ってしまう可能性はそう高くない。

 

1匹目撃してしまう状況、

それはそこら中にウヨウヨしているから、その中のどんくさい1匹が逃げ遅れた、ということなのである。

 

 

 

浮気も同じで、

一つ浮気がバレる男は、確実に十の浮気を隠していると思っていい。

 

 

そもそも1回しか浮気していないのにそれさえも隠せないのなら、どんくささが異常である。

 

10回以上、恒常的に浮気をしているから、

彼女と浮気相手の名前がどっちがどっちだか分からなくなるのである。

 

 

 

たった一回の浮気も許さない、女性たちの厳しさは、

 

・一回の浮気も隠しとおせない、どんくさい男は嫌だ

という思い。

もしくは、

・浮気がバレるくらい、数多くの浮気をしてるのなら嫌だ

という思いから来ている。

 

 

 

3.バレない浮気とは

 

実は、「浮気は絶対にしないでほしい」と思っている女性は、そう多くない。

 

と私は信じている。

 

だって女性はみんな、浮気しそうな男を選ぶし、

合コンに参加すれば、喜びいさんで競争率の高い男性の連絡先を知りたがる。

 

※女性全員にみられる行動ではありません。

 

 

 

しかし、我々は「浮気しないでほしい」と言う。

 

 

それは、

 

「浮気はバレないようにしてほしい」

 

という意味なのだ。

 

 

 

 

だから男たちへ、

 

ちゃんと、ちゃんとした手順で、ちゃんと注意を払ってやるのなら、

まぁ浮気はやってもいい。

 

 

ただし、バレたらその場で切腹するくらいの気持ちで隠し通してほしいのである。

 

 

 

そして、その「隠し通す」と言うのは、

 

例えば、彼女を家に呼んだ時に、あきらかに彼女のものではない他の女の私物が落ちていた場合に、

「違う違う、オカンが昨日来てさ!忘れていったんだよ!」

などという意味不明な言い訳でその場をやり過ごす…

 

と言う意味ではない。

 

 

 

彼女を家に呼ぶ前に、

家中のゴミというゴミ、髪という髪、モノというモノを拾って捨てておけ、

 

それもゴミ箱に捨てるのではなく、ごみステーションに、

できれば彼女が家に来るまでにごみ収集車が来て、痕跡がどこにもなくなるタイミングで、家に呼べ。

 

 

と、こういう意味なのである。

 

 

 

少しでも浮気の可能性を感じさせる何かがあればアウト。

 

セーフとなるのは、

 

微塵も浮気の疑惑を感じさせない状態を終始キープしている状態

 

のみを指す。

 

 

よく覚えておいてほしい。

 

 

 

4.浮気をするときに最も必要なスキル

 

では、これからバレない浮気を実践していこうと思っている男性諸君に告ぐ。

 

浮気をするときに、最も必要となるスキルはこれだ。

 

 

 

 

平常心。

 

 

 

 

 

浮気をすると、つい、「隠したい」「バレるかも」という思いから、

言動が普段どおりでなくなる人が多い。

 

 

いつもよりも説明臭くなったり、口数が多くなったり、態度がおかしかったりなどだ。

 

 

 

これから話す具体例は、

以前、私が自宅に複数の男を出入りさせていた時の話だ。

 

彼氏Aは、私の同行を明らかに疑っているようだった。鋭い。

 

彼はある日、私の家に来るなり、

一目散にインターホンの機械に歩み寄り、

過去一か月間で我が家のインターホンを押した人物の映像を、さかのぼってチェックしだした。

 

ものすごい勢いでチェックをされたので、もうほとんどバレていたのだと思う。

 

 

この際、私は心の中で大汗をかいていた。

 

ヤッベェ~、この前家に来た彼氏Bの映像が出てきてしまう…

 

しかし、取り乱すわけにはいかない。

必死に映像を見ている彼氏Aを止めるわけでもなく、私は隣に並んで一緒に映像を見た。

 

来訪者のほとんどは配送業者の方で、制服でそれと分かる。

 

 

 

そんな中で、ついに制服でない男性が映った。彼氏Bである。

 

早速彼氏Aに「誰こいつ」と言われ、

 

私は顔を近づけ、まじまじと映像を見た。

 

 

そう、よく見なくても十分に分かっている。

先日寝たばかりの男の顔を、私は「誰だろ~」と言いながら、細部までしっかりと見た。

 

そして、彼氏Aの目を見て言った。

 

「NHKかな?」

 

 

彼氏Aは私のこの反応を見て、どうやらE子の知人ではなく、NHKか何かの男らしいと判断し、次の映像に行った。

それ以降は、配送業者の方の映像しか出てこなかった。

 

 

 

 

これだけの迫真の演技をしたのに、助演女優賞もいただけないのは、

私の罪ゆえの演技だからということは納得はしている。

 

しかし、たったこれだけの演技を、できない人間がたくさんいる。

 

彼らに欠けているのは、

 

平常心

 

だ。

 

 

彼氏Aに申し訳ないとか、浮気がバレたらどうしようとか、そういった気持ちを押し殺し、

ただ精神統一に注力する。

 

いつも通りの、普通のことさえできれば良い結果が出せるのに、

メンタルが不安定になって失敗してしまう人が多い、という点ではまるでオリンピックのようだとも思う。

 

 

 

5.浮気に寛容な彼女は作れる!

 

浮気に寛容な彼女、をお探しだろうか?

 

そんなものは探しても見つからない。

 

寛容な彼女は、作るものなのである。

 

 

 

最後に皆さんに、最終奥義「浮気に寛容な彼女の作り方」を伝授しよう。

 

 

 

 

例えば皆さんが、つい出来心で浮気をしてしまい、

平常心も保つことができずに、

彼女の前で不自然な言動をしてしまったとしよう。

 

 

彼女は疑い、何かあったのかと聞く。昨日は何をしてたの?誰と会ったの?と。

 

 

そこで君は、しばらく苦しんでみせるのである。

正直に打ち明けるには、罪が重すぎる。

彼女が離れていかないか、不安だ…。

しかし、ごまかしも通用しない、追い詰められているのだ。

 

 

この様子を見て、彼女はだんだん察する。

 

こいつ、マジでやったらアカンことやったんやろな

 

と。

 

 

 

しかし隠し事はいけない、ついに、君は口を割る。

 

涙ながらに、許しを請う。

 

許してくれないかもしれないけど、

 

「昨日同僚と飲んでいて…、今度、合コンに参加する約束をしまった…」と。

 

 

 

 

 

これで完璧だ。

 

彼女は、むせび泣く君を見て、こう思う。

 

「たかが合コンに参加する口約束をしただけで、本当に申し訳なさそうに、断腸の思いとばかりに泣きながら告白するこの男が、まさか平気で浮気をするわけがない」と。

 

 

これには主演男優賞ばりの演技を求められるが、

しっかりと演じ切れば、一生ものの財産になる。

 

 

今後、君がどれだけ浮気を繰り返そうとも、

彼女は安心しきって、

「彼は、平気で浮気できるような人じゃないから」

と、ご機嫌で待っていてくれるのである。

 

 

 

これほどwin-winな状態が他にあるだろうか?

 

女性とて、浮気を疑っていつも鬼の形相をしていたいわけではないのである。

 

 

女性たちの願いはいつも、そう。

安心させてほしい、ご機嫌でいさせてほしい、なのだから。

 

男女間の無駄な紛争を根絶すべく、みんなでアカデミー賞を目指していきたい。

関連記事

  1. 【応募終了】横浜で開催される、ハイスぺ以外立入禁止のマッチングパーティ…

  2. 【完全犯罪】絶対にバレずに浮気する秘密のマニュアル

  3. 「まさかコイツも……?」デート中の細かな言動で読み解く地雷男9選

  4. 【顔面偏差値50以下は見ろ】ブスによるブスのための最強婚活マーケ戦略!…

  5. 相席ラウンジのシステム丸わかり!システムや値段を徹底解説

  6. 【年収1000万男子のグルメ図鑑】全ての女子を落とす品川の名店8選

  7. まだ三田グルメで興奮してないの?経営者が伝授するオトナの三田デートコー…

  8. 恋愛工学を駆使して美女とSEXする裏ワザがあった!?