ダイエット中のヨーグルト!選び方と食べ方

ダイエットをするならヨーグルトを食べることをおすすめします。実はヨーグルトを食べるのはダイエットにとって物凄くメリットがあるのです。

その理由を解説しながら、どんなヨーグルトを選ぶのが良いか、美味しいダイエット用のヨーグルトレシピなどを紹介します。

さまざまなダイエット方法がありますがヨーグルトダイエットは間違いなく、ダイエットをする上での基礎になるので一読を推奨します。

1.ダイエット中にヨーグルトがおすすめの理由

ダイエット中にヨーグルトがおすすめな理由は3つです。

1.腸をキレイにして便秘解消&効率の良い栄養吸収が期待できる
2.キレイになった腸から善玉菌が増えて免疫力が上がって基礎代謝が上がる
3.そのまま食べても美味しく、料理のアレンジもしやすい

以上です。

ヨーグルトには乳酸菌が含まれており腸内をキレイにしてくれる作用があります。腸は第2の脳と言われているほど重要な臓器であり、栄養吸収するための臓器です。人間は栄養摂取することで生き続けることができます。仮に腸が栄養を吸収してくれない、いわゆる「汚い腸」だとせっかく良い食材を食べても栄養吸収しないまま排泄されてしまいます。

それではもったいないですよね。ダイエットもダイエット効果が期待できる食べ物を摂取しても肝心の腸がキレイでなければ意味がありません。そのためにもヨーグルトを摂取することで「キレイな腸」にする必要があるのです。

2.ダイエット中のヨーグルトの選び方・食べ方

ダイエットをする上でヨーグルトがおすすめな理由が判明。

とはいえ、単にヨーグルトなら何でもいいわけではありません。ヨーグルトを選ぶポイントと食べ方を見ていきましょう。

1.無脂肪や低脂肪で糖分が添加されていないものを選ぶ

可能な限り脂肪が少ないもの、糖分が添加されていないヨーグルトを選んでください。脂肪はいわゆる油であり、ハイカロリーの原因になりやすいです。また、糖分にも注意です。いわゆる砂糖やハチミツが加えられているヨーグルトはダイエット中は注意してください。糖質は摂り過ぎることで脂肪になりダイエットの大敵です。

ダイエット中に選ぶヨーグルトは無脂肪もしくは低脂肪、砂糖やハチミツなどの糖分が加えられていないものを選びましょう。

2.ひとつの種類を最低2週間は続けて自分に合う乳酸菌を見つける

ヨーグルトには乳酸菌が含まれており、その種類はさまざまです。ダイエットで大事なのは継続できるかどうかです。ヨーグルトの味もそうですが、まずは2週間続けて自分に合っているかどうか見極めてください。

たとえばヨーグルトを食べ続けた結果、体調が悪くなった場合はそのヨーグルトはあなたに合っていません。

根気のいる作業かもしれませんが、自分に合うヨーグルトを見つけるのはとても大事なことです。

3.体内で栄養を吸収しやすくするため温めて食べる

ヨーグルトを温めることで期待できる効果は乳酸菌が活発になることです。冷たい状態では乳酸菌も冷えており元気がありません。

より効果を得たい場合は、人肌程度に温めるのがコツです。レンジで500ワット30秒ほど温まればちょうどよい温度になるので試してみてください。

4.豆腐やおからパウダーを加えて食物繊維やたんぱく質を補う

ヨーグルトはたんぱく質と食物繊維がやや足りない食品です。そこで豆腐を入れたりおからパウダーを入れるといいでしょう。

特におからパウダーは大さじ2杯でレタス20個分もの食物繊維が含まれています。

3.ヨーグルトを使った簡単おすすめダイエットレシピ

ヨーグルトを単品で食べるのもいいですが、それだけだと飽きが出てしまいますよね。

そこでヨーグルトを使った簡単で美味しいダイエットレシピを紹介します。ぜひ参考にして下さいね!

1.ヨーグルト漬物

ヨーグルト漬物はダイエット中のレシピにおいておすすめです。ヨーグルト自体がダイエット効果が高く、それに食物繊維が豊富な野菜を合わせるのですからピッタリ。

基本的に漬ける野菜は好みのもので構いません。ただし、生で食べることができる野菜を選ぶのがいいでしょう。

ヨーグルト漬物の作り方は下記となります。

1.ヨーグルト200g、塩小さじ2杯、レモン汁大さじ1杯、好きな野菜を用意。好みでタイムやオレガノなどスパイスを適量用意しても構いません。
2.ボウルにヨーグルトと塩、レモン、スパイスを混ぜ合わせます。
3.ジップロックなどに野菜を入れて2で混ぜた液体を注ぎます。
4.一晩経てば浅漬け風のヨーグルト漬物の完成

以上です。

とっても簡単ですし、保存も冷蔵庫ならある程度持ちますのでおすすめ。さっぱりとしていながらスルスルと食べられます。

ヨーグルト漬物で使ったヨーグルトはカレーの隠し味などにも使えるので無駄がありません。

2.水切りヨーグルトとトマトのカプレーゼ風

カプレーゼと言えば、トマトとチーズとバジルを使ったイタリアの前菜ですがヨーグルトでも表現が可能

チーズの代わりにヨーグルトになるのですが、同じ乳製品でありながらヨーグルトのほうがヘルシーなのでダイエットにおすすめです。

まずは水切りヨーグルトの作り方から説明します。

1.ボールの上に水切り用のボールより1回り大きいザルを置く。
2.ザルの上にキッチンペーパーを敷いて水切りの準備をする
3.キッチンペーパーの上にヨーグルトを乗せる
4.ラップで包んで冷蔵庫で一晩置けば完成

水切りしたらホエイという水分がボールに溜まりますのでこちらはカレーやスープに利用可能です。

さて、いよいよ水切りヨーグルトとトマトのカプレーゼ風のレシピをお伝えします。

1.トマトと水切りヨーグルトを同じ大きさに切る
2.お皿にトマトとヨーグルトを交互に重ねるように盛り付ける(盛り付け方は自由で構いません)
3.軽く塩を振って下味をつけて味をなじませる
4.オリーブオイルやコショウ、バジルを振れば完成

水切りヨーグルトさえ作っておけば、基本は切って並べるだけの超簡単レシピ。いわゆるモッツアレラチーズの代わりになりますのでサラダに添えても美味しいですよ。

3.ヨーグルト入りプロテインドリンク

ヨーグルトにはたんぱく質が含まれていますが、やや物足りないのでプロテインと一緒に飲んでしっかりとたんぱく質を摂取するためのレシピ。

ちょっと小腹が空いたときに食べれば、お腹も満たせてたんぱく質もきちんと補充できます。

用意するのはヨーグルト(無糖が望ましい)とお好きなプロテインだけです。ヨーグルトに好きなだけのプロテインをかけて混ぜ合わせれば完成です。たったこれだけ!?と思うかもしれませんがダイエットの観点から見れば十分なので安心してください。

無糖のヨーグルトにプロテインの甘みがのっているので美味しく食べられます。プロテインはココア味やバニラ味など甘めのものがより美味しく食べられます。

4.レアチーズケーキ風ヨーグルトケーキ

ダイエット中でも甘いスイーツが食べたいときはこちらがおすすめ

まず用意するのは水切りした無脂肪のヨーグルトを180g、卵1個、薄力粉を小さじ2杯、ダイエット甘味料(砂糖でもいいですがダイエット中なので)を大さじ1杯となります。

作り方の手順は下記です。

1.ボウルに水切りヨーグルト、ダイエット甘味料、卵を滑らかになるまで混ぜ合わせます。
2.薄力粉をこしてザラザラ感が出ないようにボウルに混ぜ合わせる。
3.耐熱容器にクッキングシートを敷いてラップなしの500ワットでレンジ3分回します。
4.楊枝を差して生地が引っ付いてなければ完成(引っ付いてたら様子見ながらレンジで回してください)

以上です。

こちらのスイーツも一見難しそうに見えますが混ぜてレンジに入れるだけ。とっても簡単にできます。

さらに甘くしたい場合はダイエット甘味料の量を増やすといいでしょう。

5.ヨーグルト寒天

スイーツでも水切りヨーグルトを用意するのはちょっと面倒だと思ったらヨーグルト寒天がおすすめです。用意するのは無糖ヨーグルト250g、寒天4g、ダイエット甘味料大さじ2杯、水250ccです。

作り方は下記となります。

1.鍋に水と寒天を入れて混ぜ、沸騰させます。
2.沸騰したらダイエット甘味料を入れて混ぜます。
3.火を止めてヨーグルトを入れて好きな容器に入れます。
4.冷蔵庫に入れて固まったら完成です。

お好みでフルーツを添えると彩りよく仕上がるのでおすすめ。糖質を気にする場合はミントを添えるといいでしょう。

ヨーグルトは脂肪が低い物を選ぶほどにヘルシーになるのでお好みで選んでください。また、甘みをコントロールしたい場合はダイエット甘味料の量を調整してください。

6.フローズンヨーグルト

スイーツもいいですが、たまには冷たいアイス的なものもダイエット中でも食べたいですよね。そんな時に役立つのがフローズンヨーグルトです。簡単でアレンジもしやすいのでぜひトライしてください。

用意するのはヨーグルト200g、冷凍した好きな果物200g、ダイエット甘味料大さじ2杯です。おすすめはイチゴですがキウイやブルーベリーでも美味しいです。

作り方は下記となります。

1.ジップロックに用意した材料をすべて入れる。
2.果物を砕くようなイメージで揉んで混ぜる。
3.冷凍庫に入れて時々出して揉みこむ

たったこれだけでフローズンヨーグルトの出来上がりです。冷たくて甘いので夏場にはピッタリのレシピです。

スムージーダイエットの効果とレシピ

まとめ ヨーグルトはダイエットに向いているおすすめ食材

ヨーグルトがダイエットに向いている食材であること、簡単に続けやすいことがわかってもらえたのではないでしょうか?

改めてになりますが、今回の内容をおさらいします。

  • ヨーグルトを食べて腸をキレイにすることでダイエット効率の良い体に変身することが可能である
  • ダイエット中なら脂肪が少ない、糖分が添加されていないヨーグルトを選ぶのが吉
  • 自分に合った乳酸菌であるか確認するには2週間ほど摂取するのが理想である
  • よりヨーグルトの乳酸菌の効果を高めたいなら人肌程度に温めるのが理想である
  • たんぱく質と食物繊維の摂取を高めたい場合は豆腐やおからパウダーを混ぜると良い
  • ヨーグルトはさまざまな料理にすることができるので使いやすい食材である

以上となります。

ヨーグルトは簡単に手に入りやすいですのでダイエットをするならおすすめの食材です。果物を使えば甘みも補填できますし、ビタミンや食物繊維も補充できます。今回紹介したレシピを参考にしながら、自分なりのアレンジを加えても良いでしょう。

レシピをアレンジする際にはダイエット中なので糖質と脂質を摂取しすぎないようにご注意を。ヨーグルトダイエットを続けていけばきっと成果は上がります。ぜひチャレンジしてくださいね!

関連記事

  1. 筋トレダイエットの知識とおすすめの方法

  2. 有名人の夢が暗示する夢占いの意味とは?

  3. 5月の旅行!おすすめ人気観光スポット

  4. ダイエット中の料理!選び方や作り方は?

  5. 「好きになってしまったかも・・・」禁断の恋は諦めるしかない!?

  6. ママ活したい!募集サイトや募集方法のテクニックを伝授

  7. 綺麗な脚の条件と美脚になる方法とは?

  8. ダイエット中のおすすめお菓子と食べ方