マッチングアプリ!会う約束のコツとは?

この記事では、マッチングアプリで相手に会うまでの流れやコツについて紹介します。

しかし、会う約束をしただけでは気が抜けないもの。相手に会うまでに気をつけたいことや会う約束を断るときのコツについても合わせてご紹介します。

1.マッチングアプリで相手に会う約束をするまでの流れ

実際にマッチングアプリを用いて相手と出会う約束をするまでの主な流れから確認していきましょう。まず、前提としてマッチングアプリの種類を把握しておく必要があります。

というのも、マッチングアプリと言ってもその内容は異なり、例えば単純に共通の趣味の人を探すためのマッチングアプリであれば、会うことは目的では無いため、実際に会うための難易度は高くなります。

対して実際に会って遊ぶことを目的としているタイプのマッチングアプリであれば、当然ながら会って遊ぶことが前提であるため会うためのハードルが低く、仲良くなってから会うまでの難易度は低いといえるでしょう。

マッチングアプリで相手が見つかれば、まずはメッセージを送ったりすることになります。メッセージでやり取りをして仲良くなり、会っても良いかなとお互いが思えば会うという流れになるでしょう。

そのため、相手に会うためにはまずメッセージのやり取りができるような関係にならなければなりません。相手が男性であればすぐに会いたがる人も多いのですが、相手が女性となると警戒されるためそう簡単には会えません。

マッチングアプリで相手に会うときのコツ

2.マッチングアプリで相手に会う約束をするまでのコツ

続いてマッチングアプリで会う約束をするために必要なコツについても解説していきましょう。

基本的に好意的な印象を与えればそれだけで会う難易度は下がっていきます。逆に、相手の情報が何もわからなかったり怪しいとどんどん難易度は上がっていきます。

単純に警戒されますし、「何もわからない」のはミステリアスとは言いません

1.プロフィール写真のコツ

まずはプロフィール写真。基本的に人間の印象というものは第一印象で決まり、第一印象とはつまり「見た目」です。それこそ単純に美形とそうじゃない人でもやはり第一印象は変わってしまいますし、例え同じ顔立ちの人であっても、清潔感のある人と不潔な印象を受ける人ではどちらが良い印象をうけるかは変わってきます。

そのためできる限り良い印象を与えられるプロフィール写真を用意しましょう。ただし明らかに他人の写真であったり、若く見せようと昔の写真を使ったりするのは止めましょう。相手を騙すことになるため、例え会えたとしても怒らせてしまったり、そもそも見た目が違う人が居るということで警戒して声をかけずに帰ってしまうかもしれません。

良い印象を与えるプロフィール写真を撮るためのポイントは写真写りと清潔感です。

2.メッセージや連絡のコツ

次にメッセージと連絡のコツについて。まずはメッセージのやり取りから。

最初に相手のタイプ・好みを見極めます。相手は積極的なタイプか、それとも警戒心が強く消極的なタイプであるか、会うにしてもどういった男性のタイプが好みであるか、どういった話が好みかなど。

基本的にあまり主張が強すぎると良い印象は抱かれません。それこそ聞いてもない話を長々と続けたりされるのが嫌な人もいれば、根掘り葉掘り質問されるのが嫌という人も居ます。

また、会うことが決まってからのメッセージも、あまりハードルを上げすぎたりしないようにしましょう。確かにいざ会うとなると楽しみにはなりますが、かといってハードルを上げすぎてしまえば段々行くのが億劫になってしまう可能性があります。

次に連絡、連絡に関してもあまりしつこすぎないようにしましょう。連絡はあくまでも連絡であるため、必要最低限の内容にして、無駄な装飾をつけないようにする必要があります。それこそ無駄にいろいろな話を加えた連絡をしても、何を伝えたいのかぱっと見でわかりにくく、また相手が返事を返しづらくなってしまう可能性があります。

3.自己PRのコツ

最後に自己PRです。

会う約束をするには相手に実際に会いたいと思わせる必要があります。そのためには自分がどういった人間であるか、会って話したい、デートをしたいと思ってもらえる魅力があるかどうかを意識させる必要があるといえるでしょう。

大抵のマッチングアプリではプロフィールに自己PRを書くことのできる欄があります。そこに記入する例文として、必要な情報を解説しましょう。

自己PRに必要な情報は以下の通り

  • 挨拶
  • 登録理由
  • 仕事
  • 趣味
  • 恋愛観や異性のタイプ、結婚について

これらを組み合わせていきます。

記入できる文字数上限がまちまちであるため使っているマッチングアプリによって文量は変えていきましょう。

挨拶は文頭と文末に必要です、文頭の挨拶であれば「こんにちは!○○です。話し相手が欲しくてこのアプリを使い始めました~」というようにスムーズに話を繋げる事ができます。

文末の挨拶は自己PRをまとめるのに必要です。「気軽にメッセージを送ってください!」や「趣味や好みが合う人はぜひお話しましょう!」といったように呼びかけるような締めにすると良いでしょう。

3.マッチングアプリで相手に会う約束をしたのに起こるトラブル回避の方法

会う約束をした際に起こりうるトラブルとして挙げられるのが「約束を断られる」「連絡がなくなる」というもの。どちらも基本的に相手が会いたくないと思ったり、会うのが面倒になったりすることによって起きます。

まず前提としてこういったトラブルは起きないようにするというのは覚えておきましょう。しかしそれでも起きてしまった場合の対処法をご紹介します。

1.相手から会う約束を断られそうになったときの対処法

相手から会う約束を断られそうな雰囲気がある、そんな時の対処法について。こういったトラブルの場合、対処法が有効かどうかは理由によって変わってきます。例えば相手側に何らかの急用が生じたという場合、それこそ身内の葬式や結婚式などの絶対に外せない用事ができた、となれば流石に会う約束をキャンセルせざるをえません。

そのため絶対に行けない理由以外の場合にのみ対処法は役立ちます

相手から約束を断られそうになった時の対処法としては、他の対処法でも共通しますがまず理由を考える・聞きましょう。例えば本当に予定が入ったのであれば仕方がないので、また次の機会にするという対処法になります。

しかし、相手が自分に対してつまらない・興味がないという場合は、相手の興味を引く対応が必要になります。そして相手の体調不良などが原因の場合、こちらも心配しつつも、次回の予定を取り付けるように対処すると良いでしょう。

2.相手から連絡が減ったときの対処法

相手から連絡が減った場合の対処法。こちらも同様に理由をまず考えましょう。相手が仕事が忙しくなったりなどのプライベートの問題であれば、一旦連絡を増やす事は諦めましょう。その代わり、忙しい相手の愚痴を聞いたり、逆に簡潔かつ迅速な連絡で負担を減らすなど、短い連絡回数を活かすようにしましょう。

相手が自分に興味をなくしているというような理由であれば、相手に興味を持ってもらえるような話題を用意したり話術を磨くしかありません。

3.相手から連絡がなくなったときの対処法

相手から連絡が無くなってしまった場合。こればかりは解決できる可能性の低い問題です。

一度連絡が取れるかどうかの確認をしてみましょう。それでも帰ってこない場合、何が原因で相手の連絡が無くなったのかと考えてみましょう。

原因が自分にあるという自覚があるのであればそれを謝罪、原因が全く思い浮かばず、それまでの会話から見ても理由がわからないという際は、相手に何かしらあって連絡が取れないか、あるいはシンプルに会いたくなくなって連絡を断ったという可能性が考えられます。

4.マッチングアプリで相手と会う約束を断るときのコツ

逆に会う約束を断る際のコツについても解説。

どうしても外せない用事ができてしまったり、会うのが怖くなってしまったりする事もあるでしょう。絶対に会わないといけないわけではないため、行くも断るも最終的には自分次第です。

ただし、中途半端な断り方だったり、遠回りで曖昧な断り方では相手に伝わなかったり、逆に向こう側の会いたい熱意によって強引に約束を結ばされる事もあるでしょう。

1.連絡は早めにする

まず第一に連絡は早めにしておく事。何事も連絡は迅速に、後で後でと遅らせてしまえばそれだけ言い出しにくくなるだけでなく、折角会うために色々と準備していた場合、相手はその準備を無駄にしてしまう事になります。

単純に迷惑をかけるだけでなく、いらない恨みまで買いかねません。勿論、本来は会うつもりだったが急用で行けなくなったという場合は仕方がありません。しかし、会いたくなったのであれば早めに断りの連絡を入れたほうが迷惑をかけずに済みます。

2.相手に意思が伝わるようにはっきりと断る

次に断る際はハッキリと意思を伝えるようにしっかりと断りましょう。きちんとした理由を述べて断るようにしたり、嘘でも絶対に行けない理由を用意しましょう。

それこそこれからも絶対に会わない、というのであれば関係を断つ事も重要です。今後も連絡を取り続けるのであらば、確実に「今回は無理なら、また次回会おう」というように次の会う約束が行われるでしょう。

勿論今回は無理だけれど、また別の機会になら会っても構わないという場合はそれで問題はありませんが、そもそも会う事が嫌なのであれば会いたがる人と関係を持つ事は止めたほうが良いでしょう。

相手がすんなりと諦めてくれる人であれば問題はありません、しかし場合によってはストーカー化してしまう可能性もあるため、危険です。

3.会う約束を断るときにおすすめの例文

会う約束を断る際の例文もご紹介しましょう。ご紹介するのは上記でも解説した「理由を述べて断る場合」の一例です。

「ちょっと急に(用事)の予定が入っちゃって、どうしても行けなくなった。また次の機会に会おう」
「まだ会おうと思えるほど心の準備ができていない、会おうと思ったらこちらから連絡するから、今回の約束は無かった事にしてください」

というように、会えない・会いたくない理由を明言した状態で断りを入れるのが重要なポイントです。相手の説得に必要なものとして納得が挙げられます。一度そうなのかと納得してしまえば、それだけで相手は「それでも会いたい」と言いづらくなります。

逆に納得ができないような言い方では相手も納得ができないから、という理由で我儘を押し通そうとしてくるでしょう。用事の内容、会いたくない理由にどれだけ納得させられるか、説得力を持たせられるかがキモです。

まとめ マッチングアプリの相手と会う約束をしたときは会うまで気を抜かないこと

以上、マッチングアプリで相手と会う約束をしたり、会う約束を断るためのコツについて解説しました。

  • 見知らぬ人と会う以上警戒されるし、警戒しなければならない
  • 女性であっても男性であっても、騙されるリスクは存在する
  • 会う約束を催促しすぎたりすると相手に逃げられやすい
  • 会うためにはまずメッセージでのやり取りで関係を深める必要がある
  • 断る際はハッキリと理由を提示して無理という意思を示す

今回の内容をまとめると以上の通り。

約束ができたとしても、当日に実際に会うまで気を抜かず、楽しいデートを目指しましょう

関連記事

  1. 2月の誕生石・星座の宝石の意味とは?

  2. 電話の夢が暗示する夢占いの意味を診断

  3. 電車の夢が暗示する夢占いの意味一覧

  4. 【実録】アプリ婚活の沼~スペックで選び続けることにより起こりうる悲劇~…

  5. 仲間はずれの夢が暗示する夢占いの意味

  6. ダイエットで痩せない人の10の特徴と対処法

  7. おうちでヨガ!タイプ別おすすめヨガdvd

  8. マッチングアプリ!ライン交換の流れとコツ