マッチングアプリで合わないと思った時の対処法をケース別で紹介

マッチングアプリで合わないと思った時の対処法をケース別で紹介

マッチングアプリのやりとりをしていて「残念だけど、この人とは気が合いそうにない……」と、感じることがありますよね?

こちらの記事ではマッチングアプリで相手と合わないと思ったら取る対処法について解説します。

それぞれのシチュエーション別に紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

この記事のポイント

  • マッチングアプリではメッセージの段階でテンポが合わなかったり、実際に会ってみたら違うという体験をしている人が多い
  • メッセージで合わないと感じたら、フェードアウトする・丁寧に断る・ブロックするなどの方法をとる
  • デート後なら、少し様子をみる・丁寧に断る・彼氏ができたと言う
  • 合わないと感じたら、別の相手を探したり理想を見つめ直したり、アプリを変えてみるほうが良い
  • マッチングアプリで出会った相手に個人情報を教えるのは要注意

1.「マッチングアプリの相手と合わない」と感じてる人の口コミ・体験談

「マッチングアプリの相手と合わない」と感じてる人の口コミ・体験談

プロフィールや写真を見て「いいな」と思っても、実際にメッセージをやり取りしたり、会ってみると、なんだか合わないなと思うこともあります。

ここからは、マッチングした相手と合わなかったと感じた人の口コミを見ていきましょう。

マッチングアプリ難しいですね。
ペースが合わないと思われると退会済みになる方が多いこと多いこと。
ぼちぼちやります。

引用:Twitter

マッチングアプリで朝6時~7時代にしかメッセージ送ってこない人とのメッセージがツラいな。
私が仕事上その時間は寝てるから、テンポが合わない。
これは続けてもダメなパターンかな。

引用:Twitter

相変わらずの婚活として人とランチする週末。
マッチングアプリで簡単に毎週新しい人に会ってるが、会話が心地よい人は時々しか会えない。自分のコミュ力不足が憎い😡

ただ盛り上がらなくても、お礼メールくらいは送るって礼儀じゃないのかな?
まぁそういうとこも考え方が合わないから別にいいけど😅

引用:Twitter

マッチングアプリでいい感じの人がいて、LINEのやりとりではめちゃめちゃ饒舌で面白いし、会話のネタも多くて楽しい人だった。

でも実際に会ったら「あれ?ちょっと感覚合わないかも」ってこともある。

リアルで会うって大切なんだなと実感。

引用:Twitter

メッセージのやり取りをしやすい時間はひとそれぞれ違います。

特に週末忙しいサービス業の方や、夜勤が当たり前の方は、一般的な昼勤務、週末休みの方とは自由な時間が異なりますよね。

メッセージをやり取りできる時間帯が違うと、すれ違いが起こりやすく、「なんだか合わないな…」と感じる原因になっているようです。

また、メッセージでは一呼吸おいて返信できるのであまり表面化しませんが、実際に話してみると会話のテンポが合わないこともよく起こる問題です。

そして、常識やマナーなど自分が譲れない価値観でのズレも、さまざまな背景を持つ人が登録しているからこそ発生する問題と言えるでしょう。

2.マッチングアプリのメッセージで合わないと思った時の対処法

マッチングアプリのメッセージで合わないと思った時の対処法

マッチングアプリ上でメッセージのやり取りをしていて、もし「この相手とは合わないな~」と思った際にとる対処法は以下3つです。

  • 徐々にメッセージを減らしてフェードアウトする
  • 相手に丁寧に詫びて断る
  • ブロックしたりマッチ解除する

各々について解説していきましょう。

2-1.徐々にメッセージを減らしてフェードアウトする

いきなりシャットアウトしてしまったら、相手はショックを受けるもの。

ゆっくりと返信の間隔を空けていきフェードアウトしましょう。

「あれ、これってあまり好かれてないってことかも!?」と、相手に察してもらうのがベストです。

メッセージの量だけでなく、返信のタイミングも遅らせましょう。

即レスは相手からすると、テンションが上がるのは間違いありません。

間髪入れずの返信は「あなたのことを大切にしてます」という意味まで含みます。

「今、仕事で立て込んでいるから、すぐ返信できなくてごめんね」と、前もって伝えておき、メッセージの件数や文字量を減らしていけば、相手の傷も浅くお別れすることができます。

恋愛をするにあたって、どうしても各々の思惑が異なると、どちらかがダメージを負ってしまいます。

距離をとっていく際に、相手を結果的に傷つけてしまう事態は避けようのないものですが、いかに「与えるダメージを少なくできるか?」を考慮しましょう。

丁寧にフェードアウトすることは、あなたの安全も同時に確保できるというメリットがあります。

いきなり相手を拒絶したり、無視したりすると、相手が逆上してストーカーのようになる可能性も……。

「離れるときはゆっくりと」が、マッチングアプリで相手と距離をとる際の鉄則です。

2-2.相手に丁寧に詫びて断る

「ごめんなさい。どうしてもあなたとはお付き合いできないの」と、ストレートに伝えて謝ることも、時には大切。

ただしタイミングと相手の性格だけはしっかりチェックするようにしてくださいね。

自己愛が強く、こじれた性格の持ち主は拒絶されたことで、逆恨みすることがよくあります。

こういったタイプの面倒なところは、プライドが異常に高く、「主導権は自分が握って、関係を続けるか切るかも全て自分自身で決めたい」という厄介なこだわりがあります。

つまり「振る権利があるのは自分だけ」という、極めて自己中心的な思い込みの持ち主ということですね。

こういったタイプとは最初から関わらないのが望ましいものの、マッチングアプリでは、蓋を開けてみないと相手がどんな人間かわからないのも事実。

最初は外面の良い人もいるため、コミュニケーションを深めてから、隠していた癖の強い性格が発覚することもあるでしょう。

もし攻撃的な言動を受けた場合は、ただちに運営側へ報告するようにしましょう。

まっとうな人間であれば、誠実な言葉で「ごめんなさい」と断りを入れれば「わかりました」と了承するものです。

伝える言葉は、相手を傷つけない丁寧なものを選んでくださいね。

2-3.ブロックしたりマッチ解除する

相手がしつこく連絡をしてくるようであれば、最終手段として、ブロックしたりマッチ解除するのもありです。

ブロックしたりマッチを解除するというのは「相手に悪い」と考える人もいるかもしれません。

ですが、相手とはアプリでしかメッセージのやり取りをしたことがない人で、実際に会ったこともない人です。

日常的に会う職場の人や友人とは違って、会うことはありません。

つまり、相手とはその程度の関係であるということ。気を使う相手ではないということです。

また、マッチングアプリでは同時進行で複数の人とやり取りをしている人がほとんどです。

1人と音信不通になっても相手にとってもダメージはあまりません。

相手も「連絡切れちゃったなぁ~」程度にしか思いませんので、気にすることはありませんよ。

 

3.マッチングアプリで出会った相手とデートした後に合わないと思った時の対処法

マッチングアプリで出会った相手とデートした後に合わないと思った時の対処法

マッチングアプリのデートで、もしお相手と「合わないな~」と思ったときに取るおすすめの行動は以下3つ。

  • 次のデートまで様子をみてみる
  • 相手に合わない原因を伝えて丁寧に断る
  • 彼氏ができたと伝えて断る

それぞれについて説明します。

3-1.次のデートまで様子をみてみる

即断即決も恋をする上で有効な時もありますが、「ひとまず次のデートまで様子をみてみよう」というスタンスも重要

時間があなたの抱えている、もやもやをクリアにしてくれることもあります。

またデートしてから「やっぱりこの人は合わない」と、自身の心を確認できることだってあるでしょう。

特に自分の気持ちを言葉にしたり理解するのが苦手な人は、焦らずにある程度時間を設けて考えると良いでしょう。

3-2.相手に合わない理由を伝えて丁寧に断る

女性よりも男性の方が理屈で考えることを好む傾向が強め。

「あなたとはもう会いたくない」と伝えても、「理由を教えてもらえないと、納得できないよ」と食い下がる男性がもしかしたらいるかもしれません。

そんな相手にはできるだけ具体的な理由を伝えましょう。

  • 食事の好みが違いすぎる
  • 一緒にお酒を飲みたいのに(相手が)下戸だから楽しめない
  • 笑いのポイントが違いすぎる
  • 会話がどうしても合わない

訳が知りたかった男性にしっかり言葉で伝えると、あいても一瞬傷ついて「うっ……」となるかもしれません。

しかしそのあと「わかりやすく教えてくれて、ありがとう」と感謝されることもあるでしょう。

誰しも人生の中で、異性に振られることは必ずあります。

自分がなぜ振られるのか、その理由をぼやかされるのは辛いもの。

明瞭な言葉で伝えてもらえる方が、後々の恋愛にも生かすことができるのは間違いありません

伝える際は、相手を思いやって優しい言葉遣いをするのがリスク回避となります。

3-3.彼氏ができたと伝えて断る

「ごめんなさい。彼氏ができたの」と切り出せば、ほとんどの男性は納得します。

稀に「俺の方がいい男のなのに、どういうことだよ!」と逆ギレするナルシスト男性がいないとも限りませんが、やはり割合は極めて少数。

常識のある男性なら「そうなんだね。お幸せに」「今までありがとう」といってあなたの前から去っていくでしょう。

伝える時に「あなたのことは人間的に好きだけど」などといった、一見思いやりがあるように映るフォローはしない方が賢明

興味がないということを、しっかり伝えてあげることもまた優しさなのです。

4.マッチングアプリで出会った相手が恋活・婚活に合わないと思った時の対処法

マッチングアプリで出会った相手が恋活・婚活に合わないと思った時の対処法

マッチングアプリで出会ったお相手に、「恋活・婚活の対象者としては合わない……」と思った際に取るおすすめの行動は以下の4つ。

  • 別の相手を探す
  • 自分の理想の相手を見直してみる
  • いろんな相手とデートしてみる
  • マッチングアプリを変えてみる

各々について詳しく解説します。

4-1.別の相手を探す

マッチングアプリの大きなメリットは、たくさんの異性と出会える機会があるというもの。

  • 「何か合わない」
  • 「相性が悪いかも?」

そう感じたら、気持ちを切り替えて別の人を探しましょう。

2股交際は問題に発展することが多いため、推奨できないものの、付き合う前の段階であれば複数の異性を確保しておくことは決して悪くありません。

「やはり恋愛は、相思相愛の関係になれるのが望ましい」と考える人も多いはず

高望みばかりするのはNGですが、心のどこかで「自分にはもっと良い相手がいるかも?」くらいには考えておいてくださいね。

4-2.自分の理想の相手を見直してみる

出会いを探すのに夢中になりすぎると、ついどんな人が理想の相手だったのかというのを見失うことになりかねません。

「これだけは譲れない!」という条件もあるはず。

時には冷静になって、「こういう異性と出会いたい」といった条件を紙に書き出すという見える化作業をしてみましょう。

4-3.いろんな相手とデートしてみる

「理想の相手と巡り合いたいのなら、多くの相手にアタックし続けるべし」という言葉は、出会いの本質を突いています。

1人目や2人目でいきなり運命の人と巡り合えた人は幸運という他ありません。

ですが、やはりある程度の人数と出会ってみなければ、相性の良いお相手かどうかわからないことのほうが多いです。

闇雲に出会う人数を増やす必要はありません。

しかし「ちょっと違うな~…」と感じたのなら、フットワークを軽くしてまた別の異性と合うくらいのスタンスを持っているくらいが、ちょうどいいのではないでしょうか。

4-4.マッチングアプリを変えてみる

出会い系アプリと称され警戒されていた時代と比べれば、今のマッチングアプリは質やバリエーションが全く違っています。

ひとつのマッチングアプリに固執する必要は、どこにもありません。

ライトな出会いを求めている人を対象としたマッチングアプリもあれば、婚活に特化したものも存在します。

国際結婚がしたい人は、外国人と出会いやすいマッチングアプリを使うというのも選択肢に入れるべきでしょう。

もし、マッチングアプリを変えるなら以下に紹介するアプリを検討してみてください。

ハイスペと出会うならフェリ恋

ハイスペと出会うならフェリ恋

画像引用:フェリ恋

登録者数 非公開
料金 【男性】月額3,680円
【女性】無料
年齢層 20~30代
運営会社 株式会社フェリーチェ
インターネット異性紹介事業届出
第30190066000号

「恋活や婚活相手はハイスペックなエリートがいい!」

そんな方には、ハイスぺ専門アプリの「フェリ恋」がおすすめです。

フェリ恋では勤め先によって男性が明確にランク分けされているので、男性のスペックが一目瞭然。

また男性は、職業証明を提出し一定の基準をクリアしないと申請が通らないことから、ランクの程度はあれ一定水準のスペックは保証されています。

金銭的に余裕のある男性を見つけたいなら、ぜひフェリ恋に登録してみてくださいね。

 

恋活ならpairs(ペアーズ)

恋活ならpairs(ペアーズ)

画像引用:pairs(ペアーズ)

登録者数 約1,500万人
料金 【男性】月額3,590円~
【女性】無料
年齢層 20~40代
運営会社 株式会社エウレカ
インターネット異性紹介事業届出
第30130004024号

pairsの魅力は会員数が多いこと。会員数は累計で1000万人以上。

マッチングアプリとして国内最大規模の会員数なので、「合わない」と思ってもまたすぐに次の候補を見つけやすいのが特徴です。

もちろん怪しいユーザーがいれば運営に通報できるシステムがあり、24時間365日監視体制が整ってるいるので、安全面でも心配はありません。

 

 

pairsについてはこちらの記事もご参考にどうぞ。

 

婚活ならゼクシィ縁結び

婚活ならゼクシィ縁結び

画像引用:ゼクシィ縁結び

登録者数 140万人
料金 【男性】月額4,900円
【女性】月額4,900円
年齢層 20代後半~30代
運営会社 株式会社リクルート
インターネット異性紹介事業届出
第30210027000号

ゼクシィ縁結びには、価値観の合う相手と出会える「価値観診断」というサービスがあります。

価値観診断では、18個の質問からあなたの価値観や相性を診断して、あなたに合う相手を毎日紹介してくれます。

事前にあなたと相性が良いとわかっている相手であれば、「合わない」と感じることも少なくなるかもしれませんね。

特に結婚を視野に入れたお付き合いであれば、相手との価値観の相性は重要です。

婚活したい方は試してみる価値があるアプリです。

何より、結婚にしたい人が登録しているアプリなので、本気度が高いユーザーが多いのも特徴です。

 

 

女性におすすめのマッチングアプリはこちらの記事もご参考にどうぞ。

 

5.マッチングアプリで知り合った相手には個人情報は安易に教えない

マッチングアプリで知り合った相手には個人情報は安易に教えない

マッチング相手と親しくなると、気が緩んで個人情報を話しがち。

しかし、相手の見極めがしっかりできるまでは、個人情報を安易に教えない方が賢明です。

本名や電話番号はもちろんのこと、住んでいるエリアや最寄り駅、そして勤め先なども、教えないようにしましょう。

断片的な情報でも、繋ぎ合わせればかなり詳細に個人情報が特定できます。

すでに個人情報が筒抜けの状態でマッチング相手と関係がこじれると、最悪ストーキングされたりネットに個人情報をされる恐れも。

怖い思いをすることがないように、相手との交流を深めつつも用心を怠らないようにしましょう。

6.まとめ:マッチングアプリで相手と会わないと思ったらすぐに対処したほうが吉

マッチングアプリで相手と会わないと思ったらすぐに対処したほうが吉

マッチングアプリでは多くの出会いが期待できる一方、「合わないな」と感じる人との出会いも多くあります。

そんな時は、我慢をせず早めに対処しましょう。

マッチング相手と会わないと思った時の対処法は以下の通りです。

  • まずは様子見し、相手を見極める
  • 無理だと思ったら、徐々にフェードアウトする
  • 相手を刺激しないように丁寧に断わる
  • しつこい相手なら、ブロックすることも大事

また、相手に少しでも不信感や違和感を感じたら、個人情報が含まれるような話はその時点からしないようにしましょう。

悪質な相手の場合、ネットで個人情報のさらし上げをしたり、ストーカーに発展したケースも報告されています。

安心してマッチングアプリを使うためにも、上手くいかなかった時の対処法を事前に知っておくことは非常に大切。

この記事を参考に、楽しく、そして安全に素敵な出会いを見つけてくださいね。

 

マッチングアプリで彼氏を作るコツはこちらの記事をご参考にどうぞ。

マッチングアプリで上手くいかない理由はこちらの記事をご参考にどうぞ。

関連記事

  1. ハイスペック男性と出会えるマッチングアプリ8つ!出会うコツ・注意点も紹…

  2. マッチングアプリの浮気率と対処法とは?

  3. マッチングアプリで会った人の感想は?結婚相手・彼氏はできる?

  4. 愛媛県の人におすすめのマッチングアプリ7つとおすすめデートスポット

  5. マッチングアプリの勧誘・営業パターン5つと会う前の見極め方・対処法

    マッチングアプリの勧誘・営業パターン5つと会う前の見極め方・対処法

  6. マッチングアプリにありがちな嘘10個と嘘を見抜く方法

    マッチングアプリにありがちな嘘10個と嘘を見抜く方法

  7. どこで会える?完全無料で得られる出会いの場5選|絶対出逢いたい人のメソッド

    無料のマッチングアプリで安全に出会えるものはどれ?

  8. フェリ恋を使った男性の口コミ・評判は?どんな男性におすすめか紹介

    フェリ恋を使った男性の口コミ・評判は?どんな男性におすすめか紹介

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本