マッチングアプリでうまくいかない原因5つと解決方法

出会いを求めてマッチングアプリを試してみたものの、なぜか思い通りにいかないという人は多いはず。

安くないお金を出してるのに、結果が得られないとガッカリしますよね。

そこで当記事では、マッチングアプリでうまくいかない5つの原因を、ケース別に詳しく解説

さらに、どうすれば解決するかの方法もご紹介します。

原因1.マッチングアプリでマッチせずうまくいかない

原因1.マッチングアプリでマッチせずうまくいかない

自分の目的に合っていて、同年代の人たちが多く利用しているマッチングを選んだ。

それなのになかなかマッチングできないという場合、もしかしたら利用方法が間違っているのかもしれません。

マッチングアプリを使っていて、以下の点に心当たりはありませんか?

  • 積極的にいいねを送ったりメッセージを送ったりしない
  • プロフィールの文章から魅力が伝わってこない
  • プロフィールや写真がうまくいっていない
  • ライバルが多い相手ばかり選んでいる

1-1.積極的にいいねを送ったりメッセージを送ったりしない

マッチングアプリは使い方次第で異性と出会えるツール。

ですが、出会いに対して受け身になってしまう人には向いていません。

マッチングアプリの多くは、気になる異性に「いいね!」を送ることでマッチングが可能。

つまり、自分から行動を起こさないと出会うことはとても難しいんです。

特に男性の場合、イケメン・お金持ちなど、他人より秀でたものがないと、女性からアプローチしてくることはまずありません

「待ってたらそのうち向こうからいいねしてくれるだろう」という考えは捨てるべき。

マッチングした後も自分から積極的に動きましょう。

マッチング後はいかにメッセージのやりとりを続け、実際に会う段階まで持っていくかが勝負。

それなのに、「マッチングして満足してしまった」、「どんな話題を振ればいいか分からない」などの理由で、メッセージを送らない人もいます。

結果、なんの進展もないまま終了となってしまうんです。

マッチングアプリを使うなら、自分から積極的にいいねやメッセージを送りましょう。

1-2.プロフィールの文章から魅力が伝わってこない

プロフィールの文章から魅力が伝わってこない

マッチングアプリでは写真とプロフィール文を見てからコンタクトを取ってみようか判断します。

そのため顔写真が素敵に撮れていてもプロフィール文から魅力を感じなければ、マッチング率は上がらないのです。

プロフィールにほとんど内容が書かれていないと相手がどんな人なのかイメージにしにくく、会ってみたいとは思えませんよね。

つまり内容が薄い文章だったり、ダラダラと長すぎる文章は魅力的ではないといえます。

魅力的な文章を作る時は以下の5つを記入するといいですよ。

  • 簡単な挨拶(「初めまして」「見ていただきありがとうございます」など)
  • マッチングアプリを利用し始めた理由(さらっとでOK)
  • 簡単に仕事内容を説明
  • 休日の過ごし方や趣味
  • 最後の挨拶(「よろしくお願いします」「メッセージは必ず返信します」など)

この内容を意識して書くだけで魅力的なプロフィールに生まれ変わります。

特に休日の過ごし方や趣味の部分は、相手との共通点を探す項目になるので詳しく書くようにしましょう。

他にも”恋人としたいこと”や”今自分がしたいこと”など書くとより親切です。

マッチング率を上げるためにもプロフィールはしっかり書くように頑張りましょうね!

1-3.プロフィールの写真がうまくいっていない

プロフィールに掲載している写真は、マッチングする確率を大きく左右します。

「人間は中身が大事」とはいいますが、マッチングアプリのようにインターネット越しの出会いでは、相手のことを知る手段が限られています。

多くの場合、相手の第一印象を決めるのはプロフィール欄に掲載されている写真。

写真写りが悪いとマッチング率はガクンと下がってしまうんです。

たとえば、不潔感のある写真は女性に嫌がられるでしょう。

薄暗い部屋の中で撮影すると恐怖感を与えかねません。

散らばった部屋が写っていれば、片付けもできない人間と思われるはず。

また顔を隠しているのもマッチング率は低下します。

友人や職場の同僚など知られたくないからと、顔を隠した写真を掲載している人が多め。

ですが、顔が見えない相手には興味が持ちづらいものです。

顔の見えない人とマッチングしたものの、自分好みの顔じゃなかったというケースも…。

結果、時間とお金と労力が無駄になってしまいます。

異性の興味を引いてマッチング率を高めるためにも、以下のポイントを押さえた写真を掲載しましょう。

  • 清潔感がある
  • 笑顔で爽やかな印象を与える
  • 顔と全身が写っている写真を用意
  • 趣味を楽しんでいる写真も掲載

多くのマッチングアプリでは、プロフィール欄に複数枚の写真を掲載することが可能。

そこで、1枚目と2枚目に顔と全身の写った写真を用意。

3枚目には趣味を楽しんでいるか、ペットと一緒に写っている写真を用意しましょう。

例えば旅行先で撮影した写真を載せておけば、プロフィールと写真から話題が作りやすくなります。

マッチングした後に、メッセージのやり取りがスムーズになるんです。

▼マッチングアプリでモテる写真の撮り方はこちらを参考にしてください▼

1-4.ライバルが多い相手ばかり選んでいる

どうしてもマッチングできないという人は、相手を変えてみることをおすすめします。

マッチングアプリを利用している同性は、全員ライバルだと思ってください。

あなたが「いいね!」を送った相手には、もしかしたら他の人もいいねを送っている可能性が高いんです。

特に人気のある人はライバルも多め。

一度に何十人もの人達からいいねが送られているものなんです。

結果、多くのいいねやメッセージに埋もれてしまい、気づいてもらえないことも…。

あなたが異性に引っ張りだこで、いくつもいいねをもらう人気者だと想像してみてください。

はじめのうちは一人ずつプロフィールをチェックするでしょう。

でも、そのうち面倒になって写真でしか判断しなくなるかもしれません。

もしくは、もっと条件の良い相手が見つかるまで待つという選択肢を取る可能性だってあります。

つまり、よほど好条件でもない限り、ライバルたちに埋もれてしまい、人気のある人の目に止まることはないんです。

そこで、マッチング率を高めるために、以下の異性を狙ってみると良いでしょう。

  • マッチングアプリに登録したばかりの人
  • あまり人気がなくライバルが少ない人
  • 外見ではなく趣味・趣向が合う人

マッチングアプリに登録したばかりの人は、まだ他の人も注目していません。

そこで、誰かに取られる前に「いいね」を送ってアピールするんです。

ライバルが少ないうちに行動しましょう。

もしくは、地味で人気がなく、ライバルの少ない人を探すのもおすすめ。

マッチングアプリの利用者が増えれば、それだけ埋もれてしまう人も出てきます。

注目されていないということは、それだけマッチングもしやすいということ。

あえて外見を度外視して、自分と同じ趣味・趣向を持った人を選ぶのも方法のひとつ。

見た目がいい人はライバルも多くなりがち。

顔の良い人にこだわってマッチング率を落とすくらいなら、一緒にいて趣味を楽しめる人を選んだほうが関係は長続きするものです。

原因2.メッセージが良くないからうまくいかない

原因2.メッセージが良くないからうまくいかない

マッチングが成功しても、実際に会う段階までいけないという人は、相手に送ったメッセージの内容が原因かもしれません。

マッチングした相手に以下のようなメッセージを送ってはいませんか?

  • 自分の話ばかりしたり相手を質問攻めにしたり自己中心的
  • 早くデートすることに必死
  • 常識がない・なれなれしいなど相手を不快にさせている

2-1.自分の話ばかりしたり相手を質問攻めにしたり自己中心的

他人の自慢話ほど退屈なものはありませんよね。

話している本人は気持ちよくなれますが、聞かされる方は「凄いね」という感想しか浮かばないもの。

同じことをマッチングした相手にしていたら、メッセージが続かないのも当然です。

また、相手を質問攻めにするのもおすすめできません。

マッチングしたばかりで相手のことを知りたいと思うのはわかります。

ですが、だからといって個人情報を根掘り葉掘り聞くと、相手に不信感や警戒心を与えてしまいます

プロフィールに載せてる写真のことに触れたり、相手の趣味についてたずねてみたりするのがベターです。

2-2.早くデートすることに必死

マッチングしたからといってすぐに会えるわけではありません。

1~2週間ほどメッセージのやり取りをして、相手のことを知ってから会うのが普通。

マッチングした直後に「早く会いたい」なんてメッセージを送るのは絶対にNG

特に男性から女性に送っても、「下心がありそう」「余裕なさすぎ」「焦ってる?」と思われるだけです。

2-3.常識がない・なれなれしいなど相手を不快にさせている

マッチングして最初のメッセージがタメ口、もしくは馴れ馴れしい口調だと、相手に不快感を与えてしまいます。

友達でもない相手に、いきなり馴れ馴れしい態度を取られるとイラッとしませんか?

  • 「常識がなさそう」
  • 「頭が悪そう」
  • 「軽い性格かも」

という悪い印象を持つ人も少なくないんです。

最初は敬語で挨拶が基本。

何度かメッセージのやり取りを繰り返し、相手に好印象を与えてから距離を縮めていきましょう。

原因3.デートが良くないからうまくいかない

原因3.デートが良くないからうまくいかない

自分にあったマッチングアプリを使い、プロフィールや写真も完璧。マッチングしてメッセージのやり取りも問題なし。初回のデートまでこぎつけたのは良いけど、なぜか2回目以降に繋がらないという人も多いはず。

デートで上手くいかない人は、以下のようなことをしてはいませんか?

  • 相手に合わせていない
  • 会話が続かない
  • 清潔感がない・ダサいファッション

3-1.相手に合わせていない

デートで男性が女性を引っ張るのは、頼りがいがあります。

事前に予定を組み立てて、相手を楽しませようという気持ちが感じられて嬉しくなるもの。

しかし、自分勝手に相手を引っ張り回すのはNG。

相手の都合も考えずに予定を立てたり、帰りたいと思っているのに強引に引き止めるなんてことをすればストレスになるだけです。

面倒くさい相手と思われれば、次には繋がらないし発展しづらいでしょう。

3-2.会話が続かない

マッチングしてから何度もメッセージのやり取りを繰り返しているのに、いざ実際にあったら会話が続かない。

一言二言会話をするけど、無言の時間のほうが長いというのは、初対面同士だとよくあることです。

対策として、デートの前に相手の趣味や趣向を頭に叩き込んでおくのが良いでしょう。

興味のあることは話しやすいですよね。

相手の趣味を話題のきっかけにして話を引き出しましょう。

3-3.清潔感がない・ダサいファッション

デートで清潔感のある格好をするのは基本中の基本です。

想像してみてください、一緒に隣を歩いてる人が不潔な格好をしていたらどう思いますか?

頭はボサボサ、髭は伸び放題、黄ばんだ服なんて格好で現れたら、相手は他人のふりをして帰ってしまうでしょう。

次のデートに繋げるためにも、入浴しておくのは当然。

  • 髪型を整える
  • 髭を剃る
  • きれいな服を着る

など、清潔感のある格好をしましょう。

原因4.マッチングアプリに疲れているからうまくいかない

原因4.マッチングアプリに疲れているからうまくいかない

マッチングアプリを利用していると気疲れしてしまう…なんてことはありませんか?

複数の人と同時進行でやりとりを続けていたりすると「早くメッセージを返さなきゃ」とプレッシャーを感じてしまったり。

その現象は「マッチングアプリ疲れ」と呼ばれています。

ではそんなマッチングアプリ疲れはどうやったら解決できるのか?

  • アプリの数ややり取りする人数を減らす
  • 思い切ってマッチングアプリから離れてみる

ここでは2つの解決方法をご紹介します。早速詳しく見ていきましょう。

4-1.アプリの数ややり取りする人数を減らす

まずはアプリの数や、やり取りする人数を減らしてマッチングアプリ疲れを解消しましょう。

いくつかのアプリを使っている人はメインのアプリを1つに絞ってみてください。

また、そのアプリ内でのメッセージのやり取りする人数も「この人とは続けたいな」と思う人だけに減らしてみてくださいね。

すると返信しなければいけないプレッシャーから解放されて、マッチングアプリを楽しく利用できるようになります。

人数を減らすことで素敵な出会いにつながる可能性もありますよ。

4-2.思い切ってマッチングアプリから離れてみる

マッチングアプリの利用頻度を減らしてみても気疲れが残るという人は、思い切ってアプリから離れてみるのも1つの方法です。

何事にも気分転換は大切です。マッチングアプリも例外ではありません。

気分転換してリラックスすると思わぬ出会いや、新しい物事に挑戦する機会が見つけられます。

1度アプリから離れて自分の時間を大切にしてみるのも、案外悪くないものですよ。

アプリによっては「休止モード」や「おやすみモード」という、退会しなくても自分の情報を残しておける機能があるので利用してみてくださいね。

原因5.そもそも自分に合ったマッチングアプリを選んでないからうまくいかない

原因5.そもそも自分に合ったマッチングアプリを選んでないからうまくいかない

マッチングアプリでうまくいかない原因のひとつは、自分の条件に合わないマッチングアプリを使っているから。

現在、数多くのマッチングアプリが世に出回っています。どのマッチングアプリも異性と出会うことができますが、利用している年齢層や目的に違いがあるんです。

多くの人たちは、マッチングアプリを以下のような目的で利用しています。

  • 遊び目的
  • 友活
  • 恋活
  • 婚活

遊び目的でマッチングアプリを使っている人は、当日だけの関係を求めているもの。

恋人にしたいなどはなく、適当に暇が潰せればそれでOK。

大半の男性は性行為を目的に相手を探していますが、中には昼食や夕食を一緒に食べてくれる相手を探している、なんて人も。

遊び目的の人が多く利用しているマッチングアプリは、本気でパートナーを探している人には向いていません。

本気で結婚相手を探している人には、友活や恋活目的の人たちが多く利用しているマッチングアプリは不向き

逆に、本気で結婚を考えている人ばかりが利用するマッチングアプリでは、気軽に趣味を楽しめる恋人探しは難しくなるでしょう。

ここからは目的別におすすめのマッチングアプリをご紹介します。

5-1.遊び・友活向け:ハッピーメール

遊び・友活向け:ハッピーメール

画像引用:ハッピーメール

マッチングアプリを使って異性と遊びたい、または友達が欲しいという人におすすめなのが”ハッピーメール”です。

10代〜20代の男女に人気があるアプリで、ユーザー数も2,500万人とたくさんの人に利用されています。

ハッピーメールに登録している人の大半が「気軽に出会いたい」と思って登録しているので、遊び・友活に最適なんです!

マッチング後すぐにメッセージで会える日時を調整するだけで、気軽に一緒に遊べるのがハッピーメールのいいところですよね。

恋愛より今は誰かと遊んで楽しく過ごしたいという人にぴったりのマッチングアプリといえます。

サクラや業者対策、安全性の保証もバッチリなので安心して利用できるのも魅力です。

誰かと気軽に遊びたい、友達を増やしたい人はハッピーメールをチェックしてください。

 

ハッピーメールはどんなアプリか?本当に出会えるのか?こちらの記事でまとめているのでご参考にどうぞ。

5-2.恋活向け:ペアーズ

恋活向け:pairs

画像引用:pairs

素敵な異性と恋愛したい人におすすめのマッチングアプリは”ペアーズ”です。

ペアーズは20代~30代向けの真剣な出会いを探している男女が集まるアプリで、自分と相性のいい人と出会えると評判なんです!

自分に合っている人と出会える理由は、充実した検索機能。

年齢や住んでいる地域だけでなく、趣味や身長・体型など様々な項目から自分好みのお相手検索ができちゃいます。

希望する項目が多くても、登録者数が多いので自分にぴったりの異性が見つかりますよ

またサクラや業者対策も24時間365日運営がパトロールしているので、安心してアプリの利用ができます。

マッチングアプリ初心者でも使いやすい、サポート機能も充実したアプリです。

恋活を始めたい人はぜひペアーズをチェックしてみてくださいね。

 

▼ペアーズの口コミはこちらの記事からチェックできます▼

5-3.婚活向け:ゼクシィ縁結び

婚活向け:ゼクシィ縁結び

画像引用:ゼクシィ縁結び

「結婚が決まったらゼクシィ」でおなじみの”ゼクシィ縁結び”は婚活を頑張りたい人におすすめですよ。

みんなが知っているゼクシィを発行している会社が運営しているから、安心して利用できますよね。

このマッチングアプリは結婚を考え始める20代後半~30代の男女に人気があり、累計マッチング数390万組と実績もあるアプリなんです。

登録後に18個の質問に答えるだけであなたと価値観の合う異性を紹介してくれます。

ゼクシィ縁結びの利用ユーザーは結婚を前提とした出会いを求めているので、どんな家庭を築きたいかの話もスムーズにできるのがいいですよね。

結婚相手を探すときに大切な年収や職業も検索できるので、結婚を考えている人は登録してみましょう。

 

5-4.再婚活向け:マリッシュ

再婚活向け:マリッシュ

画像引用:マリッシュ

離婚歴がある人やシングルマザー(シングルファザー)におすすめなのが”マリッシュ”です。

マリッシュは「ありのままのわたしを受け入れてくれる人がいる」をキャッチフレーズにしていて、真剣に婚活する男女が登録しています。

近年女性もキャリアを積み上げる時代になっていて晩婚する人も珍しくありません。

そんな晩婚を希望する人や、子持ちの人でも安心して恋愛ができるサポートが充実しているのが特徴です。

普通のマッチングアプリでは「子持ちはちょっと」「再婚はちょっと」という人がいる中で、マリッシュならありのままの自分を受け入れてくれる人に出会えるのです!

再婚を考えている人はマリッシュを利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

また、マッチングアプリを利用している人たちの年齢も考慮すべき。

  • 友活・恋活目的:20代が多め
  • 結婚を前提にした相手探し:20代後半~30代
  • 再婚相手を探している:30代以降
  • 遊び相手を探している:20代~

同年代の人たちが多く利用しているマッチングアプリでないと、出会いの可能性は低くなってしまいます。

マッチングアプリでないと、出会いの可能性は低くなってしまいます

▼30代におすすめのマッチングアプリはこちらの記事でも紹介しています▼

まとめ:マッチングアプリでうまくいかないのは必ず原因がある

まとめ:マッチングアプリでうまくいかないのは必ず原因がある

マッチングアプリでどうしても出会えないという人は、自分のやり方を見直してみることをおすすめします。

もしかしたら、以下のような間違ったことをしている恐れがあるんです。

  • 自分の目的や年齢に合わないマッチングアプリを使っている
  • 積極的にいいねを送ったりメッセージを送ったりしない
  • プロフィールや写真がうまくいっていない
  • ライバルが多い相手ばかり選んでいる
  • 自分の話ばかりしたり相手を質問攻めにしたり自己中心的
  • 早くデートすることに必死
  • 常識がない・なれなれしいなど相手を不快にさせている
  • デートで相手に合わせていない
  • 会話が続かない
  • 清潔感がない・ダサいファッション

マッチングできないのに必ず理由があるもの。原因を理解して対処することで、マッチング率は高まります。

マッチングアプリを上手に活用して、理想の相手を見つけてください!

▼マッチングアプリをうまく活用するには以下の記事もぜひ参考にしてください▼

関連記事

  1. マッチングアプリで会う約束をするコツとトラブルの対処法を解説

  2. 岡山県の人におすすめのマッチングアプリ7つとアプリ以外で出会える場

  3. タップル

    タップル誕生の評判を男女別に検証!口コミ評判からわかった5つの真実

  4. マッチングアプリにいるヤリモク男の特徴8つと予防策5つ

  5. ハッピーメールのアプリで無料で出会える?お金をかけず出会う方法

  6. マッチングアプリでよくある勧誘パターン5つと対処法

  7. 医者が多いマッチングアプリ5つと医者と出会うためのコツ

  8. 【男女共通】マッチングアプリのモテ写真の特徴と撮り方

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本