ダイエット中にチョコレートを食べたい時の対処法を製菓衛生士が解説

ダイエット中にチョコレートを食べたい時の対処法を製菓衛生士が解説

チョコレートホリック(中毒)という言葉があるほど、チョコレートには人を引き付ける強い魅力があります。

だからこそダイエット中、チョコレートの誘惑に苦しんでいる方も多いのではないでしょうか。

チョコレートをダイエット中に食べたい!どうにかして食べられないの?

今回は、そんなチョコレート好きダイエッターの切実な悩みにお答えしていきたいと思います。

ダイエット中にチョコレートを選ぶコツや、手作りチョコレートスイーツのレシピもご紹介しています。

ご自身のダイエットにぜひ取り入れてみてくださいね。

 

この記事のポイント

  • 適量のチョコレートは健康にも良い
  • ダイエット中のチョコレートは種類選びが重要
  • 手作りチョコスイーツで心も小腹も満たす
  • チョコレートで心を満たし、リラックスしよう
やまもとまこプロフィール
ライター/やまもと まこ 製菓衛生士

長年、製菓衛生士として菓子作りや商品開発に従事。数年前に一念発起し進学した大学院で、自分の考えや獲得した情報をアウトプットする大切さを実感。同時に、自分の持つ情報を発信することに関心を持ち、ライター業を開始する。現在は製菓衛生士の現場感覚を大切に、菓子づくりや製菓業界に関するさまざまな情報を発信中。

noteはこちら 

Instagramはこちら

1.ダイエット中にチョコレートを食べたいけどやっぱりNG?

ダイエット中にチョコレートを食べたいけどやっぱりNG?

「ダイエット中ってやっぱりチョコレートは食べちゃダメなのかな…」

まずはチョコ好きダイエッターが一番気になるこの疑問にお答えしていきますね。

結論から言うと、ダイエット中でもチョコレートは食べたって大丈夫。

ただし、食べる際はチョコレートの種類にこだわりましょう。

市販されているチョコレートをざっくり分けると、以下の3種類になります。

  • カカオ分が比較的高く、ミルクが入っていない「ビターチョコレート」
  • ミルクが入っているクリーミーな味わいの「ミルクチョコレート」
  • ミルクと多めの糖分、そしてカカオからとれる油脂分(カカオバター)から出来た「ホワイトチョコレート」

呼び方は商品名によって少し異なることもありますが、だいたいこのように分けられます。

参考:日本チョコレート・ココア協会

何となくおわかりだと思いますが、ダイエッターが選ぶべきなのは、ビターチョコレート。

その中でも特に、カカオ分が高い「ハイカカオチョコレート」と呼ばれるものがおすすめです。

もちろん食べすぎはいけませんが、カカオの豊かな香りを感じられる甘さ控えめのチョコレートはダイエット中だって食べても安心です。

ミルクやホワイトチョコレートも、我慢した果てにたくさん食べてしまうくらいなら、ちょっとくらいは食べたって大丈夫。

問題は食べ過ぎないこと、それに尽きます。

2.ダイエット中に食べてもいいチョコレートの選び方

ダイエット中に食べてもいいチョコレートの選び方

ダイエット中でもチョコレートを食べても良いんだ!と分かったら、つらいダイエットも頑張れますよね。

先ほども少し触れましたが、ここからはより詳しく、ダイエット中に食べてもいいチョコレートの選び方を解説していきます。

  • ハイカカオチョコレートを選ぶ
  • 糖質をコントロールしたり、機能性を付与したチョコレートを選ぶ

2-1.ハイカカオチョコレートを選ぶ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ann Azuki(@azuki_bowwow)がシェアした投稿

チョコレートに含まれるカカオ分が高く、糖分も控えめなハイカカオチョコレートはダイエット中でも食べて大丈夫。

カカオポリフェノールが豊富なハイカカオチョコレートは代謝を高め、カロリー消費を促進する効果も期待できます。

また、含まれる糖質もミルクやホワイトチョコレートよりも控えめ。

ダイエット中にチョコレートを食べたければ、まずはハイカカオのものをチェックしましょう。

2-2.糖質をコントロールしたり、機能性を付与したチョコレートを選ぶ

最近では糖質を抑えた低糖質チョコレートが販売されています。

糖質を抑えているからと言って苦かったり、甘くないわけではなく食べやすいものばかりです。

また、善玉菌の大好物であるオリゴ糖を使ったチョコレートなど、様々な機能性を持たせたチョコレートも多く見かけるようになりました。

ハイカカオチョコが少し苦手なら、ダイエット中はこのようなチョコレートを選ぶのが良いでしょう。

3.簡単に作れるダイエット中におすすめのチョコレートレシピ

簡単に作れるダイエット中におすすめのチョコレートレシピ

ここからは、製菓衛生士である筆者がダイエット中におすすめのチョコレートレシピをご紹介していきます。

なるべく、少ない材料、少ない道具、少ない手間で作れるようなレシピにしたので、ぜひ気分転換に作ってみてくださいね。

  • ザクザクチョコレートクランチ
  • 濃厚チョコレートプリン

3-1.ザクザクチョコレートクランチ

ザクザクチョコレートクランチ

※画像はイメージです

たった2つの材料で作れるチョコクランチは初心者さんでも失敗しないお手軽なスイーツです。

今回は腹持ちがよく、食物繊維が豊富なオーツ麦が入ったグラノーラを合わせました。

ザクザクした食感で食べ応えがあり、ちょっと小腹が空いたときに最適です。

また甘さ控えめのハイカカオチョコレートにほんのり甘いグラノーラを加えることで、食べやすく仕上げました。

グラノーラは色々な商品が出回っているので、お好みのものを使って作ってみてくださいね。

【材料】

  • ハイカカオチョコレート(カカオ分70%) 120g
  • お好みのグラノーラ 60g

【作り方】

  1. チョコレートをなるべく細かく割って耐熱ボウルに入れ、700Wのレンジで溶かす
  2. 30秒ごとに様子を見ながら完全に溶けきるまで加熱する
    ※この時、少し溶け始めたらゴムベラでその都度混ぜると焦げません
  3. 溶けたチョコレートにグラノーラを入れ、さっくり混ぜる
  4. 小さめにラップを切って、一口サイズになるようにチョコクランチをスプーンで乗せ、巾着絞りのようにラップの端を絞る
    ※お好みのサイズで好きな個数つくってくださいね
  5. そのまま冷蔵庫で30分~1時間ほど冷やし固めたら完成!

3-2.濃厚チョコレートプリン

濃厚チョコレートプリン

※画像はイメージです

ダイエット中はチョコレートのとろけるような味わいが恋しいですよね。

そんな時には濃厚なチョコレートプリンを自分で作ってしまいましょう。

チョコレートそのものを食べるよりも、多くの栄養素を摂ることができますし、まったりとしたチョコレートプリンは少しでもかなりの満足感がありますよ。

【材料】

  • ビターチョコレート(カカオ分60%くらいのもの) 120g
  • 牛乳 160g
  • 動物性生クリーム 40g
  • 卵(Mサイズ) 2個
  • グラニュー糖(上白糖やきび糖でもOK)25g 
  • ラム酒(お好みで)

【作り方】

  1. 卵は常温に戻しておく
    ※このひと手間で作業がしやすくなる
  2. 耐熱ボウルになるべく細かく割ったチョコレートを入れ、700wのレンジで30秒ずつ加熱し溶かす
  3. 牛乳と生クリームを鍋で(レンジでもOK)60℃程度まで温め、2に加えて混ぜる
  4. 卵とグラニュー糖をすり混ぜたものを(3)に2回に分けて入れる
    ※空気が入らないようにゆっくり混ぜ、ラム酒を入れる場合はこの時に入れる
  5. 完成したプリン液を濾したら、お好みの耐熱カップや型に流す
  6. プリン液を流した型や耐熱カップを天板に乗せ、40~50℃くらいのお湯を型の1㎝くらいの高さまで張る
  7. 140℃に予熱したオーブンにいれ、25~30分程度蒸し焼きにする
    ※すこし型をゆすってみて、プリン液の中心がシャバシャバした感じがなければOK
  8. 冷蔵庫でしっかり冷やしたら完成!

こちらの記事でもダイエット中におすすめの美味しいチョコレートレシピを紹介しています↓

4.ダイエット中に気持ちを満たしてくれるチョコレートの食べ方

ダイエット中に気持ちを満たしてくれるチョコレートの食べ方

ダイエット中は食事制限のストレスでイライラしたり、なんだか心が荒んだりするもの。

そんな時にはチョコレートを食べて気持ちを落ち着かせましょう。

ただ食べすぎは良くないので、少しのチョコレートで気持ちを満たす方法をここからはご紹介します。

ちょっとした工夫でダイエット生活が充実したものになるので、ぜひ真似してみてくださいね。

  • ホットチョコレートにする
  • 赤ワインのおつまみとして食べる

4-1.ホットチョコレートにする

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

HAYAKIKAZE cafe(@hayakikazecafe)がシェアした投稿

まずおすすめするチョコレートの食べ方は、ホットチョコレートとして楽しむこと。

温かい飲み物はそれだけで気持ちを満たし、リラックス効果が期待できます。

また、ホットチョコレートのベースとなる牛乳のカルシウムがダイエット中のイライラを抑える効果も。

温かい飲み物は一気飲みすることができないので、少しずつチョコレートを楽しむことができ一気食いやドカ食いを防げます。

そして、シナモンをかけたりラム酒を入れたりとアレンジも自在です。

温めた牛乳にお好みのチョコレートを溶かし入れるだけなので、ぜひあなた好みのものを作ってみてくださいね。

4-2.赤ワインのおつまみとして食べる

赤ワインのおつまみとして食べる

お酒好きな人におすすめしたいのが赤ワインとのマリアージュ。

適量のお酒はリラックス効果がありますし、おつまみとしてならチョコレートを少しずつ味わって食べることができますよね。

ダイエット中にお酒なんていいの?と思われるかもしれませんが、赤ワインは糖質が100mlに対して1.5gとかなり低め。

またポリフェノールが豊富な赤ワインは動脈硬化を予防したり、血圧を下げる効果が期待できます。

このように、健康面からも適量の赤ワインとチョコレートの組み合わせはダイエット中に気持ちを満たすのに役立ちます。

もちろんワインの飲みすぎには注意しましょうね。

ダイエット中におすすめのおつまみレシピはこちらの記事で紹介しています↓

5.まとめ:チョコレートを上手にダイエットに取り入れる

まとめ:チョコレートを上手にダイエットに取り入れる

チョコレートはお腹が空いたときにちょっと食べたり、ケーキやスイーツのメイン材料として使用したりと私たちの生活に身近なものです。

だからこそ、チョコレートの甘い誘惑に立ち向かうのは大変。

それなら無理に我慢するよりも、チョコレートを上手にダイエットに取り入れる方が賢明です。

今回の記事のポイントは以下の通り。

  • カカオ分の高いハイカカオチョコレートを食べる
  • 低糖質や機能性が付与されたチョコレートも上手に取り入れる
  • 手作りチョコレートスイーツを活用する
  • チョコレートを効果的に取り入れて、ダイエット中もリラックス

チョコレートをダイエット中にも食べたい方は、今回解説したことをぜひダイエットの参考にしてくださいね。

【おすすめ関連記事】太りにくいお菓子についてこちらでも紹介しています↓

関連記事

  1. ダイエット・肥満外来の診療内容とは?

  2. ダイエットで注目の糖質!上手な摂り方は?

  3. 鍋ダイエットの効果!やり方・レシピ本特集

  4. ダイエット中のチーズの食べ方とレシピ

  5. ダイエットがテーマのおすすめブログまとめ

  6. ダイエット中のカレー!食べ方やレシピは?

  7. 40代!痩せない理由とおすすめダイエット

  8. ダイエット中のヨーグルト!選び方と食べ方

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本