【検証】結局勝つのは「おもしれー女」なのか? 〜前編〜

 

「ふーん、おもしれー女。」

 

これは、たった今、シンデレラストーリーが始まったことを告げるゴングの音である。

 

同時に、確約された勝利を祝う鐘の音でもある。

 

 

一見冴えない平凡な女子が、ある出来事を通して「おもしれー」認定をされたことをきっかけに、学校一モテる男子から寵愛を受けることになる。

 

少女漫画お約束の展開だ。

 

一度「おもしれー女」認定されたヒロインが悲劇的な末路をたどることはまずない。

 

恋愛関係おいて、「おもしれー」フィルターのかかった女は、いわばスター状態だ。

 

何があっても絶対にうまくいく。無敵なのだ。

 

そもそも「おもしれー女」なくして物語は進まない。

 

この世界は「おもしれー女」によって回っているのだ。

 

 

それにしても、誰もが羨む激モテ美女が、見下しているちんちくりん女に惨敗し、打ちひしがれる姿はいつ見ても痛快である。

 

いつかの屈辱、無念、苦い思い出が洗い流されるような気分になる。

 

「おもしれー女」とは、あらゆる恋愛で敗北、自滅を繰り返し、自信喪失しきった我々非モテ女たちの夢であり、希望の光なのである。

 

しかし、これはあくまで少女漫画の世界―モテない女がモテない女のために都合よく歪めた理想の世界 の話である。

 

では、モテない女にとことん冷たいこの現実世界で、激モテイケメンが激モテ美女を差し置いて「おもしれー女」を選ぶなんてことはありうるのだろうか。

 

長年非モテサイドの人間として生きてきた筆者は、この問いを立てるやいな、じんわりと絶望感に包まれていくのを感じた。

 

なぜなら、当たり前の話だが、激モテイケメンに愛されたことも、激モテ美女に勝てたことも、一度だってないからだ。

 

というか、勝負しようと思ったことすらない。

 

全て不戦敗である。

 

そもそも「激モテ美女が目をつけるような男性」を好きなること自体あってはならない。おこがましい。

 

そう言い聞かせてきた。

 

 

逆に言えば、まだ完全に打ち負かされたことは一度もないのだ。

 

その消極的な自信ただ1つによって、今の私は保たれている。

 

 

しかし、本当にこのままで良いのだろうか。

 

いいな、と思った人を素直に好きになりたい。

 

自由に恋愛がしたい。

 

自信を持ってアプローチしたい。

 

 

 

ならば、残された道はただ一つ。

 

やはり「おもしれー女」になるしかないのだ。

 

勝てるか勝てないか、ではない。

勝つ方法を見つけようじゃないか。

 

 

…と、熱が入りすぎてネットワークビジネス勧誘サイトのテンプレみたいになってしまったが

 

そんなわけで筆者は、全国のモテない女たちの希望を背負い、人生逆転劇の第一歩を踏み出したのであった。

 

関連記事

  1. 一流だったらなんばもスマートに!気になる美女を落とせる小洒落たなんばデ…

  2. 【閲覧注意】「都合のいい女」と「本命になれる女」の決定的な違い

  3. 気になる美女とのチャンスを逃さない!新宿の技ありデートコース

  4. 男は正常位の時は足の長さを見ている!?SEXの時に注目する体のパーツ4…

  5. 婚活NG発言集!「休みの日は何してる?」「料理はする?」がNGな理由と…

  6. 田中みな実は何故ぶりっ子キャラから女性の憧れ的存在になったのか分析

  7. 【渋谷横丁】2020年OPENの出会いの場!新たなナンパスポットの誕生…

  8. <グルメ激戦区の名店が集結!>麻布十番で外さない雰囲気の良いグルメ