ホットケーキが太る理由と太りにくいホットケーキレシピ【製菓衛生士監修】

ホットケーキが太る理由と太りにくいホットケーキレシピ【製菓衛生士監修】

柔らかくてフワフワのホットケーキ。

昔ながらの喫茶店や、オシャレなカフェでも大人気のスイーツです。

ですが、ホットケーキを何も考えずに食べてしまうと、太る原因となってしまいます。

今回はダイエット中にホットケーキを食べる際に気を付ける点や、家で簡単に作れるダイエット向きのホットケーキレシピをご紹介します。

ホットケーキと上手に付き合って、つらいダイエット生活を乗り切っていきましょう。

 

この記事のポイント

  • ホットケーキはトッピングや組み合わせに気をつける
  • ダイエット向きのホットケーキは簡単に手作りできる
  • ヘルシー食材でかさ増ししたホットケーキがおすすめ
  • 一緒に食べるものや飲み物で、ホットケーキのウィークポイントをカバー
やまもとまこプロフィール
ライター/やまもと まこ 製菓衛生士

長年、製菓衛生士として菓子作りや商品開発に従事。数年前に一念発起し進学した大学院で、自分の考えや獲得した情報をアウトプットする大切さを実感。同時に、自分の持つ情報を発信することに関心を持ち、ライター業を開始する。現在は製菓衛生士の現場感覚を大切に、菓子づくりや製菓業界に関するさまざまな情報を発信中。

noteはこちら 

Instagramはこちら

1.ホットケーキが太る理由

ホットケーキが太る理由

まずは、ホットケーキが太る理由を解説していきます。

もちろんホットケーキに限らず、甘いお菓子の食べすぎはダイエット中のNG行為。

摂取カロリーがあっという間に跳ね上がり、消費カロリーを上回ることで、太りやすくなってしまいます。

そんな中でも、ホットケーキにはその特徴ゆえに太りやすい理由があるんです。

ここからはホットケーキの特徴に焦点を当て、その理由を解説していきます。

  • トッピングが高カロリー
  • フワフワと軽いので、つい食べ過ぎてしまう

1-1.トッピングが高カロリー

ホットケーキの相棒と言えば、とろけるバターとたっぷりかけた甘いシロップですよね。

オーソドックスなホットケーキだと、ほとんどの方がこの組み合わせを想像すると思います。

また最近では山盛りのホイップクリームが添えてあるものなど、ホットケーキの高カロリー化が進んでいます。

こんなホットケーキを食べればあっという間にカロリーオーバー。

太りやすくなるのは当たり前です。

ホットケーキ自体のカロリーに加え、トッピングが高カロリーであることが、ホットケーキが太ると言われる一番の理由だと考えられます。

1-2.フワフワと軽いので、つい食べ過ぎてしまう

ホットケーキはフワフワと軽い口当たりが魅力。

しかし、そのフワフワ感が食べ過ぎてしまう原因となってしまいます。

カフェや喫茶店で、何枚も積み上げられたホットケーキにびっくりしたものの、案外ペロリと食べられてしまった、なんて方も多いと思います。

一枚当たりのカロリーは大したことがなくても、たくさん食べればカロリー摂取が多くなるのは当然。

口当たりの軽さに油断して食べ過ぎてしまうのが、ホットケーキの太りやすい理由と言えるでしょう。

2.ダイエット中にホットケーキを食べたい時は手作りがおすすめ

ダイエット中にホットケーキを食べたい時は手作りがおすすめ

ホットケーキが太る理由は分かったけど、ダイエット中だってホットケーキが食べたい!

そんなホットケーキ愛好者におすすめするのが手作りホットケーキです。

ここからは、その理由を解説していきますね。

  • 余分なカロリーをカットできる
  • 不足しがちな栄養素をホットケーキにプラスできる

2-1.余分なカロリーをカットできる

手作りなら、ホットケーキの気になる糖質や、脂質を上手にオフすることが可能です。

トッピングも自由自在、作る量も自分好みに調節できます。

ホットケーキを食べたいけど、カフェなどのたっぷりサイズのホットケーキは多すぎると思っている方にもおすすめです。

そしてどんなホットケーキレシピでも、焼く際にテフロンやマーブル加工のフライパンを使えば焼く際の油が不要。

レシピがどんなものであっても、これだけで簡単にカロリーオフできてしまうのが手作りの魅力です。

2-2.不足しがちな栄養素をホットケーキにプラスできる

どうしても糖質や脂質に偏りがちなホットケーキも、手作りすればその他の栄養素がプラスできます。

どんなに頑張ってもカロリーゼロのホットケーキは不可能。

それなら、不足しがちな栄養素もばっちり摂れるものを作りましょう。

少しのカロリー差を気にして何も食べられなくなるくらいなら、栄養素もしっかり摂れる、なるべく低カロリーなホットケーキを選ぶ。

この選択を可能にするのが手作りの強みです。

クッキーも手作りすれば太りにくいおやつに!以下の記事をぜひ参考にしてください↓

3.太りにくいホットケーキのレシピ

太りにくいホットケーキのレシピ

ここからは製菓衛生士である筆者がおすすめする、手作りホットケーキのレシピを皆さんにシェアします。

ご紹介するレシピは、市販のホットケーキミックスを活用しています。

ホットケーキを作ったことが無い初心者さんでも失敗が少なく、安心して作ることが出来ますよ。

その代わりホットケーキミックスの使用量を抑え、ヘルシーな食材でかさ増ししました。

不足しがちな栄養素もなるべく取れるような食材を選んでいるので、ぜひ真似してみてくださいね。

  • おからのもちもちホットケーキ
  • 優しい甘みのかぼちゃホットケーキ

3-1.おからのもちもちホットケーキ

おからのもちもちホットケーキ

※画像はイメージです

おからを使ったお菓子はなんだかパサパサしそう…

そう思って敬遠している方も多いのではないでしょうか。

ですが、アツアツを食べるホットケーキなら、心配は無用。

もちもちとした食感でとても食べやすいですよ。

またおからはタンパク質や食物繊維が豊富。

筋肉作りをサポートするとともに、便秘になりやすいダイエット中の強い味方です。

もしシロップをかけるなら、メイプルシロップがおすすめです。

ミネラルやカルシウムが豊富なので、ダイエット中に不足しがちな栄養素を補うことができますよ。

【材料】

  • 生おから 80g
  • ホットケーキミックス 150g
  • 卵(Mサイズ) 1個
  • 牛乳(豆乳でもOK) 150g

(仕上げ)
メイプルシロップ お好みの量

【作り方】

  1. ボウルにおから、卵、牛乳を入れ、しっかり混ぜる
  2. 1にホットケーキミックスを入れ、混ぜる
    ※ホットケーキミックスを入れたら混ぜすぎない
  3. 予熱したフライパンにお好みのサイズで生地を流し、弱火で両面焼いたら完成!

3-2.優しい甘みのかぼちゃホットケーキ

優しい甘みのかぼちゃホットケーキ

※画像はイメージです

かぼちゃは糖質が多めですが、そのデメリットを補って余りあるほどの栄養豊富な食材です。

β‐カロテンをはじめ、免疫力アップや老化防止に役立つビタミンA、ビタミンC、そしてビタミンEが含まれています。

かぼちゃの皮にも栄養素が豊富に含まれていますので、今回は角切りの皮つきかぼちゃも生地に加えました。

かぼちゃの優しい甘さをプラスした、栄養満点なホットケーキです。

【材料】

  • かぼちゃ①(生地用) 80g
  • ホットケーキミックス 150g
  • 卵(Mサイズ) 1個
  • 牛乳 100g
  • かぼちゃ②(角切り用) 80g 

【作り方】

  1. 生地用のかぼちゃ①は種と皮を取り、火が通りやすいように2㎝ほどにカット
  2. 同様に、角切り用のかぼちゃ②も皮ごと2㎝ほどの角切りにする
  3. どちらのかぼちゃも一緒に耐熱ボウルに入れて、芯がなくなるまで加熱する
  4. 生地用のかぼちゃ①を熱いうちに裏ごしし(潰すだけでもOK)、あら熱を取る
  5. 裏ごししたかぼちゃに少しずつ牛乳を入れ滑らかなペースト状にする
  6. 4に卵も入れてしっかり混ざったら、ホットケーキミックスを加える
    ※ホットケーキミックスを入れたら混ぜすぎない
  7. 生地に角切りのかぼちゃ②を入れ、さっくり混ぜる
  8. 予熱したフライパンに生地を流し、弱火で両面焼いたら完成!

甘いものがやめられない人に!おすすめのダイエットスイーツレシピを紹介しています↓

4.太らないようにホットケーキと一緒に摂りたい食べ物・飲み物

太らないようにホットケーキと一緒に摂りたい食べ物・飲み物

せっかくホットケーキのカロリーや栄養素をコントロールしたなら、一緒に食べる飲み物や飲み物にもこだわりましょう。

ホットケーキと一緒に摂りたいおすすめの食べ物や飲み物は以下の通りです。

  • たっぷりのサラダ
  • ヨーグルト
  • 無糖の紅茶

4-1.たっぷりのサラダ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kururi(@ku.ru.26)がシェアした投稿

ホットケーキ=お菓子という考えを捨てて、パンのようにたっぷりのサラダと一緒に食べたってOKです。

サラダは食物繊維やビタミン、ミネラルなどが豊富で、ホットケーキを単体で食べる時に不足しがちな栄養素を補ってくれます。

またサラダを先に食べれば、血糖値の急激な上昇を抑えることができ、太りにくくなる効果が期待できます。

今回ご紹介したレシピはどれも甘さが控えめなので、サラダをはじめ、卵料理などとも相性抜群。

ワンプレートランチのように一緒に盛り付ければ、栄養バランスの取れた朝食やブランチとして食べられますよ。

4-2.ヨーグルト

次におすすめしたいのがヨーグルト。

ヨーグルトは腸内環境を改善する善玉菌が豊富なので、便秘になりやすいダイエッターの強い味方です。

ヨーグルトはシロップの代わりにソースとしてかけて食べるのがおすすめ。

自分好みの甘さに調節してホットケーキにかければ、サッパリとした美味しさが楽しめます。

4-3.無糖の紅茶

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小野寺 孝(@takashionodra)がシェアした投稿

ホットケーキを食べる時におすすめの飲み物は、無糖の紅茶。

空腹時の甘いお菓子は血糖値を上げ、インスリンの分泌を促します。

インスリンは消費されずに余った糖を脂肪に変換してしまう機能を持つので、血糖値を急に上げると太りやすくなってしまうのです。

ですが、紅茶には血糖値の上昇を抑える紅茶ポリフェノールが多く含まれています。

無糖の紅茶をホットケーキのお供にすれば、気になる血糖値の面もカバーすることができますよ。

5.まとめ:手作りホットケーキで美味しくダイエット

まとめ:手作りホットケーキで美味しくダイエット

カロリーコントロールがダイエットの効果を高めることは確か。

ですが、同じくらいダイエット中に大事なのがメンタルコントロールです。

我慢した結果、バターやシロップたっぷりのホットケーキを求めてカフェに走ってしまっては、せっかくの努力が台無し。

それよりも、どうやってダイエットにホットケーキをはじめとしたスイーツを取り入れていくかを考えましょう。

そんな時におすすめなのが手作りホットケーキ。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

  • 手作りホットケーキは簡単にカロリーをオフできる
  • 不足しがちな栄養素をプラスしたホットケーキで健康的にダイエット
  • ホットケーキを食べる時は一緒に摂る食べ物や飲み物にも気を遣う

美味しくヘルシー、そして栄養豊富なホットケーキはダイエットの強い味方。

今回ご紹介したレシピを活用して、ぜひダイエットを成功させてくださいね。

美味しくてダイエットの味方!手作りスイーツを他にも紹介しています↓

関連記事

  1. ダイエット中のフルーツの選び方・摂り方

  2. ダイエット中のお酒の飲み方とつまみレシピ

  3. ダイエットで痩せない人の10の特徴と対処法

  4. ダイエット中におすすめのチョコレート6選

  5. ヨガで痩せる?ヨガのダイエット効果を検証

  6. ダイエット中の料理!選び方や作り方は?

  7. ダイエット中におすすめの朝食メニュー

  8. おすすめ人気ダイエット動画!総まとめ

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本