マッチングアプリで返信が来る一通目のコツ

マッチングアプリで実際にデートするにはメッセージのやり取りが必要です。大切なのは相手に返信をもらうこと。そこで、好印象を持たれやすい一通目のメッセージのコツや例文についてご紹介します。

1.マッチングアプリのメッセージは一通目が大切

人間見た目が8割とは言いますが、実際に会って話しているならともしも、プロフィール画像でしか見た目を判断できないマッチングアプリにおいては、見た目は話を始めるきっかけの一つに過ぎません。

そして声よりも文字だけのメッセージは声による言葉以上に文面が重要になります。例えば同じ「おはよう」という挨拶でも、単発で「おはよう」とだけ言うような人はどこか冷たい、淡白な印象を受けますし、逆に絵文字や顔文字を多様する人は馴れ馴れしい印象を受けます。

マッチングアプリは手軽に相手を見つけられるのが利点ではありますが、同時に簡単に相手との関係を断つことができるのも利点であると言えます。だからこそ、相手との関係を築き、続けるためにも一通目のメッセージは最重要であると言えます。

医者狙いの人におすすめのマッチングアプリ

2.マッチングアプリの一通目のメッセージで伝えたいこと

最初の一通目は最重要であり、伝えるべきことを伝える必要があります。しかし、長くなりすぎるのはよくありません。長過ぎる文はそれだけで相手の読む気力を奪ってしまうため、それだけでマイナスポイントとなってしまいます。

必要な事以外は会話を続ける最中に聞いたり言えば良いのであって、最初の一通目は必要な事をまとめた読みやすい簡潔な文章であることが理想的であると言えるでしょう。

1.相手に常識ある男性であることを伝える

最初に必要なのは相手に対し、自分が常識のある男性であるという事を理解してもらう事。いきなりすぐに会いたい、連絡先を聞く、電話で話そうとするといった非常識的な行為はもちろん論外であり、あくまでもファーストコンタクトは「挨拶」である必要があります。

といっても、いきなり「自分は常識ある男ですよ~」なんて言われても逆に胡散臭くなってしまいます。常識的かどうかは別に言葉にせずとも文章の内容によって伝わるものであり、馴れ馴れしすぎない事、そして逆に余所余所しいのも距離感を感じてしまうためNGです。

適切な距離感で接する事が最初の一通目で重要なポイントなのです。そして相手によって接し方を多少なりと変える必要もあるでしょう。大抵のマッチングアプリにはプロフィールがあり、写真以外にもプロフィール内容によってある程度その人がどういう人かを判断する事ができます。

例えば相手のプロフィールの書き方が明るく、あまり敬語なども使わないタイプであればこちらもあまり丁寧すぎる口調で接するよりは、少し砕けた接し方の方が好意的に受け取られる可能性が高く、逆にプロフィール内容が丁寧にかかれている方であれば、こちらも丁寧に接した方が好意的になります。

2.相手にいかに興味があるのかを伝える

基本的にマッチングアプリを利用してまで話し相手や、恋人を探すという人は少なからず自己顕示欲があります。それこそ自己否定の塊でも無ければ、誰しも自分に興味を持ってもらいたいもの。

そのため、自分に興味を持ってくれていない、自分の事しか話さない人は好まれない事が多く、逆に自分に興味を持ってくれている人は好意的に見える事が多いのです。しかし、この興味も内容を選ばなければなりません。

同じ興味と言っても、単純に人となりを知りたいという意味での興味と、下心から来る興味では意味合いが変わってきます。下心混じりの興味は仲良くなってからならちょっとした冗談として笑いのネタになるかもしれませんが、初手の選択肢としては悪手でしかありません。

真摯に、あなたのことを理解したいという気持ちが伝わるような興味の示し方が好ましいでしょう。特に、特定のコミュティや趣味の検索機能があるマッチングアプリなら共通の趣味という点から興味を示しやすいため、そういった話題から入るのが良いでしょう。

3.真剣に相手と向き合いたいことを伝える

最後に重要なのが「真剣さ」です。マッチングアプリは多くの人と出会いの機会がある関係上、仮にメッセージのやり取りを行えるようになってもその段階ではまだ「数多く居る候補の一人」でしかありません。

より深い関係に発展するためには、軽薄よりも真剣に相手と向き合い、関係を築きたいという意思を見せることが大切です。とは言っても、「真剣さ」と「重さ」を混同してしまってはいけません

それこそファーストコンタクトから「今まで出会ってきた方と上手く行かなかった」や「そろそろ結婚しないと厳しい」というような余裕の無い姿を見せられても、相手からすれば面倒なだけであり、同情心から関係を築いても上手くいくことは無いでしょう。

3.マッチングアプリで相手に好印象を持たれる男性の一通目メッセージとは

実際に相手に好印象を持たれるメッセージのコツをいくつかご紹介しましょう。ただし注意点として、ここでご紹介したコツを全て使えばいいというわけでもなければ、人によっては逆効果である可能性もあるという点が挙げられます。

つまりは人と言葉を選ぶ必要があるという事。そして詳細は後述しますが、「テンプレート的な文章はNGである」という事も注意しましょう。

1.常識的な挨拶や丁寧な言葉が使われている

上記でも常識ある男性である事をアピールするというのを解説しましたが、その方法がこれです。挨拶に関しては「常識的」というのは考えなくてもわかることではありますが、挨拶も無しにいきなり質問から入る人や、意味がわからない事を言ってきたりする人も居ます。マッチングアプリをある程度利用したことがある女性であれば、そういった男性に当たってしまったという経験が一度はあるでしょう。

そのため、まずは常識的な挨拶から入ることで、少なくとも「この人はきちんと挨拶から入る人なんだ」という印象を与える事ができます。言葉遣いも乱暴であったり、逆に冷たい印象を与えてしまうような淡白なものよりも、丁寧な方が印象は良いでしょう。ただし、丁寧も度が過ぎると取っ付きにくくなるため、あくまでも馴れ馴れしすぎないように丁寧に接するように心がけよう、というコツです。

2.相手に興味を持った理由が書いてある

次に「相手に興味を持った理由が書いてある」ことについて。こちらも前述したように、基本的に自分に興味を持ってもらいたいという人がマッチングアプリの利用者には多く、自分から聞きに行ったわけでもないのに勝手に自分語りをする人や、自分に興味が無さそうな人と話すくらいなら自分に興味を持ってくれる人と話した方が楽しいと考えるのが当たり前です。

そのため、「何故自分に話しかけてきたか」という、相手に興味を持っている理由を明確にしておく事で、相手に自分に興味があるのだという好印象を与えることができる他にも、その興味の理由によっては話題のネタとして挨拶からスムーズに話を展開することもできるでしょう。

特におすすめの方法として、「相手のプロフィール内に書かれている事」を興味の理由にする事が挙げられます。マッチングアプリの中には共通の趣味や、性格診断などで相性の良い相手を自動的に見つけてくれるシステムがあったりしますが、それだけでは興味の理由としては少し薄いと言わざるを得ません。しかし、相手のプロフィールにしか書いていない事を興味の理由として挙げる事によって、「ちゃんとプロフィールを読んでから声をかけてくれた人」という印象を与える事ができます。

3.相手との共通点や相手の趣味について触れている

上記の相手に興味を持った理由と通じる内容ではありますが、相手との共通点や相手の趣味について触れているというのも重要です。

これはそのまま相手への興味の理由と同じ事が言え、自分と同じ趣味や共通点があるという事はプロフィールにしっかり目を通していて、かつきちんとした理由があってメッセージを送ってくれているという印象を与えられる他、共通の話題として話を広げることができるでしょう。

4.相手が答えやすい質問が書かれている

基本的にいきなり質問をするというのはNGとされていますが、何故NGなのかと言えば、大抵の場合その質問の内容が悪いというのが理由です。

例えば、いきなり身体的な質問をしたり、全く関係のない、質問された当人からすれば興味無いような質問であったり、経験人数などのセクハラ的な質問をする人も居ます。初対面、それもファーストコンタクトでいきなりこんな質問をされても良い印象を与えるどころか、即ブロックされてしまう事でしょう。

質問をする際には、答えやすく、かつそのまま話題として広げやすいものを選ぶと良いでしょう。例えば前述した、共通の趣味など。共通の趣味となるものが漫画やアニメ作品なら、どんな作品が、この作品のどのキャラが好きかという質問が答えやすく話を広げやすいためおすすめです。

5.定型文ではなく自分で考えたという気持ちが伝わってくる

最後に重要な点として、「定型文にならない」という点が挙げられます。後ほど例文をご紹介しますが、それと全く同じような文体のメッセージはもちろんNGですし、オリジナリティが感じられないような文章もダメです。

定型文というのはいわゆるテンプレート、つまり他の人にも流用できるような汎用性のある文章です。それこそ「他の人にも同じこと言っているんだろうな」と感じられてしまえばアウトであると言えます。

あくまでも「何を書くべきか」というのはこの記事でご紹介したものを参考にして頂いても構わないのですが、どのように書くか、というのは自分で考えなければなりません。そのため、自分で考えた文に見せるためには、完全にきっちりと整った文よりも、少し崩した感じの文の方が良かったりもします。

4.マッチングアプリの一通目のメッセージに返信したくなる例文

実際にどんなメッセージなら返信されやすいか?今回はその一例をご紹介します。ただし上記でも解説したように、完全なテンプレートとして流用せず、言葉遣いなどは自分らしさが出るようにアレンジしましょう。

一通目のメッセージは長すぎず、かといって短すぎないのが理想です。そして今回解説したコツを全て入れるとなると、以下のような例文になります。

「はじめまして、○○です!○○が好きとの事でしたので、気になっていいねしました。自分は○○の●●な所が好きなんですが、△△さんはどんな所が好きなんですか?」

まずは挨拶から、かしこまりすぎずかといって馴れ馴れしすぎない挨拶から入りましょう。そして次に興味を持った理由を述べて、最後に質問をする、という文になります。あまり長すぎると相手の読む気を損ないますし、短すぎてもどう話を展開して良いかわからず困らせてしまいます。丁度いい文量を心がけ、そして話をしたい・しやすい文を書くと良いでしょう。

5.マッチングアプリの一通目のメッセージに返信したくなくなる例文

逆にメッセージを返したくなる文とはどのようなものか、というのについても解説していきましょう。まず、論外なのは「長過ぎる文」です。

マッチングアプリの中にはメッセージの回数が決まっていたり、お金がかかるものも少なくはありません。そのため、できるだけ少ないメッセージ数で連絡先を交換したり、会ったりしたいという人が多いでしょう。

そのため、少ないメッセージで済ませるために文字数をぎゅうぎゅうに詰め込む人も居るかも知れませんが、基本的にこれはNGです。読みづらく、ストーカーのような不気味な印象を与えてしまう可能性があるためです。

他にも、「はじめまして、ちゃんと話したいのでLINEとか教えてもらえますか?」というようにすぐに連絡先を聞くのもNGです。「いいねありがとう、よろしく!」のように、マッチングした相手に毎回送っているんだろうなと思われるようなテンプレート的な文もNGでしょう。

まとめ マッチングアプリのメッセージは一通目がキーを握る

以上、マッチングアプリにおける一通目のメッセージについて解説しました。今回の内容をまとめると以下の通りになります。

  • プロフィール内容はあくまでも話すまでのきっかけ、実際に話すことができるかは一通目のメッセージ次第
  • 馴れ馴れしすぎるのもかしこまりすぎるのもダメ、程よく丁寧に挨拶する事が好印象
  • 長文は読みづらく、ストーカーのような印象を与えてしまう可能性があるため、避けた方が良い
  • 相手に興味を示し、惹かれた理由や質問でアピールするとテンプレート的な印象が薄まる

記事内でも触れましたが、最終的にメッセージに対してどのような印象を受けるかは人によります。

そのため、きちんとプロフィールを読んだ上で相手のタイプを見極め、どういったメッセージが良い印象を与えられるかを見極められるようになると、ぐっと成功率が上がるでしょう。

関連記事

  1. 不思議!足の指の長さや特徴でわかる性格占い

  2. 道後温泉!おすすめ観光スポット・宿泊特集

  3. 片思い中の女子必見!絶対に見逃せない男子の脈ありサインを大公開

  4. コイカツwikiを参考!ゲームを楽しもう

  5. 目的別!国内人気観光地ランキングTOP3

  6. 関東地方で冬に訪れたい観光スポット18選

  7. ジンとコーラ!カクテルの作り方とアレンジ

  8. 川の夢が暗示する夢占いの意味やメッセージ

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本