ゼリーダイエットで痩せた人の口コミとおすすめのゼリーレシピ【製菓衛生士監修】

ゼリーダイエットで痩せた人の口コミとおすすめのゼリーレシピ【製菓衛生士監修】

ゼリーダイエットって本当に痩せられるのかな?

色々なダイエットを試してきた方なら、一度くらいはこんな風に考えたことがあるのではないでしょうか?

ゼリーだけを食べて痩せるのは、健康面から考えても現実的ではありません。

ですが空腹との戦いであるダイエットにおいて、ゼリーはダイエッターの強い味方なのは事実です。

今回はゼリーを取り入れたダイエットで痩せた方の口コミを元に、どのようにゼリーをダイエットに取り入れるのが効果的なのかを解説していきます。

また製菓衛生士である筆者が、家で簡単に作れるダイエット向きのゼリーレシピを皆さんにシェアしたいと思います。

美味しく体に良いゼリーを食べて、ダイエット生活を上手に乗り切っていきましょう。

この記事のポイント

  • ゼリーダイエットで痩せた人の共通点は無理しないこと!
  • ゼリーダイエットで痩せたければ、食べるゼリーにこだわる
  • ゼリーの置き換えダイエットは容量用法を守る
  • レシピ大公開!手作りゼリーで美味しくダイエットできる
やまもとまこプロフィール
ライター/やまもと まこ 製菓衛生士

長年、製菓衛生士として菓子作りや商品開発に従事。数年前に一念発起し進学した大学院で、自分の考えや獲得した情報をアウトプットする大切さを実感。同時に、自分の持つ情報を発信することに関心を持ち、ライター業を開始する。現在は製菓衛生士の現場感覚を大切に、菓子づくりや製菓業界に関するさまざまな情報を発信中。

noteはこちら 

Instagramはこちら

1.ゼリーダイエットで痩せた人の口コミ

ゼリーダイエットで痩せた人の口コミ

まずは、実際にゼリーダイエットで痩せた、効果があったという人の口コミを見ていきましょう。

ダイエットで怖いのは、我慢の限界を超えた時のドカ食いとリバウンド。

ですので、この方のように間食は必要なものだと開き直ってダイエットを行うのも上手なやり方です。

ケーキなどの高カロリースイーツではなく、ゼリーを選べば、カロリーを抑えながらストレスなくダイエットを継続できます。

ゼリーをあらかじめダイエットメニューのメンバーに加えておくことで、心にも余裕が生まれ、ダイエットを無理なく続けられたのでしょう。

朝のフルーツゼリーは、ダイエットと健康的な生活を両立させる上で効果的です。

フルーツゼリーはフルーツの糖質が多く含まれるので、ダイエットには一見不向きに見えるかもしれません。

ですが、糖質は脳の唯一の栄養源。

午前中から仕事や勉強をバリバリこなすためには、脳へのエネルギーチャージは必要不可欠です。

また、フルーツにはビタミンやミネラルなど、お肌や体調を整える栄養素も豊富。

朝食がわりにフルーツゼリーを食べれば、カロリーをできるだけ抑えながら脳に栄養を与え、ミネラルやビタミンも摂取することが可能です。

甘いものを食べた満足感、脳へのエネルギーチャージ、そしてカロリーダウン。

これがフルーツゼリーで痩せることができた要因だと考えられます。

ダイエット中でも朝食はとても大切。

フルーツたっぷりのゼリーを食べたいなら、この方のように朝食に食べるのがおすすめです。

この方がダイエットに成功したカギはこんにゃくゼリー。

こんにゃくゼリーに含まれる水溶性食物繊維は、水分と混ざるとゲル状になり膨らむので、少量でも満足感を得やすいのが特徴です。

また便秘の解消や腸内環境の改善を期待できるので、ガスや便でお腹のポッコリ感が気になる方にも向いています。

モチモチした食感で少量でも食べ応えがあり、腹持ちも良い。

このこんにゃくゼリーの特徴のおかげで必要以上のカロリー摂取を減らせたことが、ダイエット成功の要因と言えるでしょう。

2.ゼリーでダイエットができる理由

ゼリーでダイエットができる理由

ダイエットの基本は、なんと言っても摂取カロリーを消費カロリーよりも抑えること。

低糖質ダイエットや、断糖髙脂質ダイエットなど、ちまたでは様々なダイエットが紹介されていますが、兎にも角にもカロリーを抑えるのが大前提です。

その点、ゼリーの大部分は水分なので、他のスイーツよりも圧倒的に低カロリー。

ですので間食として食べてもカロリーオーバーしにくく、ダイエット向きと言えるのです。

また、先ほど口コミでも登場したこんにゃくゼリーや寒天を使用したゼリーは、食物繊維が豊富。

水分を吸って膨らむので、腹持ちが良く食べた後すぐに空腹に襲われるなんてことも防げます。

3.ゼリーダイエットを成功させるやり方

ゼリーダイエットを成功させるやり方

ゼリーはダイエットの強い味方、ということはおわかりいただけたかと思います。

ですが、むやみやたらにゼリーを食べてもダイエットは成功しません。

ここからは、ゼリーダイエットを成功させるためのポイントを解説していきたいと思います。

  • 1食をゼリーに置き換える
  • 水分もしっかりとる
  • 不足しがちな栄養素が配合されたものを選ぶ

3-1.1食をゼリーに置き換える

ゼリーダイエットをしたいなら、3食のうちの1食をゼリーに置き換えましょう。

おすすめは、夕食の置き換えです。

この際、糖質をなるべく抑えたゼリーを選ぶとさらに効果的。

夕食をゼリーにすれば余計なカロリーをカットできますし、軽めの夕食は胃に負担をかけないため夜ぐっすり眠れるという効果も。

睡眠の質が上がればお肌の調子が整ったり、メンタルが安定したりと、夜ゼリーは好循環を生みだします。

3-2.水分もしっかりとる

ゼリーで一食に必要な水分摂取をまかなおうとしても、逆に水分不足に陥ってしまいます。

ゼリーとは別に水分はしっかり摂りましょう。

体を冷やさない常温のお水や白湯を一緒に摂ることで、便秘を防止したりお肌の内側の乾燥を予防することが可能です。

3-3.不足しがちな栄養素が配合されたものを選ぶ

ダイエット中は、どうしても栄養バランスが偏りがち。

市販のゼリーを選ぶなら、不足しがちな栄養素を補えるようなものを選びましょう。

現在では、プロテインや鉄分などが配合された美味しいゼリーやゼリー飲料がたくさん出回っています。

意識的にこれらを選ぶことで、ダイエット中の体調不良なども回避できます。

もちろんすべての栄養をゼリーに頼ってはいけません。

ですが、せっかくゼリーをダイエットに取り入れるなら、しっかり栄養やビタミンを摂れるものを選びましょう。

4.ダイエットにおすすめのゼリーレシピ

ダイエットにおすすめのゼリーレシピ

ここからは、製菓衛生士である筆者が、おすすめのゼリーレシピを皆さんにシェアします。

どれもスーパーで購入できる食材と家にある道具で簡単に作れるものばかり。

甘味を減らしすぎていないので、味気なくて食べられない、余計に甘いものが食べたくなった!ということもありません。

その代わり、少しでもダイエットのサポートになる様な食材を使用しています。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

  • 黒蜜豆乳プリン
  • フルーツたっぷり寒天

4-1.黒蜜豆乳プリン

黒蜜豆乳プリン

※画像はイメージです

豆乳の優しい甘さを活かしたプリン風ゼリーは、余分な砂糖を使わなくても美味しく仕上げられるのが特徴です。

また、豆乳に含まれる良質な植物性タンパク質のおかげで、お腹にたまりやすく腹持ちが良いのも魅力。

そして黒糖はミネラルが豊富なので、ダイエット中の不足しがちな栄養素をカバーしてくれますよ。

この豆乳プリンは火を使わずレンジで作れるので、初心者さんでも挑戦しやすいレシピです。

豆乳プリン自体の甘さは控えめに作ったので、お好みの量の黒蜜やきなこをかけて召し上がれ。

【材料】

  • 豆乳(調整でも無調整でもOK)200cc
  • 黒糖(なければグラニュー糖)10g
  • 粉ゼラチン 3g
  • 水(ゼラチンをふやかす用)15g

(仕上げ用) 
黒蜜 お好みの量
きなこ お好みの量

【作り方】

  1. 粉ゼラチンを冷水でふやかす
    ※この時の水はなるべく冷たいものを使う
  2. 豆乳、砂糖を耐熱ボウルに入れ、レンジで温める(60℃程度まで)
  3. ゼラチンをレンジで溶かす(700Wだと20秒くらい)
  4. 溶けたゼラチンを2に加え、よく混ぜる
  5. グラスやカップに流し、冷蔵庫で冷やし固める
  6. お好みの量の黒蜜やきなこをかけて完成!

4-2.フルーツたっぷり寒天

フルーツたっぷり寒天

※画像はイメージです

朝、カロリーを抑えながらエネルギーチャージをするには、フルーツ寒天がおすすめです。

フルーツの果糖が脳をシャキッとさせ、午前中からバリバリ活動するサポートをしてくれます。

前日に作っておけば、忙しい朝も安心です。

ここで、フルーツを使ったゼリーの注意点を少しだけご紹介します。

ゼリーと言えばゼラチンを使うイメージが強いと思いますが、キウイやパインなどに多く含まれる酵素は、ゼラチンの凝固力を弱めてしまいます。

ですので、キウイやパインを入れたフルーツゼリーを作りたいなら、寒天や海藻由来の凝固剤であるアガーを使いましょう。

今回はスーパーでも簡単に手に入る、粉寒天を使用しています。

プリプリつるんとした食感が楽しめますし、食物繊維が豊富なので便秘に悩んでいる方にもおすすめです。

ゼリー自体の甘さは控えめなので、あっさり食べられますよ。

【材料】

  • キウイやイチゴ、オレンジなどお好みのフルーツ 100~150g
  • 水 250cc
  • 粉寒天 3g
  • グラニュー糖(上白糖やきび糖でもOK)20g
  • レモン汁 5g

【作り方】

  1. フルーツは食べやすい一口大のサイズにカットし、タッパーやお好みのグラスに入れておく
  2. 鍋に水、粉寒天、グラニュー糖を入れ、中火にかける
  3. 沸騰したら弱火にして2分ほど混ぜ、火を止める
  4. レモン汁を加え、寒天液が冷めないうちにフルーツが入った容器に流す
  5. 冷蔵庫で冷やして固めたら完成!

ダイエットにおすすめのアイスレシピもこちらで紹介しています↓

5.ゼリーでダイエットをする時の注意点

ゼリーでダイエットをする時の注意点

ここからはゼリーでダイエットをする際の注意点を解説していきます。

  • すべての食事をゼリーで置き換えない
  • 足りない栄養素はしっかりとる
  • 糖質の量に注意

5-1.すべての食事をゼリーで置き換えない

食事をすべてゼリーに置き換えると、確かに大幅なカロリーダウンになり、即効性があるかもしれません。

しかし、無茶なダイエットには必ず大きな反動が訪れます。

我慢の限界が来てドカ食いをしてしまったり、必要な栄養が不足して最悪倒れてしまうことも。

ですのでゼリーは間食として食べたり、一食置き換え程度にとどめましょう。

5-2.足りない栄養素はしっかりとる

低カロリーな食材をメインにしたダイエット全般に言えることですが、足りない栄養素はしっかり補ってダイエットを進めましょう。

先ほども少し説明しましたが、ゼリーの大部分は水分。

ですので、意識的に栄養素を補うことが大切です。

ウィダーinゼリーのような機能性に特化したものを食べたり、その他の食事でビタミンやミネラル、タンパク質を積極的に摂取していきましょう。

5-3.糖質の量に注意

またゼリーダイエットをする際は、糖質の量にも注意です。

ゼリーというだけで安心して食べてしまうと、結局そこそこのカロリーや糖質を摂取してしまっていた、なんてことになりかねません。

また糖質が多いゼリーを活動量が少ない時間に食べ過ぎると、結局使われない糖が脂肪に変換され、太りやすくなってしまいます。

特に糖質制限ダイエットを行っている方は、糖質の量に注目してゼリーを選んでくださいね。

ダイエット中の糖質の摂り方についてはこちらの記事を参考にしてください↓

6.まとめ:ゼリーはダイエット生活のサポートアイテム

まとめ:ゼリーはダイエット生活のサポートアイテム

ダイエットは長期戦。

だからこそ、ゼリーのように食べやすく、低カロリーなスイーツはダイエッターの強い味方です。

ですが、食べれば食べるほど痩せると思って、ゼリーしか食べないのは非常に危険。

栄養不足に陥り、体調を崩してしまいかねません。

あくまでも、つらいダイエット生活のサポートアイテムとして捉えましょう。

ゼリーをダイエットに取り入れるコツは以下の通りです。

  • 食事をゼリーに置き換える(3食すべてはNG)
  • 高カロリーなスイーツの代わりに食べる
  • 不足しがちな栄養素を取れるものを選ぶ
  • 糖質の多いゼリーは朝に食べる
  • 夜は活動量が減るので夕食の置き換えもアリ

また今回ご紹介したような自分好みのゼリーを手作りするのもおすすめです。

原材料が明確なので安心して食べられますし、お好みで甘さや作る量を調整することが可能です。

ゼリーを効果的に取り入れて、ダイエット生活を楽しく、そして美味しく乗り切っていきましょう。

こちらの記事でも手作りダイエットレシピをご紹介していますのでぜひ参考にしてください↓

関連記事

  1. ケトルベルで筋トレダイエットに成功した男性の体験談

    ケトルベルで筋トレダイエットに成功した男性の体験談

  2. キャバ嬢のお持ち帰りは15万なら確実?口説き&交渉術

    キャバ嬢のお持ち帰りは15万なら確実?口説き&交渉術

  3. デート1回目で告白はアリ!気になる彼と付き合う必勝法を徹底解説!

  4. 女性の恋愛における絶望的な真実

  5. 男性が送るセフレへのLINEの特徴とは?本命彼女との違いを確認しよう

  6. デートに友達と行けるなら脈あり?恋人になるための戦略を紹介!

  7. 職業別・女性のレベルランキング 今夜落としたい女性は!?

    職業別・女性のレベルランキング 今夜落としたい女性は!?

  8. <もう病まない!>セフレ女子のメンタルコントロール術 byE子

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本