あなたは大丈夫?若い子を狙う激ヤバ地雷おじさんの生態

お金に余裕があって頼りがいがある年上男性。

実は筆者も年上男性が好きなのです。

社会に揉まれながら培われた知識と経験、女性慣れしたスマートな振る舞い、若い男性には出せない色気がたまりません。

フェリーチェ読者の女性の皆さまの中にも、年上男性とお付き合いをしている人も多いのではないのでしょうか。

そんなメリットだらけに見える年上男性ですが、中には若い女性にモテるためならどんな手段も選ばない激ヤバおじさんも中にはいるようです。

今回はそんなおじさんの実態を調査してみました。

年下女性を狙うハイエナおじさん

結婚に焦るアラサー女性ばかり狙うおじさん

続いてご紹介するのは、ある一部の層の女性をターゲットにワンチャンを狙うおじさんです。マトモな女性であれば、激ヤバおじさんを相手にしませんよね。

そこで、おじさん達が狙うのは……結婚に焦っているアラサー女子! その中でもっとも狙いやすいのは婚約破棄をされたり、失恋したばかりで後がない……と考える女子です。

筆者の知り合いにもいるんですよね。焦っているアラサー女子ばかりを狙って結婚をチラつかせるヤリモクのハイエナおじさん。

女の子のほうも正常な判断ができる状態じゃないので、時々コロッといってしまう女子も出ているようです。ワンナイトだけなら「ハイエナに噛まれた~」くらいで済むかもしれませんが、中には本当に付き合ってしまう子も……。

ちなみにハイエナおじさんと付き合っても、みんなすぐに別れます。原因はおじさんの虚言癖とモラハラだそうです。

ライブ配信で高校生を釣ろうとするハイエナおじさん

続いては35歳無職のハイエナおじさんです。35歳・無職というパワーワードの時点で同世代の女性に相手にされないのは明らかですよね。

そこで、おじさんが狙うのは……なんと10代。実はおじさんは最低ランクのスペックのくせに声だけはやたら良い、いわゆる「イケボ」なんです。

そのため、ライブ配信アプリで声優の声真似やラップを歌ってオタクの未成年女子を釣りまくっているのだそう。

ネットの世界では若い子にキャーキャーいわれているおじさんですが、蓋を開けてみればただの「子供部屋おじさん」。

しかし、実際に未成年に会ったり手を出しているわけではないので(※犯罪です)セーフ……いや、アウトですね(笑)。

モテのためなら手段を選ばない!激ヤバおじさん

レンタル彼氏のイケメンを友達のように…

次にご紹介するのは、イケメンをエサに女性を口説くおじさん。

筆者の友人の知り合いでいつもインスタにイケメン男子と一緒に写っている写真を載せている、飲食店プロデューサーのおじさんがいます。

そのイケメンは流行りの韓国系男子ということもあり、若い女性からよく「いいね!」がつくのだそう。

おじさんはそのイケメン男子に「会わせてあげるよ」と自分がプロデュースしている店に女性を呼んで、夜な夜な口説きまくっているのだとか。

しかし、友人は知ってしまった……。そう、イケメン男子の正体は……なんと、レンタル彼氏。おじさんは、レンタル彼氏をまるで友達のようにインスタに載せている激ヤバおじさんだったのだ!

ちなみに、おじさんのリアルな友達を筆者は見たことがありません。そんなことばかりしてるから友達ができないんだろうな~、と妙に納得してしまいました。

若い子のブランドを着るアラフォーおじさん

次にご紹介するのはおじさんなのに女性にモテたいがために若い子向けのブランドを着るおじさんです。

別に流行を追いかけるのは悪いことではないのですが、明らかに似合っていないのに20代の間で流行っているブランドを着てしまう人も……。

最近とくに多いのが、韓国アイドルを意識してオーバーサイズのパーカーを無理して着ているおじさん。そのファッションは細身で高身長のメンズが着るから可愛いんです。

知人の上司のアラフォーおじさんは、少し前に若い子の間で流行していたSupremeの服やバッグを愛用していました。

しかし、サイズ感がおかしくて腕の部分はパツパツ。しかも、よ~く見るとニセモノ。

それを嬉しそうにインスタにアップして『#おしゃれさんと繋がりたい』とハッシュタグをつけて若い子のアカウントにウザ絡みしていました。もはや、恐怖しかありません……。

まだまだいる! 激ヤバおじさんの生態

キャバクラ界の激ヤバおじさん

筆者の知り合いのキャバ嬢から聞いた話。その友人が働くキャバクラの店長は40歳で店に勤務してかなり長いベテランなのだそう。

さぞかし、キャストからの信頼も厚いのかと思いきや……実は新人キャストばかりを狙う激ヤバゲス店長だったのだ。しかも、狙うのは毎回水商売歴の浅い若いキャバ嬢ばかり。

タイプの子を見つけたらわざとめんどくさい客の席につけて、その客を怒らせるのが狙いなのだそう。当然、怒られた新人キャバ嬢は落ち込んでしまうのですが……そこからがゲス店長の出番! 優しい言葉をかけて相談に乗るフリをして、そのまま新人キャバ嬢をお持ち帰り!

いわゆる「色カノ」(彼女という名目で色恋で管理をする)にしてしまうのだけれど、釣った魚にはエサはやらない。

散々貢がせて飽きたらまた別の新人に手を出す……のを繰り返しているゲス店長なのです! まともなキャバ嬢なら絶対に相手にしないと思うのですが、水商売歴が浅い子だと引っかかってしまうのでしょうか。

まだやってるの? インスタ大好きおじさん

最近となっては若い子のほとんどが飽きてきているであろうInstagram。今、やっているのは趣味でやっているおじさんや主婦の人達ばかりだと思っていたのですが……。いまだにインスタ大好きおじさんが生息していることをご存知でしょうか。

そのおじさんは50歳なのですが、若い子とばかりつるんでインスタに命を懸けているのです。中でももっともドン引きだったのは、バーベキューや飲み会の写真を投稿して「#出会いに感謝」というハッシュタグ。

そんなことをずーっとやっているものだから、当然コロナ禍の今は誰からも「いいね!」が来ていません。ついには、嫁に愛想をつかされて離婚を切り出される羽目に。

しかし、おじさんはへこたれなかった……。なんと離婚前日にも友人とバーに行き、その様子をインスタに投稿! もはや、清々しいレベルのクズだったのです。

まとめ

若い女性を狙う激ヤバおじさんの生態を紹介してきましたが、マトモな女性であればそんなおじさん達をまず相手にしないと思います。

しかし病んでいたり、ふと弱みを見せたときに、激ヤバおじさんのターゲットにされてしまうことも。激ヤバおじさんは外ヅラと第一印象だけがやたら良いのが特徴なのです。

最初の印象に騙されないように、激ヤバおじさんかどうかをきっちり見極めてくださいね。激ヤバおじさんに消費されるのだけは絶対に避けたいところ。間違っても関わらないようにしておきましょう!

(凛乃子)

関連記事

  1. 【外資系商社マンが選ぶ大人なグルメ】みなとみらいデートで使えるグルメな…

  2. チャラい男が結局モテる!元広告マンが伝授する女を落とす究極のテクbyパ…

  3. あの大物俳優がお忍びで通う三軒茶屋の隠れ家バー6選

  4. 「まさかコイツも……?」デート中の細かな言動で読み解く地雷男9選

  5. 何を贈るのが正解なの?正しいホワイトデーの過ごし方 byE子

  6. 【悪用禁止】絶対に恋人が浮気しなくなる裏ワザ

  7. 恋愛が怖いくらいうまくいく『思考法』とは?

  8. 【出会いの春を制す】ズルいくらい垢抜けて可愛くなる10個の方法

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本