鍋ダイエットの効果!やり方・レシピ本特集

鍋はダイエットに良いイメージがありますが、レパートリーが少なく、すぐに飽きてしまいそうですよね。

この記事では、鍋ダイエットに向いている具材の紹介や注意点などを解説。また、レパートリーが増やせるおすすめレシピ本についても紹介します。

1.鍋がダイエットにおすすめの理由・効果

鍋による食事を摂る利点として、まずバリエーションが豊富というのが挙げられます。レシピを自在に変えられるというのは、ヘルシーな食材で痩せることも可能でもあります。

ダイエットが失敗しやすい要因のに、「同じものばかりを食べ続けて飽きる」というのがあります。どれだけ低カロリーでダイエットに適した食材であっても、同じものばかりを摂取し続けていては、人間の脳が拒否反応を起こしやすくなるのは間違いないでしょう。
しかし鍋であれば、毎回内容を変えるのが簡単。飽きずに楽しく続けられるため、鍋でのダイエットは成功率が高いのです。

味噌汁ダイエット!方法・作り方まとめ

2.鍋ダイエットのやり方

鍋ダイエットのやり方は、まず一週間のメニューをどう組むか考えるところからスタートしましょう。鍋のレパートリーが決まれば、買いそろえるスープや具材が決定します。あとは、それらを購入するだけ。野菜をカットするなど準備さえ整えておけば、鍋は熱するだけですぐに調理できます。
洗い物が少ないなど、鍋ダイエットのメリットは多数あり。負荷が小さいダイエット方法ほど、成果が上げやすいのは確かです。

3.鍋ダイエットに向いている食材・向いていない食材

鍋ダイエットに向いている食材は

  • 野菜
  • キノコ類
  • 魚介類

などとなります。

タンパク質の摂取はした方がいいのですが、脂質の摂りすぎには注意が必要

お肉を入れた鍋は美味しいですが、見過ごしてはいけないのが「何の肉を入れるのか?」です。おすすめは鶏むね肉。低カロリー高タンパクのため、ダイエットにしばしば用いられる食材。とはいえ「鶏のむね肉はパサパサしてるし食感が苦手……」という人がいるかもしれません。

鶏むね肉は、鍋で煮込む前に酒と塩を揉みこむなど、工夫を凝らすことで一気に食べやすくなります。ゆでる時間を調整することで、柔らかい状態のまま食すことも可能。鶏むね肉はダイエッターの強力な味方ですので、ぜひ積極的に食べてくださいね!

4.鍋のダイエット効果をさらに上げる方法

鍋のダイエットの効果を強く実感したいのであれば、筋トレを週に3回前後の頻度で続けるのを推奨します。鍋での栄養摂取をしながら運動をするというのは、お相撲さんも実践しているほど高い効果があります。

  • 栄養摂取
  • 運動

はダイエットにおける二大重要要素。

痩せたいのならどちらか一方のみを選択するより、双方を行うアプローチの方が痩せやすいのは言わずもがな。タンパク質をしっかり摂って、筋トレを行えれば筋肉が増加。筋肉量が増えると、基礎代謝も比例して増えるため、おのずと痩せやすい体になるというわけですね。

5.鍋ダイエットの注意点

鍋ダイエットの注意点は、ずばり食べ過ぎないこと。食べるのが好きな人ほど、鍋にはまってしまい「気づいたら高カロリーの鍋を食べ続けていた……」と、なりかねません。

人間の脳には報酬系と呼ばれる部位があり、こちらが刺激されるとドーパミンなどの快楽物質が分泌。実は人が「美味しい」と感じるものほど、高カロリーであることも少なくありません。報酬系を強く刺激するものとして

  • 甘味

が挙げられます。

すき焼き鍋は、美味しい分「甘味+脂」の報酬系を刺激する物質のダブルコンボの為、頻繁に摂取し続けるとダイエットは失敗に終わってしまいかねません。

霜降り肉などの、ぜい肉になりやすいものではなく赤身にするなど、工夫をこらえるだけで、摂取カロリーを減らせます。くれぐれも美味しすぎる鍋にはご注意を。

またアルコールが入ると、前頭葉という理性を司る部位の機能が低下しやすくなります。素面であれば自制できていたのに、晩酌をしながら鍋を食べていると、ついつい食べ過ぎてしまうことも。「お酒は最初の一杯のみにしよう」など、自らルール決めしておくといいでしょう。

6.飽きるを防ぐ!鍋ダイエットのレパートリーを増やせるおすすめレシピ本7選

鍋ダイエットのレパートリーを豊富にするレシピ本を紹介しましょう。

  • 鍋ダイエットのレパートリーを豊富にするレシピ本を紹介しましょう
  • レンチン小鍋で! 太らない夜遅レシピ ― 電子レンジ&オーブンで使える特製レンチン小鍋つき
  • まいにち小鍋 毎日おいしい10分レシピ
  • 減塩&低カロリーのダイエット鍋 おいしくて大満足!
  • 切るだけ! 煮るだけ! おいしく糖質カット ラクしてやせる!ゆる糖質オフのダイエット鍋
  • やせ鍋(主婦の友生活シリーズ)
  • ケトン体UP! 食べてやせる まんぞく鍋
  • クックパッドのおいしい 厳選! 鍋レシピ

上記7冊について解説します。

1.レンチン小鍋で! 太らない夜遅レシピ ― 電子レンジ&オーブンで使える特製レンチン小鍋つき

2019年11月上旬に発売された『レンチン小鍋で! 太らない夜遅レシピ ― 電子レンジ&オーブンで使える特製レンチン小鍋つき』。こちらの書籍は好評を博し、発売から一年足らずで50近いAmazonレビューを獲得。

賛否分かれるダイエット本も少なくない中、「買ってよかった」「これはいい」「簡単、ヘルシー、片付け楽チン」など、賞賛の声が確認できました。

嬉しいのは書籍にオリジナル小鍋がついている点でしょう。こちらのレンチン小鍋さえあれば、夜遅く帰っても手間なく美味しく鍋を作れます。折りたたむことができコンパクトに収納することができますので、かさばりません。

2.まいにち小鍋 毎日おいしい10分レシピ

人気料理家の小田真規子さんが、小鍋に特化したレシピを記したのが『まいにち小鍋』。本の帯に書かれているとおり、365日食べたとしても飽きないレシピがたくさん掲載されています。

第1章では、『帰って10分でポッカポカ! 定番鍋』と題して、手間いらずですぐに作れる鍋レシピの情報が書かれています。第2章の『「家飲み」にぴったり! おつまみ鍋』では、お酒好きの人に向けた鍋レシピ情報が満載。

他にも疲労回復させたい人を対象とした『薬膳ヘルシー鍋』などもあります。章の間に挟まれている小田真規子さんのコラムも「ためになる!」と好評。一人暮らしの人は、この本が一冊あれば冬を乗り切り痩身になれるでしょう。

3.減塩&低カロリーのダイエット鍋 おいしくて大満足!

栄養士で料理研究家の今泉久美さんが、「どうすれば健康的に痩せられるのか?」という視点から記したダイエット本。現代人はともすれば、塩分を過剰に摂取してしまいがち。塩分の多い食生活を続けていると血圧が上がり、脳卒中や心臓病のリスクが高まります。

理想のプロポーションを手に入れられたとしても、体調を崩してしまっては意味がありません。健康状態を良好に保ちつつ、ダイエットを成功させたい人はぜひ『減塩&低カロリーのダイエット鍋 おいしくて大満足! 』を購入しましょう。

4.切るだけ! 煮るだけ! おいしく糖質カット ラクしてやせる!ゆる糖質オフのダイエット鍋

料理研究家で編集者の柳澤英子さんが手掛けた『切るだけ! 煮るだけ! おいしく糖質カット ラクしてやせる!ゆる糖質オフのダイエット鍋』は、50代以上のダイエッターにおすすめ。

柳澤さん自身が、73kgから47kgまで痩せた経験を持ちます。しかも26kg痩せた年齢が52歳というのだから驚き!

総体的に年齢を重ねるほど、代謝が落ちるため太りやすくなります。しかし糖質を控えることで、健康状態を保ちながら痩せることは50代を超えても可能だということを柳澤さんが、身を持って証明してくれました。柳澤流ダイエットに興味津々の人は、ぜひお買い求めあれ!

5.やせ鍋(主婦の友生活シリーズ)

シンプルな本のタイトル『やせ鍋』は、その名のとおり痩せるための鍋について深堀した書籍。主婦の友社から出版されています。

医師の今野裕之さんが監修を務めているこちらの本は、1,000円出せばお釣りがくるリーズナブルなムック本。「なるべく糖質を控えつつ鍋を楽しみたい!」と思う人に推奨したい一冊です。

6.ケトン体UP! 食べてやせる まんぞく鍋

近頃よく耳にするようになった「ケトジェニックダイエット」。しかし、まだケトン体、ケトジェニックという言葉になじみがない人がいるかもしれません。

ケトン体とは、脂肪の合成や分解における中間代謝産物で、カルボニル基(>C=O)と、ふたつの炭化水素基(R-)が結合した化合物のこと。体内にケトン体を意図的に作りだし、エネルギー源として利用する方法をケトジェニックダイエットと呼びます。

もう少しかみ砕いて説明しましょう。我々の体はブドウ糖をエネルギーに動いています。体内のブドウ糖が足りなくなると、蓄積されている脂肪が燃やされます。脂肪の燃焼時に生成される燃えかすこそが、ケトン体なのです。ケトン体が増えるほど、ダイエット効果がアップ。

糖質制限をすることで、ケトン体を増やせます。ケトン体をエネルギー源にしている状態を、ケトーシスと称します。長期的にケトーシスが続けば、体はおのずとスリムになり体脂肪も低下していくでしょう。

前置きが長くなりましたが、医学博士であり医学研究所の所長を務める白澤卓二さんの書いた『ケトン体UP! 食べてやせる まんぞく鍋』は、鍋を食べながらケトジェニックダイエットを実践したい人に推奨したい一冊。わずか605円(税込)で買えるため、「お財布に優しい本」といえます。

7.クックパッドのおいしい 厳選! 鍋レシピ

料理を愛する人の間で広く知れ渡っているクックパッド。そんなクックパッド株式会社が、満を持して出したのが『クックパッドのおいしい厳選!鍋レシピ クックパッドのおいしい厳選!レシピ』です。

230万を超える膨大な料理から、一押しの鍋レシピを厳選。その数何と70品以上。これだけの鍋レシピがあれば、飽きることもないでしょう。まさに選り取り見取りといえる鍋レシピ本です。

まとめ カロリーが低くて栄養価の高い鍋はダイエットにおすすめ

最後に重要な情報をおさらいしましょう。

  • 鍋ダイエットのレパートリーを豊富にするレシピ本を紹介しましょう
  • レンチン小鍋で! 太らない夜遅レシピ ― 電子レンジ&オーブンで使える特製レンチン小鍋つき
  • まいにち小鍋 毎日おいしい10分レシピ
  • 減塩&低カロリーのダイエット鍋 おいしくて大満足!
  • 切るだけ! 煮るだけ! おいしく糖質カット ラクしてやせる!ゆる糖質オフのダイエット鍋
  • やせ鍋(主婦の友生活シリーズ)
  • ケトン体UP! 食べてやせる まんぞく鍋
  • クックパッドのおいしい 厳選! 鍋レシピ

上記7冊となります。

肌寒くなってきたシーズンは鍋ダイエットをするのに絶好!

体の内側からポカポカ温まる鍋を、毎日食べて健康的に痩せましょう。最近はYouTube動画を見て、ダイエットにチャレンジする人も少なくありません。しかし、いつでもどこでも目を通すことができる書籍の存在もあなどれないもの。

もし今回、紹介した書籍の中で「これは買ってみたい!」と思えるものがあれば、購入して手元に置いておいてくださいね。鍋は家族で食べられるメニューのため、「最近、みんな太りつつあるな~」と感じているご家庭では、家族全員で楽しく鍋ダイエットに挑戦してみるのも楽しそうです。

関連記事

  1. テーマ別!カップルにおすすめの旅行先特集

  2. 冬の国内旅行!おすすめ人気スポット10選

  3. 40代!痩せない理由とおすすめダイエット

  4. 【夢占い】手を繋ぐ夢を見る心理と暗示するの意味12選!

  5. 温泉旅行におすすめ!人気のホテル・温泉宿

  6. お嬢様とは?一度は憧れる!女子力が高いお嬢様の特徴

  7. 海外の人にも!日本旅行でおすすめの観光地

  8. 365日分の誕生石!宝石言葉と意味一覧