ダイエット中におすすめのクッキーレシピ

市販のクッキーは小麦粉、バター、砂糖が多く使われているので、ダイエットの大敵です。

こちらの記事では、ダイエット中におすすめのダイエットクッキーのレシピや作り方をご紹介。

ダイエット中におすすめの市販クッキー情報についても一緒にご紹介します。

1.市販のクッキーはダイエットの天敵

まず最初にお伝えしておきたいことは、市販のクッキーばかり食べていて痩せるということはありません。なぜなら市販のクッキーの多くが高カロリーで糖質を豊富に含有。

痩せたい人がまず頭に入れなければならないのは、摂取カロリー。消費カロリーが摂取カロリーを上回れば、どんどんスリムな体型になります。しかし摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、体にぜい肉がついていくのは明らかでしょう。

3食にくわえて市販のクッキーばかりを食べる習慣がつくと、確実に太ります。元来、人間の脳は甘味と糖質に強い反応を示すようにできているもの。ドーパミンをはじめとする脳内報酬系から分泌される神経伝達物質が、甘いものを食べた際にドバドバ出るようになっており、これが実は厄介。

人は快楽行動を優先する傾向が高いため、「もっと気持ちよくなりたい!」と、さらなる甘味を求める行動へと発展。缶に入ったクッキーを買ったら美味しすぎて、数日もしないうちに「全て平らげてしまった」という経験がある人もいるはず。それほど甘味の依存性は強力なのです。

「どのクッキーでも太る」というわけではないのですが、市販されているクッキーの大半は糖質をふんだんに含んでいます。多くの市販されているクッキーは高カロリーであると肝に銘じておいてくださいね。

ダイエット中におすすめのおつまみレシピ

2.ダイエット中にクッキーを食べるなら手作りやヘルシークッキーがおすすめ

「ダイエットをしたいけど、クッキーも引き続き食べたい!」と考える人は、クッキー自体の摂取をストップした方がいいのでしょうか?一概にそうとは限りません。

ダイエット中は、食べるクッキーの種類を選ぶようにしましょう。ダイエット期間は、手作りクッキーや低カロリーなヘルシークッキーを食べれば太る心配がなくなります。

最近は「美味しくお菓子を食べながらダイエットをしよう」という風潮が広がりつつあります。糖質を減らしても、美味しさを損なわない方法がたくさん開発され売られています。

クッキーの食感が好きという人は、ぜひヘルシークッキーの知識を増やしたり、手作りクッキーのレシピを覚えるところからスタートしてみましょう。

3.ダイエット中におすすめの簡単クッキーレシピ・作り方

ダイエット中におすすめしたい作るのが簡単はクッキーは

  • おからを使ったダイエットクッキー
  • 豆腐を使ったダイエットクッキー
  • 大豆粉を使ったダイエットクッキー
  • オートミールを使ったダイエットクッキー

上記4つ。

各々のレシピについて説明していきましょう。

1.おからを使ったダイエットクッキー

低カロリーかつヘルシーなおからは、ダイエットによく用いられる食材。

おからを使ったクッキーの作り方を伝授しましょう!

【材料】
おから…150g
ホットケーキミックス…100g
バター…40g(無塩が望ましい)
きび糖…40g
豆乳…30g
打ち粉…適量

【レシピ】
①バターを室温に戻して、泡立て器で練る
②①↑にきび糖、ホットケーキミックス、豆乳、生おから、を入れ混ぜこむ
③②↑がまとまってきた段階で、打ち粉をしたまな板に乗せて、2センチほどの厚さまで伸ばす(綿棒を使うと伸ばしやすい)
④好きな形にカットし、180度のオーブンで20分焼いて完成

 

2.豆腐を使ったダイエットクッキー

昔から日本の食卓に並ぶことの多かった豆腐はダイエットの味方

豆腐を使用したダイエットクッキーのレシピについて解説します。

【材料】
全粒粉(薄力)…225g
豆腐…200g
バター…60g
ベーキングパウダー…小さじ1.5
三温糖…50g
塩…適量

【レシピ】
①軽くつぶした豆腐をレンジで5分温めて、水分をキッチンペーパーで絞り取る。指で触れる状態の温かさになったら裏ごしをする(フードプロセッサーが家にある人は、それを使用すると時短に)
②大きめのボールにお豆腐、三温糖、室温に戻したバターを投入し、均等になるまで混ぜる
③全粒粉、ベーキングパウダー、塩をふるい②のボールにあわせて、塊になるまで念入りに混ぜる
④形を細長く整えラップなどで巻きながら、直径3cmセンチ前後の棒状に。冷蔵庫か冷凍庫で1時間冷やす(このタイミングでオーブンの余熱をスタート)
⑤ラップをはがし、厚さ5mm前後の輪切りにして、170度のオーブンで20分~25分ほど焼けば完成

 

3.大豆粉を使ったダイエットクッキー

料理が趣味な人は目にすることが多い大豆粉。

こちらの粉を使って作るダイエットクッキーについて説明しましょう。

【材料】
大豆粉…80g
卵…2個
砂糖…30g~50g
アーモンドプードル…20g
オリーブオイル…大さじ1
バニラエッセンス…3滴
ナッツ類…100g
ドライフルーツ…50g

【レシピ】
①ボールに卵と砂糖を入れて混ぜる
②大豆粉とアーモンドプードル、オリーブオイル、バニラエッセンスを入れて混ぜる
③生地がまとまってきたのを確認してから、レーズン・ナッツ類を入れて混ぜる
④手で1.5~2㎝くらいの厚さの長方形の形に整えていき、オーブンシートの上に敷いて160度で30分加熱
⑤焼き上がった生地を切って、断面を上にし、両面を150度で20分ずつ焼けばカリカリ状態に仕上がる

 

4.オートミールを使ったダイエットクッキー

多くのダイエッターやトレーニーに食べられることが多いオートミールを使ったクッキーの作り方をお伝えします。

【材料】
有機オートミール…100g
アーモンドプードル…20g
片栗粉…40g
甘味…10g
はちみつ…20g
ココナツオイル…大さじ1
豆乳…50cc(なければ水の使用も可)

【レシピ】
①全ての材料をボウルに入れて混ぜこむ
②オーブンを180℃の余熱状態にする(天板も一緒に)
③スプーンですくった生地を乗せ、クッキングシートに並べる(押しつぶすようなイメージで)
④余熱が完了したタイミングで、15分間オーブンで焼く

 

4.ダイエット中におすすめ!市販の人気クッキー5選

ダイエット中におすすめしたい市販の人気クッキーは

  • ホオリイの豆乳おから100%クッキー
  • ベイク・ド・ナチュレ 豆乳おからクッキー
  • 天然生活 20雑穀入り豆乳おからクッキー
  • 北海道とれたて本舗 豆乳おからクッキーFour Zero
  • 神林堂 豆乳ダイエットおからクッキー

上記の5つ。

各々について解説していきましょう。

1.ホオリイの豆乳おから100%クッキー

Amazonのサイトのレビューが1,000件を越えており、しかもそのほとんどが高評価

焼きたての商品を発送しているため、美味しい状態で食べることができます。数年前に糖質制限ダイエットが日本で大ブームとなりましたが、こちらのクッキーは糖質制限したい人にぴったり。

糖分と油分を可能な限り抑えているため、かなり低糖質。プレーン、抹茶、ココア、コーヒー、黒ごまといった種類があるため、飽きることなく美味しいお菓子を食べながらのダイエットが可能になります。

2.ベイク・ド・ナチュレ 豆乳おからクッキー

「内側から健康になってほしい」という願いを込めて作られたクッキー。小麦粉を一切使っておらず完全なグルテンフリーなため、小麦を摂りたくない人も安心して食べられます。「体によくない」といわれるトランス脂肪酸も不使用。徹底して健康にこだわってクッキーは、食べる人に美味しさだけでなく安心も届けてくれるのです。

フレーバーは、プレーン、ごま、ココア、シナモン、かぼちゃの種と5種類

「小腹が空いたけど、高カロリーなお菓子は避けたい」というときにこそ、ぜひ食べてくださいね。

3.天然生活 20雑穀入り豆乳おからクッキー

「健康状態を良好にキープしながらダイエットしたい」という方にぴったりなのが、こちらのクッキー。雑穀を使用することにより、ヘルシーな食べ物を摂りながら痩せたいという人のニーズに応えました。雑穀が含まれているのといないのとでは、栄養面で大きな違いが出ます。

雑穀が使われていない豆乳おからクッキーと、雑穀入りのものを比べた場合、ビタミンB1で実に1.4倍の違いがあるのです。マグネシウムや鉄分なども豊富に含有している雑穀は、丈夫な身体を作る上で必要不可欠な栄養素でしょう。

4.北海道とれたて本舗 豆乳おからクッキーFour Zero

卵アレルギー、小麦粉アレルギー、牛乳アレルギーの人は、食べるものに苦労する機会も多いことでしょう。『北海道とれたて本舗 豆乳おからクッキーFour Zero』は、砂糖、卵、小麦粉、乳製品を一切使用せずに作り上げています。その結果、1枚わずか19キロカロリーという驚きのカロリーを実現。紅茶、抹茶、プレーン、ココアの4種類の味があることで、毎日食べても飽きることがありません。

一流の腕を持つパティシエ鬼頭武司氏が総合監修を務めているだけあり、食べた人が思わず「美味しい!」と言ってしまう味を実現。「低カロリーでも美味しいお菓子が食べたい!」と考える人は、こちらのクッキー一択になる可能性がありそうです。

5.神林堂 豆乳ダイエットおからクッキー

楽天サイトのレビューが24,000件を突破するなど、桁違いの評価を受けている神林堂の豆乳ダイエットおからクッキー。「ダイエットはしたいけど、心身に大きな負荷がかかるのは耐えられない」という人もきっと少なくないはず。

こちらのクッキーは「無理をしないでダイエットをしたい方へ」と謳っているだけあり、そもそも負担なくダイエットが可能。老舗のお菓子メーカーが「クッキー本来の美味しさを損なわず、健康的なダイエット食品を作るのはどうすればいいか?」と、研究を重ねた結果、生み出された逸品。大阪の土地で明治13年からお菓子を作り続けてきた神林堂の力が「伊達ではない」というのは、食べればすぐに理解できるはずです。

まとめ ダイエット中はクッキーの材料にこだわろう

最後に重要な情報をおさらいします。

ダイエット中におすすめしたい作るのが簡単はクッキーは

  • おからを使ったダイエットクッキー
  • 豆腐を使ったダイエットクッキー
  • 大豆粉を使ったダイエットクッキー
  • オートミールを使ったダイエットクッキー

上記4つ。

ダイエット中におすすめしたい市販の人気クッキーは

  • ホオリイの豆乳おから100%クッキー
  • ベイク・ド・ナチュレ 豆乳おからクッキー
  • 天然生活 20雑穀入り豆乳おからクッキー
  • 北海道とれたて本舗 豆乳おからクッキーFour Zero
  • 神林堂 豆乳ダイエットおからクッキー

上記の5つとなります。

ダイエットをするのにクッキーを食べるという発想がこれまでなかった人も、ぜひ今回の内容を参考に理想の体を手に入れてくださいね。

関連記事

  1. ダイエットにおすすめ!サラダチキンレシピ

  2. ヨガパンツの種類とおすすめの選び方

  3. 4月の誕生石・星座の宝石の意味とは?

  4. 海外で使うおすすめWiFi(ワイファイ)

  5. 漢字一文字の名前をつけたい!人気の漢字60選

  6. 効果・目的別!ヨガのおすすめポーズ一覧

  7. 冬の国内旅行!おすすめ人気スポット10選

  8. ダイエットに必須!タンパク質の働きとは?

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本