ダイエット中におすすめのドレッシング8選

ダイエットをしているけれどもなかなか痩せないことってありますよね。もしかしたらドレッシングを使っていませんか?

野菜に掛けるだけで美味しくなる魔法の調味料ドレッシング。しかし実はダイエットをする方にとって大敵なのです。

今回はダイエット中におすすめできるドレッシングの紹介や手作りのドレッシングの方法をお伝えします。

1.ダイエット中はサラダのドレッシングに注意

ダイエット中は栄養不足に陥りがちなので野菜をきちんと食べないといけません。そこで活躍するのがドレッシングですがちょっと待ってください!ドレッシングを安易に使うのはダイエットの成功を遠ざけていますよ。

ドレッシングは油とお酢をベースに作られており、思いのほか油を使っています。油は1gで9kcalもあり、10g摂取すれば90kcalになってしまいます。大さじ1杯15gですから注意しないといけません。

野菜を食べているから痩せられるイメージを持ちやすいですがドレッシングをかけすぎる、ダイエットに向いていないドレッシングを使っているのはアウトです。

ダイエット停滞期中のチートデイとは?

2.ダイエット向きのドレッシング・ダイエットに不向きなドレッシング

ダイエットに向いているドレッシングは低カロリー、低糖質のものです。ドレッシングのカロリーの大半は油からくるものですから、いわゆるノンオイルドレッシングがもっとも適していると言えるでしょう。

しかし、ダイエットしているからと言って油をまったく摂取しないのも問題です。油、いわゆる脂質は体にある細胞を活性化するために必要です。車で言うところのガソリンと思っていただいて結構です。ガソリンがなければ動かすことはできません。ダイエット中の食生活の中で油をあまり摂っていない場合はドレッシングのカロリーは気にしなくてもよいでしょう。

そしてダイエットにもっとも向いていないドレッシングは炭水化物の量が多く、カロリーも高いものになります。炭水化物はいわゆる糖質にあたりますが、体の中で余った糖質は脂肪になります。ダイエットをする人にとっては憎き敵です。ドレッシングの中には砂糖を使用しているのもあるので注意してください。

3.ダイエット向きのドレッシングを選ぶときは炭水化物量とカロリーをチェック

徹底したダイエットをするならば炭水化物量とカロリーをチェックしたほうがいいでしょう。脂質をどうとるかは食生活によるので難しいところ。傾向としては外食やお店で売っている弁当などが中心ならドレッシングはノンオイル系の炭水化物量が低いものをおすすめします。

自分で自炊していて油をあまり摂取していない、カロリー制限ではなく糖質制限のダイエットをしている方は炭水化物量だけを気にしてドレッシングを選びましょう。

4.ダイエット中はドレッシングを手作りするのもおすすめ

ドレッシングは思いのほか手軽に作ることができます。手作りドレッシングは作りたてだと香りもよくて美味しいのでおすすめです。

一般的なドレッシングの作り方は下記です。

  • 油とお酢を3:1の割合にする
  • マドラーなどで乳化(白っぽくなる状態)するまで混ぜ合わせる

たったこれだけ。

5分もあればできちゃいます。これにしょう油やコショウなど好みの味付けにするだけです。しかし、油の量が多いのが通常のドレッシングの問題点です。そこで油の量を自分で調整しましょう。そうすることでカロリーのコントロールもできます。

油とお酢の割合は1:1でも十分にドレッシングになりますが人によっては物足りなさも出てくる可能性があるラインです。摂取カロリーと相談しながら自身のベストを見つけてください。

5.ダイエット中におすすめしたいドレッシング8選

ダイエット中だからこそ栄養をきちんと摂取するために野菜を食べたいのでは?しかし、塩だけで野菜を食べるのは飽きてしまいますよね。

そこでダイエット中におすすめしたいドレッシングを8つ紹介させていただきます。

1.理研ビタミン「リケンのノンオイル 青じそ」

ドレッシングの多くは油を使っているために高カロリーになりがちです。しかし、「リケンのノンオイル 青じそ」なら油を使っていないので非常にヘルシーです。大さじ1杯で8kcal、炭水化物は1.4gですので安心しての使用が可能

青じその風味が心地よく、野菜もいいですがお肉やお魚に使ってもサッパリと食べられるのでおすすめです。

2.日清オイリオ「日清アマニ油ドレッシング こく和風」

油を使っているドレッシングですがアマニ油であることに注目していただきたいドレッシングです。実はアマニ油には中性脂肪の上昇を抑えたり、血行を良くして代謝を良くする効果があります。アマニ油はαリノレン酸という脂質があり、このαリノレン酸がダイエットに大きな効果をもたらしてくれるのです。

アマニ油を使った「日清アマニ油ドレッシング こく和風」は、溜まり醤油のコクとタマネギの甘みが合わさった和風テイストのドレッシングです。大抵の食材に合いますので普段使いに利用するといいでしょう。

気になるカロリーや炭水化物量ですが大さじ1杯で59kcal、炭水化物は1.3gです。使いすぎるとカロリー過多になる可能性がありますが通常のドレッシングの代わりに使えば問題ありません。

3.キューピー「ノンオイル梅づくし」

梅肉や梅酢を合わせたさっぱりとしていながら色々な料理や食材に合うのが「ノンオイル梅づくし」です。大さじ1杯で4kcal、炭水化物量は0.5gとノンオイルのドレッシングの中でも低カロリーであることが最大の魅力です。

大まかな原材料として梅やカツオブシエキスを使っていることがヘルシーである理由と言えるでしょう。

4.キユーピー「ジャネフ ノンオイルドレッシング 焙煎ごま」

キューピーからもう一つおすすめのダイエット用ドレッシングを紹介します。胡麻ドレッシングは多くの人が好きかと思いますがカロリーが高いのがネックですよね。しかし「ジャネフ ノンオイルドレッシング 焙煎ごま」なら大さじ1杯で6kcal、炭水化物量は0.9gととってもヘルシーです。

しかも、塩分も通常より50%もカットされている点に注目。塩分は摂り過ぎてしまうと体の中に水分を多くため込んでしまう性質があります。つまり、その分だけ体重が増えてしまうのです。塩を全く摂取しないのは問題ですが過度な塩分摂取を控えたい場合はこちらのドレッシングを使うといいでしょう。

5.エスエスケイフーズ「からだシフト 糖質コントロール シーザーサラダドレッシング」

シーザーサラダドレッシングもまた人気のあるドレッシングの一つでしょう。そんなシーザードレッシング好きにおすすめしたいのが「からだシフト 糖質コントロール シーザーサラダドレッシング」です。

チーズの旨味が効いているのはもちろんでダイエットの観点からも有用。なんと糖質を50%もカットされておりヘルシーに仕上がっています。大さじ1杯で59kcal、炭水化物量はなんと0.29gです。カロリーだけ見ると他のドレッシングと変わらないのはチーズの脂質が原因です。カロリー制限ダイエットをしている人は摂取量に注意しましょう。糖質制限をしている方には有用なドレッシングです。

6. 叙々苑「野菜サラダのたれ ごま風味」

焼肉で有名な叙々苑から出しているドレッシング「野菜サラダのたれ ごま風味」もおすすめです。大さじ1杯で91kcal、炭水化物量は0.8gとなっておりカロリーは今回紹介するものの中でもトップレベルです。しかし、炭水化物量が低いので糖質制限をしている方におすすめです。

何といっても、あの叙々苑のドレッシングで美味しいのが魅力です。ダイエットしていても美味しいものを食べたいのが素直なところではないでしょうか。野菜にもいいですが蒸し鶏や豆腐にも合うので試してください。

7.フンドーキン醤油「糖質&カロリー80%オフ和風ノンオイルドレッシング」

今回紹介するドレッシングの中でもっともヘルシーなドレッシングです。大さじ1杯で2kcal、炭水化物量は0.33gとなっており、脂質に至っては0gです。通常のドレッシングよりも糖質とカロリーを80%も抑えているのですからとってもヘルシーです。

あまりにもカロリーが低いと美味しいのか気になるところかと思います。かつお節と醤油の旨味と風味がマッチして、多くの食材に合いますので安心してください。青じその風味も相まってさっぱりと美味しくいただけます。

8.糖質制限ドットコム「糖質制限 サウザンアイランドドレッシング」

糖質制限の方のための食材や調味料、スイーツなどを販売している糖質制限ドットコムからもダイエット用のドレッシングが販売されています。その中でも「糖質制限 サウザンアイランドドレッシング」がおすすめです。

サウザンアイランドドレッシングはマヨネーズとトマト(もしくはケチャップ)を使った人気のドレッシングですが糖質が高いのがネックです。しかし、こちらのドレッシングでは糖質を74%もカットしています。大さじ1杯で35kcal、0.39gの糖質ですからとってもヘルシーです。

気になる味わいですがクリーミーさとコクがあり、マヨネーズをふんだんに使っているので美味しいです。野菜はもちろん鶏肉やハンバーグに使っても美味しいまさに万能調味料です。

まとめ ダイエット中はドレッシングの選び方が大切

ダイエット中のおすすめドレッシングやドレッシングの選び方などをお伝えしました。

改めてになりますが今回の内容をおさらいしましょう。

  • ドレッシングは油を多く使っているのでダイエット中は注意する必要がある
  • 一般的なドレッシングは油3に対してお酢1で作られている
  • 大さじ1杯(15g)なら90kcal近くのカロリーを摂取していることになる
  • ダイエットに向いているドレッシングはカロリーが低く、炭水化物量も低いのが無難
  • ダイエットに不向きなドレッシングはカロリーが高く、炭水化物量が多いものである
  • 5分ほどでドレッシングを手作りすることもできる
  • 油とお酢の割合を1:1にして乳化するまで混ぜればベースの出来上がり
  • 後は好みの味付けをすれば香り高いドレッシングとなる

以上となります。

ドレッシングと言っても多くの種類があり味わいもダイエットの向き不向きもそれぞれです。今回8つのドレッシングを紹介しましたので興味を持ったものはぜひ試してください。どれも美味しいドレッシングであり人気もあるのできっと気に入ること間違いなしです。

ダイエット中は揚げ物やお菓子を控えるなどのいわゆる目立つところに目が行きがちです。ドレッシングは何で作られているかも意外に知られてません。ダイエットをする方の意外な落とし穴になっています。

今回の内容でドレッシングに対する基礎的な知識は得られたので活用してダイエット成功させてください。

関連記事

  1. ダイエット停滞期中のチートデイとは?

  2. デートの場所が決まらない時の対処法10個とおすすめのデート場所を徹底解…

  3. ママ活の実態を解説!出会いや内容・稼げる額とは?

  4. 手相占いにおける「仏眼」の意味とは?

  5. 気持ちを伝えたい!感謝を意味する花言葉

  6. 男の子・女の子別!秋をイメージする名前

  7. 目的別!おすすめの出会い系サイト・アプリ

  8. お嬢様言葉!おすすめことばと使える表現