食事を記録するレコーディングダイエット!

ダイエットをしていても、うっかり何かを食べてしまったり、誘惑に負けて食べてしまうことがあります。ダイエット中は自分の食事を記録することがおすすめ。

この記事では、ダイエットにおすすめのレコーディングダイエットについてご紹介します。

1.食べたものを記録するレコーディングダイエットの効果とは?

人間という生き物は思いの外意志が弱いもので、痩せようと真剣に意気込む事があっても誘惑に負けてしまったり、無意識の内に物を食べてしまったりしている事があります。

太ってしまう理由は様々で、それこそ本人に非が無い原因で太ってしまう事もありますが、大抵の場合そもそも「本人の甘え」によって太ってしまっているために、「自制できるならそもそも太る事はない」とバッサリ切り捨てられる事もあるでしょう。

そこで大事なのが自身の行いをきちんと目に見える形で記録しておく事。明確に何をしたかが確認できる状態であれば、仮にダイエットに失敗してしまっても記録を振り返れば原因は明確になり、反省もしやすくなります。

いわゆるレコーディングダイエットと呼ばれるこの手法、記録をつけるという点からこまめに記録する事が苦手な人には効果が無かったり、三日坊主になって途中から記録を付けなかったり、そもそも記録自体を適当につけたりするような人には全く効果が無いと人を選ぶ方法ではありますが、逆にきちんとこなせる痩せる意志の強い方には効果的です。

効果としては前述した通り、記録をしっかりと残しておけば後から振り返って原因を確認したり、モチベーションを維持しやすくなります。記録が残るというのは重要で、人の記憶というものはわりと信用ならず、本人がちゃんと覚えていると確信していても間違っている事があったりします。

その点記録というのは一度きちんと残しておけば、誰かが改ざんでもしない限りは正しい情報として残り続けます。ダイエットにおいて効果がある行為や効果が無かった行為を、記録という確かな情報を元に判断できるというのが最大のメリットと言えるでしょう。

ダイエットにおすすめ!腹筋を鍛える方法

2.レコーディングダイエットの記録方法

実際にレコーディングダイエットを行う上でどのような記録を行えば良いのか、という点について解説していきましょう。

基本的に情報であれば全てで構わないのですが、そこまで膨大で細かい記録つけは普段から何かしら記録をつける癖があるような人でも無ければ長続きしないでしょう。

そのため、記録をつける事に対して慣れていない方は記録する情報をしっかりと決めておく必要があるでしょう。

1.口に入れたものはすべて記録する

まず記録上で最低限の必須事項は「食事」です。

朝昼晩の食事はもちろんの事、飲み物やちょっとした間食も含め、口に入れたものは全て記録しましょう。ちょっとした間食と言っても、お菓子などはカロリーや糖質が高く、それこそ食事一回よりも多いカロリーを摂取してしまっていたり、飲み物も水なら兎も角ジュースやお酒なんかはダイエットにおいては厳禁。

そういった意識外の飲食が痩せない原因になったりする上、記憶からも消えやすいため原因がわからなくなってしまうこともあります。だからこそ、「口入れたものは全て記録する」という徹底さが必要だと言えるでしょう。

2.運動時間や睡眠時間も記録する

次にダイエットにおいて重要な要素、運動や睡眠についても記録しましょう。

基本的に脂肪というものは溜め込まれたエネルギーであり、脂肪を減らすということはエネルギーを消費するということ。そしてエネルギーを消費するのに最も効率が良く、健康的な方法と言えば運動になります。

運動の程度にもよりますが、基本的には同じ程度の運動であれば運動時間が長い程効果が期待できます。しかし、いくら運動時間が長くても同じ量の運動を10分かけてやるのと20分かけてやるのでは大した違いにはなりません。そのため、運動時間だけでなくどんな運動を行ったのかも記録しておく必要があります。

そして睡眠時間。睡眠というものは実は身体作りに非常に重要な存在で、若い内であれば夜に寝ている時に分泌される成長ホルモンによって身体を作るために睡眠は必須であり、睡眠の質が悪かったり睡眠不足だと体調不良の原因となり、生理不順や血行不良などで美容にも悪影響が出てきます。

ダイエットにおいても睡眠が不十分であれば食欲がわきやすくなるとされており、更にホルモンバランスが崩れる事で甘いものを食べたくなってしまい、結果として我慢ができず食べすぎて太ってしまったりもします。

かといって寝すぎも逆効果であるため、大体6~7時間という適切な睡眠時間を取れているか、睡眠の質はどうであるかをしっかりと記録しておく必要があります。

3.毎日同じ時間に体重を測り記録する

最後に経過記録、1日で体重が激減するわけではありませんが、毎日しっかりと同じ時間帯に体重を測ることで体重の推移を確認する事ができます。脂肪の中にはセルロースなどの燃焼しづらい脂肪が存在していて、また鍛えてない部位の脂肪は当然ながら鍛えている部位よりも燃焼しづらいため、記録をつけておく事で順調に減っていた体重が減らなくなってきたタイミングでトレーニング内容を変更、といった事がやりやすくなります。

なお、同じ時間と言っても直前に食事をしている、お風呂に入っている、運動をしているといった行動の有無によって体重の値が変わってきます。

食事をしていれば当然その食事分重くなり、お風呂や運動をすると汗などで体内の水分が減って一時的に体重が減った状態になるため、できる限り体重の変動が無いタイミングで記録する事をおすすめします。

3.簡単に記録できる!レコーディングダイエットにおすすめのグッズ

記録する以上、記録を残すために何かしらの道具を使う事になるでしょう。そこで、ダイエット記録を簡単に行えるおすすめのダイエットグッズをご紹介しましょう。

「記録する」という点においてまず挙げられるのはノートです。ダイエット用のノートというものも販売されており、そういったものには記入欄が容易されているため、記録をつけたことが無いという方でも記入欄に情報を書いていくだけで記録が可能と、簡単に記録を行う事ができます。

もちろん自分で事細かに記録がしたいという方であれば無地のノートであったりパソコンでExcelを使うのも良いでしょう。

1.Beauty diet note(ビューティー ダイエット ノート)

最初にご紹介するのは「Beauty diet note(ビューティー ダイエット ノート)」です。

Amazonで681円、1ページに一週間分の食事と自由記入欄があるため、1ページで一週間の食事内容がわかるというのが特徴です。

1日3食の食事記入欄と自由記入欄しか無いため、事細かに記録したい人には向いていませんが、最低限の記録だけ行いたいという人であれば、ひと目で一週間分の記録を確認することができる使い勝手の良さが魅力となるでしょう。

取り敢えず記録することを始めてみようという人におすすめです。

2.ライザップ ダイエットダイアリー 90Days

続いてご紹介するのは「ライザップ ダイエットダイアリー 90Days」です。

トレーニングジムとして有名なRIZAPの公式ネットショップで購入可能で、価格は税込み880円。タイトル通り90日、約3ヶ月分のデータを記録可能なダイエットノートになります。

ページには体重と体脂肪の記入欄、食事のメニューと糖質量、トレーニング内容、体調チェック、そして自由記入欄が存在しています。体重と体脂肪は1日2回計測して記入する事ができ、食事も個別の分と1日のトータル糖質量、食事バランスのチェックガイドなどに分かれており、細かに記録する事が可能です。

記入欄以外にも食事情報・トレーニングメニュー・その他トレーニング情報をまとめたページも存在しています。

3.ムーミン 付箋 バレット ジャーナル用 レコーディングダイエット

最後にご紹介するのは「ムーミン 付箋 バレット ジャーナル用 レコーディングダイエット」です。

学研ステイフルから販売されているメモ帳で、価格はAmazonで440円。商品名の通りムーミンのキャラクターイラストなどがデザインされていて、そのままメモ帳としても使える他、付箋としてページを取って使う事もできます。12種類存在し、用途ごとに使い分けることも可能。ページ枚数は30枚であるため、基本的には一ヶ月分になります。

レコーディングダイエット用のものはピンク色になります。

当然ながら12種類それぞれ用途ごとに記入欄などが異なるため、間違えないようにしましょう。

4.簡単に記録できる!レコーディングダイエットにおすすめのアプリ

続いてレコーディングダイエットに使えるスマートフォン用のアプリをご紹介しましょう。

アプリの利点としては使ったら終わりの消耗品であるノート類とは異なり、基本的には何度でも使い回す事ができるため、継続的な出費にならないという事。ノート類も鉛筆で書いて消しゴムで消せば使い回せますが、それはそれで鉛筆と消しゴムを代わりに消費しているだけなので、ダイエット期間が伸びれば出費が重なる事に代わりはありません。

しかし短所もあり、まず当然ながらスマートフォンを持っていなければ使えないという事。アプリをインストールしてもスマートフォン本体を忘れたり、充電が落ちていては使えないという点は短所と言えるでしょう。

1.あすけん

最初にご紹介するのは「あすけん」です。

スマートフォンアプリだけでなく、PCでも利用可能な食事の記録を行える無料サービスです。管理栄養士によるアドバイスが貰えるため、食事だけしか記録できないとはいえ信用度の高さが魅力です。

基本的には食事のメニューが表示され、その中から食べたものを選ぶことでカロリーや栄養素を自動計算し、それをもとにアドバイスが送られます。欠点としては、メニューに無い料理はもちろん、メニューにあってもきちんとその通りに作っていなかったり、あるいは残したりすると計算ができないという事。

そのため、自分で考えたレシピで料理をしたいという方にはおすすめできません。逆に、ダイエット中何を作ったら良いのかわからないという人におすすめできると言えるでしょう。

2.カロママ

Android・IOSどちらでも利用可能なアプリで、こちらも食事管理・アドバイスツールとなります。

AI管理栄養士であるカロママが食事のデータや運動に対してアドバイスを行うアプリで、こちらは写真を撮ってそれを登録することでその写真をもとにアドバイスを送ってもらうことができ、カロリー重視や糖質重視などのコース選択も可能です。

また、他のカロママ利用者とタイムライン形式で会話する事も可能、ダイエット仲間とのコミュニケーションでモチベーションを高めることもできます。

3.超簡単レコダイエット:体重管理・カロリー管理

最後にご紹介するのは「超簡単レコダイエット:体重管理・カロリー管理」です。

こちらも無料のアプリで、カロリー検索などのサポート機能をもとに、こちらも食事の管理でダイエットの記録を行います。

不定期更新の美容・ダイエットコラムも掲載されており、外食のカロリー辞典など記録を管理する機能以外にも楽しめる要素が多いのが魅力と言えるでしょう。記録付けを忘れないように通知してくれる機能もあるため、ついつい記録をつけるのを忘れてしまうという人にもおすすめです。

まとめ ダイエット中は自分の食事や行動を記録することが大切

以上、ダイエットを記録して管理するレコーディングダイエットについて解説しました。

  • 食事や運動を記録することで振り返った時に失敗・成功の原因がわかりやすくなる
  • 記録漏れが太る原因になったりするため、記録する以上は食事であれば口に入れたもの全て、運動であれば動いた時間と内容全てを記録するようにする
  • ダイエット用ノートやアプリであれば、必要な情報だけを入力すればいいため、記録つけが慣れていない方でも記録管理ができる。

今回の内容をまとめると以上の通りとなります。

記録をこまめにつけるという癖はダイエット以外にも役立つ習慣であるため、まずは簡単でも良いので記録をつけて管理する事が重要です。

関連記事

  1. 寝ている間も夢の中で走る私…走る夢は夢占いで何を示しているの?

  2. 本当に恋が叶った!片思いが成就すると話題のおまじない21選

  3. 襲われる夢!夢占いが暗示するあなたの心理16選

  4. 5月の旅行!おすすめ人気観光スポット

  5. ハッピーメールでの出会いを徹底解説!

  6. 関東・東海地方のおすすめ日帰り旅行先特集

  7. 婚活や合コンで自衛隊員と出会う方法・コツ

  8. 女性におすすめのダイエットプロテイン