医者狙いの人におすすめのマッチングアプリ

医者の妻になりたいと思う女性は多いですよね。しかし、実生活で男性医師との出会いはなかなかありません。

この記事では医者と出会うためにおすすめのマッチングアプリや医者にモテるコツについてご紹介します。

1.実生活で婚活している医者と出会える確率は低い

医者、という職業に対する一般的なイメージとして挙げられるのはやはり「給料が良い」というものでしょう。実際高収入な職種の一つではあるものの、医者になるまでには相応の苦労があり、そしてとても忙しい職種であると言えます。

単純に医者に会う、というだけであればそれこそ病気や怪我で病院に行った際に会えますが、それ以外の実生活上において医者と出会える確率はほぼほぼ皆無でしょう。それこそ知人に医者が居る、医療関係者が居るという人でも無ければまず出会えることはないでしょう。

それは婚活においても同じで、「婚活している医者」というものは中々いません。理由はいくつかあり、まずそもそも「忙しい」というもの。シンプルに婚活できるほどの暇がない、という場合です。

そして「婚活しなくてもモテる」という場合。まず医者という職業である以上最低条件として「高収入で高学歴(知的)」というものがあるため、基本的にモテます。高収入であり、医療という人の命を支える職業という社会的地位の高さに、そんな職務に向き合える責任感の高さと、医者になるという高いハードルを前に学業に取り組んだ真面目さなど、魅力の塊である以上、それを覆すほどの欠点でも無い限りは婚活するまでも無く相手に恵まれるでしょう。

一応医者専用の婚活プランなんてものも存在していますが、いずれにしろ単純に出会うのは難しく、また競争率の高い相手であると言えるでしょう。

マッチングアプリの特徴・料金・会員数一覧

2.医者に出会いたい人にはマッチングアプリがおすすめ

簡単に出会えないのであればどうすれば良いか?単純な話です、分母を増やせば良いのです。日本中で婚活が行われていると言っても、実際に婚活パーティーなどに出席したりする関係上、どうしても住んでいる場所が近い人しか選択肢に上がらないため、そもそも男性の数が限られてしまいます。

しかし、マッチングアプリであれば日本各地どこに居てもマッチングできますし、何より時間が無くとも相手とつながりを持つことが可能です。

3.マッチングアプリで医者に出会いたい!医師の妻に向いている女性のタイプ

医者を狙う、と言っても相手に選ばれなければどれだけ医者と出会う機会があっても意味はありません。「自分が医者と結婚したいから」というだけの理由で結婚できるほど世の中は甘くありませんし、何より結婚しても結婚生活が続かなければ意味が無いでしょう。医者の妻になれば人生勝ち組…というわけでもなく、医師の伴侶となるには相応の苦労もあり、向いているタイプと向いていないタイプがあります。

まずほぼ前提といえるのが、「衛生管理ができるかどうか」というもの。医者の不養生という言葉がありますが、人を診る側の人間である医者が体調を崩したり、不衛生な生活をしていてはいけません。それは医者の妻でも同様であり、ただでさえ仕事で病人や怪我人の相手をしているのに、家でも病気や怪我になった妻の看病をしなければならない、なんて状態になってしまっては夫の負担は大きいものになるでしょう。

次に「ちゃんと言われた事ができるか」というもの。多くの医療関係者が嫌うもの、それは「言われたことを守らない患者」です。「一日三食、食後に薬を飲んでください。」「一週間きちんと薬を飲んでください」「怪我が治るまでは○○しないでください」というのは、完璧に治るまできちんと従わなければなりません。

「飲むの面倒くさい・飲むの忘れたけどまぁいいか」というのは論外であり、「体調良くなってきたから飲まなくて良いや」というのは医者に「体調が良くなったら飲まなくても良い」と言われていない限りはダメです。勿論夫に完全に従え、というわけではありません。

最後に「家事・育児への協力が無くても大丈夫である」というもの。医者という職業は、基本的に激務です。それこそ夜遅くに急患により家をでなければならない事もあったり、家族サービスを行うような余裕は中々持てません。

何より普段から人の命や健康に関わるという責任のある仕事をしているため、仕事による精神的な負担も大きく、家事や育児を手伝おうという精神的な余裕も無い事が多いのです。そのため、家事育児を自分一人でこなしてみせる、と言い切れるような人で無ければ医者の妻は難しいでしょう。

4.マッチングアプリで医者の目に留まりたい!男性医師にモテるおすすめプロフィール写真

マッチングアプリを利用する上で重要なのは「プロフィール」です。まず相手の目に留まらない事にはお話の機会すら訪れません。残酷な話ではありますが、マッチングアプリにおいて出会えるかどうかは顔にかかっていると言っても過言ではありません。

顔が重要とは言え、写真であればある程度は誤魔化しが効きます。勿論あまりに実際の顔とは違いすぎるような加工しまくった写真を使ってしまっては、出会うまで関係が発展しても実際に会った際に逆効果になってしまうため、加工せずにできるだけ良く写るためのコツをご紹介します。

まず、「距離感」です。プロフィール写真を撮る際に重要なのは近すぎず遠すぎず、大体胸の上から頭の上が全部収まる程度の距離が好ましく、近すぎるとどうしても顔の素材そのものの良さで勝負しなければならず、遠すぎると他の人と一覧表示された際に見づらく、印象に残りにくくなってしまいます。顔に自信があるという人であれば勿論距離が近めでも構いません。

次に「角度」について。写真写りはどの角度で写るかによって見栄えが変わってきます。例えば男性の普段の正面顔は特になにも感じないが、ふとした瞬間に目にした横顔にきゅんとする、という方も多いでしょう。正確には横顔というよりは斜めの顔、イメージとしては正面顔と横顔の中間辺りの角度が写真映りの良い角度であると言われています。

最後に「メイク・衣装」について。メイクや衣服は印象を決めるのに重要な要素であり、特に医師をターゲットにするのであればできるだけ「清潔感」「健康的」「知性」という3つの要素を感じさせるものが好ましいでしょう。メイクもあまり濃すぎるものは受けが悪い事が多いため、注意しましょう。

5.マッチングアプリで医者に会いたいと思わせたい!男性医師にモテるおすすめのプロフィール内容

次にプロフィールの内容について。プロフィール写真は第一印象を決めるもの、プロフィール内容は相手を知るために必要なもの。いくら顔が良くても、プロフィール内容が地雷な相手をわざわざ選ぶのはそもそもプロフィール画像だけしか見てない人や、あるいは変わった趣向を持つ相手くらいなもの。

プロフィール内容を決める場合、穴埋め式と自由記入式の二通りがあります

前者は、予め性別や好みなどの記入欄が用意されているタイプで、こちらに関してはできる限りきちんと全部埋めること、嘘は書かない事を注意しておけば良いでしょう。自由記入式は、空白の記入欄に好きな事を書けるタイプです。

まず、絵文字や顔文字の使いすぎはNGです。一切使わないのも味気なく目立たないため、あくまでアクセント程度に留めておきましょう。

次に「焦り」を見せるのはNGとなります。すぐに結婚したい、早く子供が欲しいといった焦りや余裕の無さは相手に「重い女だ」と思わせてしまいます。勿論結婚を目的としているという事を明言するのは大事ですが、あくまでも婚活として利用している、という程度に主張しておいた方が良いでしょう。

焦ってはいけませんが、かといって結婚を軽く見ているのもダメです。結婚や婚活に対してどれだけ意欲があるか、そして誠実であるかをアピールしておく事は大事です。あくまでも相手に重い印象を与えず、真面目に婚活をしているという意思を感じてもらえるようなプロフィール内容が好ましいといえるでしょう。

6.マッチングアプリで医者と出会ったときのために知っておきたい男性医師の年収・勤務時間

医師は基本的には高給であるとは言いましたが、医師が全員高給であるとは限りません。
例えば研修医であれば、当然ながら普通の医者とは異なり給料が低く、年収300から500万程度だったりもします。

医師の平均の年収は大体1240万円程度であるとされ、医師には大まかに病院に勤務している勤務医と、自ら医院を開いている開業医の2つに別れます。そして勤務医と開業医は平均年収が倍近く異なり、基本的に開業医の方が高給になります。

ただし、開業医とはつまるところ経営者であるため勤務医よりも圧倒的に数が少なく、また親が開業医でそれを引き継いだという人でも無ければ基本的に開業医の方は高齢な方が多く、若い医者を求めているのであれば必然的に勤務医の中から選ぶ事になります。

また、勤務医であってもどの病院で働いているかによって年収が変わり、大抵の場合は1300万円から1400万円程度の年収ですが、臨床研修病院や大学病院は300万円から500万円程度と、大幅に年収が下がります。と言ってもあくまで大学病院は最先端医療や研究に従事できたり、人脈や社会的地位を得る事ができる場所であるため、一概に悪いとは言えません。将来性を見るのであれば大学病院で研修医をやっているという人も、十分選択肢に入るでしょう。

次に勤務時間。医者はとても忙しく、まず基本的に8時間から10時間程度の勤務時間に加え、非常勤や休日が取れない事も多く、それこそある程度経済的にゆとりのある開業医でも無い限りはろくに休めないほどの過酷な職種であると言えます。特に休みに関しては深刻で、週に2日休みが取れるという医者は全体的に見て半数居るかどうか、1日しか取れないという人は3割、1日も取れないときがあるという人は2割も存在します。

単純に医者としての診療が忙しいというだけでなく、事務仕事や自己研鑽などのやることが多いというのが医者が激務であるという理由として考えられます。

7.マッチングアプリで医者にモテるコツ

マッチングアプリで医者にモテるコツはずばり「相手を労れる」というもの。上記でも解説しましたが、基本的に医者は激務です。特に30代から40代の勤務医は基本的に休む暇がないと言っても過言では無いでしょう。

そのため結婚する以上は仕事以上に余計な負担を抱えたくない、という人が大半です。仕事が終わり、クタクタな状態の自分を気遣ってくれるような癒やしを求めています。仕事の忙しさに理解を示し、かつ旦那に負担を強いる事がなく、仕事の疲れを労ってくれる、そういった人が医者にモテやすいと言えるでしょう。

8.医者に出会いたい人におすすめのマッチングアプリ5選

最後に医者に出会いたい人におすすめのマッチングアプリを5つご紹介しましょう。

今回ご紹介するのは「Pairs」「Omiai」「Marrish」「ゼクシィ縁結び」「ユープライド」の5つ、それぞれ長所や短所などを比較しつつ解説していきます。

1.Pairs(ペアーズ)

最初にご紹介するのはPairs(ペアーズ)です。「真面目な出会いの婚活・恋活 マッチング系アプリ」としてリリースされているこのアプリは、ビデオデート機能などを搭載している恋愛系マッチングアプリです。

匿名表示のため実名を公に晒す必要が無く、いいねをした・された相手から更にいいねを返される事でメッセージのやり取りが可能となる仕組みのマッチングアプリとなります。Facebookのアカウントを利用して始めることも可能で、会員数も多い安定したアプリであると言えます。

特定の相手に直接いいねできる他にも、アプリ内でコミュティというものが存在しており、相手が参加しているコミュティにいいねする事によって「いいねした理由や自分との共通点」を最初から伝える事ができるという点も魅力的でしょう。

2.Omiai

続いてご紹介するのは「Omiai」です。こちらも相手からいいねをされた際にいいねを返すことでメッセージのやり取りが可能になる仕組みで、特徴としては相手によって「いいね」の消費数が変わるということ。

いいねとは言い換えればポイントであり、相手が他の人からどれだけいいねを受け取っているかによって消費数が変わってきます。基本的にいいねを送る相手がこれまで受けたいいねの数が多いほど消費数が増えるため、いいねの消費数が1や2の人はまだ他の人からいいねを貰っていない人、逆に5や10の人は多くの人からいいねを貰っている人気がある人という判断ができます。

送れるいいねのメッセージ種類もいくつかあるため、できるだけ自分からいいねを送り、相手の注目を勝ち取れるかがこのアプリでのキモとなるでしょう。

3.marrish(マリッシュ)

続いてご紹介するのは「marrish」です。こちらもいいねを送り、相手からもいいねを返して貰った場合にメッセージのやり取りが行えるマッチングアプリです。

職業検索ができるため、医者をピンポイントで狙い撃ちしやすいという点が魅力です。他にも、シンママ・シンパパや離婚経験のある人の再婚応援に力を入れており、結婚経験がある方の利用者も他のアプリより多いというのが特徴といえるでしょう。

そのため年齢層も比較的高めで、20代や30代前半の若い人の婚活というよりは、30代から40代の中年層の婚活向けマッチングアプリと言えます。

4.ゼクシィ縁結び

続いてご紹介するのは「ゼクシィ縁結び」です。こちらも他のアプリ同様に相互にいいねを送ることでメッセージのやり取りが行えるようになる仕組みです。

特徴としては「価値観診断」「お見合いコンシェルジュ」でしょう。これは18個の質問を元に利用者の価値観を診断し、親しい価値観の相手を紹介してくれるというもの。ただ、当然ながら親しい価値観の持ち主が医者であるというわけではないため、医者をピンポイントで探すには向いていません。あくまで親しい価値観の持ち主の中に医者が居たらラッキー、という程度でしょう。

そしてお見合いコンシェルジュはゼクシィ縁結びのスタッフによってデートのプランや日時の調整を行ってくれるというもの。慣れないデートの組み立てをサポートしてくれます。

5.ユーブライド

最後にご紹介するのは「ユーブライド」です。YYCやポイボーイを運営している大手会社によって運営されている婚活マッチングアプリであり、恋活ではなく婚活、つまり成婚する事を目的として運営されているだけあって、高い成婚率が特徴です。

また、安全性も高く、365日24時間体制で悪質ユーザーの監視や排除を行っているため、安心して利用することができるでしょう。恋活ではなく、真剣な婚活を前提としているマッチングアプリであるため、利用者の年齢層もやや高めとなっています。

まとめ マッチングアプリは医者に出会う確率が実生活より多い

以上、医者狙いの人におすすめのマッチングアプリと、医者を狙う上でのコツを解説しました。

今回の内容をまとめると以下の通りとなります。

  • 医者は高給だが、開業医や勤務医、研修医などで給料が大きく変わる
  • 医者は激務なため、家族サービスや育児・家事の手伝いは望めない
  • 医者と結婚する上で妻側にも求められる能力がある
  • マッチングアプリで探す際は、結婚に対して誠実かつ真剣に、それでいて焦りなどの重い要素を見せない事が大切

また、マッチングアプリで医者を狙う際の注意点として、「医者を騙る偽物」の存在が挙げられます。医者はモテます、そのため医者でも無いのに医者と騙る人が居たりもします。

そういった人を見分ける方法として、名前を聞き出し、厚生労働省ホームページにある「医師等資格確認検索」のページで検索をすることによって、その人が医師資格を有しているかを確認することができます。

関連記事

  1. 虫の夢!状況・種類別でわかる夢占いの暗示

  2. 目的別!カップル旅行人気観光地ランキング

  3. 看護師と出会いたい男性は多い!選ぶべき人のタイプや出会い方を紹介

  4. 子供の夢が暗示する夢占いの意味とは?

  5. ダイエット中の夜食におすすめの食べ物

  6. 別れる夢!人物・原因別の夢占いの意味

  7. サメとの状況や場所で診断する夢占いの意味

  8. 【ヤリコン】既婚者も参加するヤリコンとは?セックスを目的とした大人の関…