年収1000万円以上の男性と結婚する婚活

「お金がなくても愛さえあれば」と言いますが、お金があった方が安定した生活を送れるのは間違いありません。そのため、結婚相手の年収にこだわる女性は多いです。

今回は年収1000万円以上の男性と結婚するためには、どんな婚活をしたら良いのか紹介します。

男性の職業や出会いの場だけでなく、どんな女性を選ぶ傾向にあるのかなど書いておくので参考にしてください。

1.お金持ちと結婚したい!そもそも年収1000万円以上の男性の割合はどのくらい?

国税庁では毎年民間給与実態統計調査を行っていて、その発表によると平成30年の男性の平均給与が545万円です。

年収が1000万円を超えた人の割合は5%となっていて、全体から見ると一握りの人だけだということがわかります。

また、総務省発表のデータによると、平成29年の20〜40歳の男性の人口は149万人。単純に5%が年収1000万円以上だと仮定すると、その人は7万5千人です。

基本的に年齢が高くなるほど収入も上がるので、結婚適齢期で年収1000万円以上稼いでいる男性はかなり少ないです。

人口の男女比はほぼ1対1なので、年収1000万円以上の男性と結婚できる女性は20人に1人弱という割合になります。

年収1000万円だと手取りは700~800万円程度です。年2回のボーナスが1月分の給与だと仮定すると、手取りの月収は53万円前後だと覚えておくと、お金の使い方などが想像しやすいです。

お金持ちと結婚!理想と現実の実態調査

2.結婚したい!年収1000万円以上の男性の主な職業

年収1000万円以上の男性はどんな仕事をしているのか見てみましょう。

  • 医者・歯医者
  • 弁護士
  • 会計士
  • 金融業
  • 保険業
  • 外資系企業
  • 商社

婚活で人気のある高収入の男性は上記のような職業が多いです。

医者や弁護士など、国家試験が必要な職業は高収入になる傾向があります。

また、外資系企業で働く男性は中途採用で入社したケースも多く、会社側が高待遇で優秀な人材を確保している場合が多いので高収入です。

これらの職業では給与でなく報酬で収入を得ている場合も多く、なかなか実態がわかりづらかったり、個人の能力で収入に差が出やすいです。本当に高収入なのかを、相手の振る舞いや持ち物などであなた自身が判断していく必要があります。

高収入かどうかは国のデータを元にするとわかるものもあります。

先ほど紹介した国税庁のデータには、業種別の平均給与の表があります。この中で平均給与が高い順に次のようになっています。

  • 電気・ガス・熱供給・水道業
  • 金融業・保険業
  • 情報通信業

1位の電気・ガス・熱供給・水道業は主にこれらのインフラ事業を行っている業種で、年間平均給与は760万円です。

2位の金融業は銀行など貯金を取り扱う業種の他、クレジットカード業も含まれます。年間平均給与は613万円です。

3位の情報通信業は電話やインターネットなどのサービスを提供する会社や、テレビやラジオなどの放送業、ソフトウエアの開発などを行う業種が含まれます。返還平均給与は622万円です。

平均より高い人なら1000万円を超えることもあるでしょう。

3.年収1000万円以上の男性から結婚相手に選ばれる女性の条件

一般的に婚活で男性が求める条件は下のようなものです。

  • 笑顔が多く、自然
  • 女性らしい柔らかい雰囲気・癒しを感じる
  • 芯が強く積極的に行動できる
  • 素直

さらに、年収1000万円以上の男性は上記以外に下記のような特徴のある女性を求めています。

  • 高学歴・知的
  • 仕事が忙しいことに理解がある
  • 男性に依存しようとしていない
  • 倹約家

1000万円以上稼いでいる男性は自身が高学歴である場合も多く、同程度の知性ある女性を求めています。会話の内容の理解度や将来のライフプラン、子育て方針などを考えると近い感覚を持っている女性が良いからです。

高収入の男性はハードワークの人も多いので、仕事が忙しいことに対して理解ある女性を選ぶ傾向にあります。

仕事上の付き合いで帰宅が遅かったり週末も出かけたりするほか、出張などで家を長期間空ける場合もあります。家事や育児で絶対に男性にも協力して欲しいと思っている女性とは合わないでしょう。

男性に依存しないというのは、経済的にも精神的にも自立した女性を求めているとも言えます。例えば「幸せになりたい」と思っている女性は良いのですが「幸せにしてもらいたい」と思っている女性は高収入の男性にとって重荷だと感じるのです。

また、年収1000万円以上で金銭的に余裕のある男性だからと言ってお金の使い方が荒い女性は好まれません。高収入の人は、これ見よがしなブランド物などは避ける傾向にあります。

また、どちらかというと必要なものだけにしっかりとお金をかけ、それ以外の部分では慎ましい生活を送る人が多いです。デートの度に高級レストランに行くなど、いわゆるセレブな生活を夢見ている人はイメージが違うと感じるかもしれません。

4.年収1000万円以上の男性と結婚するための婚活方法

年収1000万円以上の男性と出会うためには、どのような婚活をすれば良いのか紹介します。

1.婚活アプリ・サービス

婚活の中でも、最も手軽で効率的に出会えると人気なのが婚活アプリです。高収入男性に特化した婚活アプリもあります。

  • 高収入男性に出会いやすい婚活アプリ
  • 東カレデート
  • ペアーズ

東カレデートのキャッチコピーは「アッパー層限定マッチングアプリ」で、登録者数は3万人以上です。男女比はほぼ半分ずつで、最も多く利用している年齢層は男女ともに25~29歳となっています。

男性会員の学歴は大卒以上が92%で、1000万円以上の年収を稼ぐ人の割合は47%です。

東カレデートでは利用登録の際の本人確認証明書のほかに、年収1000万円以上と登録した人を対象に年収証明書類の提出を依頼しています。年収を偽ることができないので信頼できるのがポイントです。

ペアーズは登録者数が1000万人を超える、日本最大級のマッチングアプリです。利用者が多ければ出会いのチャンスが増えます。

また、ペアーズは検索条件が豊富です。職種や年収、学歴など細かく絞って検索することであなたの理想の人と出会えます。

2.婚活パーティー

通常の婚活パーティーで年収1000万円以上の男性と出会うのは、とても難しいです。しかし、ハイスペックな男性だけを集めた婚活パーティーもあります。

ハイスペックな男性限定の婚活パーティーでは、事前に収入証明書や職業証明書などの提出が必要なものもあり、安心して参加することができます。

ほとんどが都市部で行われているので、居住地と仕事の兼ね合いで参加しにくい人もいるかもしれません。また、ドレスコードが設定されていることも多いので、ある程度は女性本人が自分にお金をかけて準備する必要もあります。

パーティーごとに集まる業種などが特定されている場合もあるので、年齢も含め、あなたの希望に合った男性が参加するものなのかを確認してください。

3.異業種交流会

異業種交流会とは、社会人になって仕事関係の人としか交流がなくなってしまった人が人脈を広げるために集まっている会です。ビジネス面で大きなメリットがあり、さまざまな人が参加しています。

参加費は5000円程度、参加する年齢層は20代〜60代までさまざまです。男女比はコンセプトごとに変わってきますが、美容やファッション関係だと女性が多数、それ以外では男性多数です。

異業種交流会は婚活パーティーではないので、既婚者ばかりになることもあります。どのような人が集まる傾向にあるのか、事前に主催者に問い合わせてください。

また、参加の際の注意点として、婚活や恋愛目的だけで参加すると周囲から浮いてしまうという点です。ビジネス面での交流会で、運が良いと出会えるというような意識が必要です。

4.結婚相談所

結婚相談所の大きなメリットはサポート体制です。ネットを介したマッチングアプリなどはあなたが自分で進めていく必要がありますが、結婚相談所では専任のアドバイザーにより手厚いサポートを受けられます。

また、婚活は1人での戦いで寂しいといいますが、結婚相談所なら担当者と相談しながら進められるのもポイントです。相手に直接は言いにくい細かい条件や、お断りの連絡を頼むこともできますし、会ってみないとわかりにくい印象などを結婚相談所を通して知ることもできます。

5.年収1000万円以上の男性と結婚したい女性におすすめの本

年収1000万円以上の男性と結婚したい女性に、ぜひ読んでほしい本を3冊紹介します。

1.崖っぷち女子が年収1000万円超の男性と結婚する方法

婚活コンサルタント兼ファイナンシャルプランナーのひろんさん。

1度目の結婚で億万長者との結婚をしたものの離婚をし、お金があるだけでは幸せになれないと実感しました。

その後、自分磨きなどの努力を重ね、年収1000万円以上の男性と結婚します。

本の中ではどんなことをするのが良いのか、どこで出会えるのかなどを冷静に研究してあるのがポイントです。

また、誰にとっても難しい「最初の一言」をいくつか実例で紹介してあります。男性に話しかけるのが苦手な人は参考にしてみてください。

2.年収1000万円の男と1カ月で出会い、6カ月で結婚する方法

結婚式場の取材から婚活に興味を持ち始めたライターの妻沼佐織さん。

多くの結婚相談員から出会いややり取りのコツ話を聞いてわかった、婚活を始めてから1ヶ月で出会い、6ヶ月で結婚する方法をまとめて紹介しています。

最近の婚活ではデータ分析は必須です。出会いの場所や交際のポイントの分析結果を載せており短期決戦型の婚活を成功をサポートしてくれます。

3.なぜ、彼女ばかりがハイスペ男子に選ばれるのか? 今度こそ、あなたの恋愛がうまくいくたった1つの方法

ハイスペ男性との出会いについて書かれたブログが人気の「ハイスペ男子総合研究所」所長・吉沢詩乃さんの本です。

年収1000万円以上の男性100人以上を調査し、恋愛観や結婚観のほかどのように生活をしたいのか、なども調査・研究しています。

婚活や恋愛中のモチベーションについても書いてあるので、婚活で自信がなくなってしまった時に読むのもおすすめです。

6.年収1000万円以上の男性を条件に婚活・結婚した人の体験談

Aさん……条件が多いなら若いうちから
20代で本気の婚活を始めたAさんは、年収1000万円以上だけでなく同居なしなどいくつか条件がありました。

条件が多すぎることはわかっていたので結婚相談所を使って若いうちに婚活をし、40代の男性と結婚しました。

Bさん……婚活アプリで出会ったけれど、結婚には至らず
婚活アプリで年収1000万円以上の男性と出会ったBさん。何度かデートを重ねたところ、価値観、特に金銭感覚の違いに戸惑いを覚えました。

Bさんの実家はそこそこ裕福な家庭ですが、堅実な生活をするタイプ。しかし出会った男性は収入も多いですがお金の使い方が派手でほとんど貯金はない人でした。

将来の結婚生活が不安だということで、結婚には至りませんでした。

まとめ.年収1000万円以上の男性と結婚するには積極的に動くことが大切

最後に重要な項目をおさらいしましょう。

年収1000万円以上の人の割合……国民全体の5%

年収1000万円以上の男性の職業

  • 医者・歯医者
  • 弁護士
  • 会計士
  • 金融業
  • 保険業
  • 外資系企業
  • 商社
年収1000万円以上の男性から結婚相手に選ばれる女性の条件

  • 高学歴・知的
  • 仕事が忙しいことに理解がある
  • 男性に依存しない
  • 倹約家
年収1000万円以上の男性と結婚するための婚活方法

  • 婚活アプリ……東カレデート、ペアーズ
  • 婚活パーティー
  • 異業種交流会
  • 結婚相談所

年収1000万円以上の男性は割合が少ない上に多くの人が狙っています。待っていても出会うことすら難しいです。

高収入の男性と結婚したいのなら、どのような女性が選ばれているのかリサーチし、出会える場所に積極的に顔を出すようにしてください。

早く婚活を始めれば、それだけ有利になることも覚えておいてください。

関連記事

  1. 夏休み旅行!夏におすすめの観光スポット

  2. 目的別!カップル旅行人気観光地ランキング

  3. ダイエットサプリ効果!成分・口コミまとめ

  4. 既婚者合コンとは?傾向と開催方法を解説

  5. 太ももを細くする!おすすめダイエット方法

  6. 女性の角オナ!やり方や注意点をチェック

  7. レズビアンの出会いを徹底調査!リアル&ネットで出会う方法やコツ

  8. ダイエット合宿・ファスティング施設8選