彼が自分のことをどう思っているのか分からない、必要なのは恋の駆け引き?それとも?~主体性のない女に捧ぐ、状況を好転させる魔法のマインド~ByE子

 

 

 

ツイッターなどで、見ず知らずの女性から恋愛相談をされることがある。

 

 

「彼は私のことをどう思っているのか?」8割

 

「信じたくても彼のことを信じられない」2割

 

 

 

そう、何通DMを受け取っても、誰が誰だったか見分けがつかないくらい、皆さんのお悩み内容は同じなのである。

 

 

 

 

彼と付き合うことになった背景、私の彼に対する気持ちの変遷、彼の態度の変遷、彼が浮気をした過去、その償いとして彼がしてきた提案の詳細、それ以後の二人の関係性と現状、彼の年齢職業、仕事が忙しいのは嘘ではないらしいと裏付けるエビデンス、、、

 

 

これら詳細をダラダラと長文で皆さん教えてくださるわけだが、

 

 

正直、

 

 

このようなディティールを知らされたところで、

 

彼があなたのことをどう思っているかなんて、分からない。

 

 

 

彼の本心が知りたいのならば、

 

彼に聞け。

 

 

それだけのことだ。

 

 

 

 

しかし、皆さんが向き合わなければならない問題は、

彼に

「私のことどう思ってるの?本当に好き?」

と聞いてもなにも解決しない。

 

 

 

皆さんが抱えている問題は、

 

彼がどう思っているか次第で自分の出方を変えようとしているその姿勢

 

である。

 

 

 

彼がどう思っているか、どういうつもりなのか、

なんてどうでもいい。

 

 

皆さんが、どう行動するか、

 

どうしていくか、

 

 

それだけのことなのである。

 

 

 

 

 

1.「彼氏じゃない人とは、そういうことできない」

 

 

付き合っていない間柄の男性から、肉体関係を求められたときに

 

 

「付き合ってない人とは、そういうことできない」

「彼氏じゃない人とはしないことにしてるの」

 

 

というセリフを言う女がいる。

 

 

 

もう、このセリフにすべてが凝縮されている。

 

お前らのすべてが、濃縮還元さながらにギュッと濃密に詰め込まれているではないか。

 

 

 

このセリフが不適切であるポイントは2つ。

 

 

 

まずは、

 

・過去に付き合っていない人とセックスをして、うまく行かなかった過去を匂わせている

 

という点。

 

 

 

付き合っているかいないかで、線引きをし、行動を変える。

それは、過去にその線引きなしで行動して後悔したことがあるからではないだろうか?

 

付き合う前につい流されてやってしまって、

結果、ごみのように捨てられてしまった。

自分は意志が弱いから、明確なルールを決めてそれにのっとって行動することで同じ失敗を防ごうとしています。

 

 

そんな自己紹介に聞こえる。

 

 

私は流されやすいタイプです。

ルールを決めないと相手に強引に迫られても断れません。

 

 

 

こんな自己紹介では、ヤリモク男子の格好の餌食にされてしまうだろう。

 

 

さらに、

過去付き合っていない時にやって、失敗した…

つまり、付き合えなかった。

リピートされなかった。

 

 

という過去をも露呈してしまっているため、

 

「簡単にヤらせるわりに、その後継続して誘われることがない程度には魅力に欠ける人間です」

 

 

という自己紹介にもなってしまっている。

 

とにかく、浅はかで、安っぽい、中身のない女っぽいセリフである。

 

 

 

 

2.自分の行動は自分で決めろ

 

続いて、「このセリフが不適切!」二つ目のポイントは、

 

・相手に決断をゆだねている点

 

 

である。

 

 

自分自身の確固たる意志で、「私は付き合ってない人とはしない!」と言っているつもりかもしれないが、

 

あなたがもし目の前のその男性と、付き合いたいと思っているのならば、

その場で自ら「付き合ってほしい」と告白することだってできるはずだ。

 

逆に、今後こいつと付き合う可能性はないな…と思っていたところにホテルに誘われたのなら、さぞ幻滅したことだろう。キショイ相手にホスピタリティを発揮する必要はない、「気持ち悪い、帰ります」でいいではないか。

 

 

つまり、

 

 

「あなたがもし本気で付き合おうって言うのならば、考えなくはないけど、まだ付き合うって言われてないからお預けするワ」

 

 

という、相手本位の、主体性に欠ける発言なのである。

 

 

あなたはいったいどうしたいのだろうか?

 

「付き合おう」

 

と言ってもらいたいのだろうか?

 

 

言ってもらいたいのだろう。

 

 

だからそんな風に、相手に言わせようとする。

 

その感じが、いかにも低レベルな女子っぽいのだ。

 

 

 

やりたいならやればいいし、

 

付き合ってからやりたいのなら自分から「付き合って」と言えばいい、

 

やりたくないのならば断わって帰ればいい。

 

 

 

 

「相手がどう思っているか知りたい」

 

そう思う君たちは、いつも相手次第で行動を変える、チープな女だ。

 

 

 

 

 

 

3.人を動かす力を身につけろ

 

 

さて、では恋愛相談の話に戻ろう。

 

君たちは「彼がどう思っているか知りたい」と言った。

 

 

冒頭でも述べた通り、

 

彼がどう思っているかを知ることはできないし、

知る意味もない。

 

 

そんなことに依存せずに、どう行動するかを考えていくべきなのである。

 

 

 

 

例えば、

 

「彼がプロポーズしてくれるかどうか」

 

をウンウン思い悩んでも、時間の無駄だ。

 

それを考えるのならば、

 

 

「どうやって彼にプロポーズさせるか」

 

を考えるべきだ。

 

 

受け身に待つのではなく、相手を自分の意のままに動かす

自分の思い描く未来に必要な人物なら付き合う、そうでないなら切る

 

 

そういったマインドで恋愛活動に励んでほしい。

 

 

 

 

「4年もけなげに尽くしてきたのにプロポーズされなかった」

 

と、自分の受け身が招いた悪い結果を、さも相手が悪いように愚痴るような女だからプロポーズされないのである。

 

 

 

他人を自分の思うように動かせない人間が、

仕事においても人の上に立って活躍しているとはとても思い難く、

 

老婆心ながら、皆さんの仕事ぶりさえも心配になってしまう。

 

 

 

 

4.やってほしいことを明確に提示する

 

では具体的にどういった行動をとるべきかをお教えしよう。

 

 

まず一番多いお悩みである、

「彼は私のことを好きなのかどうか?」

「付き合っているのに、本命かどうかよく分からない」

 

であるが、

 

 

付き合っているのに平日の夜、数時間しか会えない。

付き合っているのに、連絡がとぼしくて不安。

付き合っているのに、友人に紹介してくれなくて、怪しい。

 

 

こういったきっかけがあり、皆さんは思い悩んでおられる。

 

 

 

というわけで、解決策はいたってシンプルである。

 

 

 

「土日に丸一日デートをできないのなら、別れる」

「毎日LINEをくれないのなら、別れる」

「友人に紹介してくれないのなら、別れる」

 

 

こういった提案を彼に投げかけることだ。

 

 

 

もし彼があなたのことを本気で好きで、本命だと思っているのなら、

必ず、

積極的になにかアクションをとってくれる。

 

 

「毎週土曜日に会うようにしよう」

と言ってくれるかもしれないし、

「土日も仕事で出かけにくいから、一緒にいる時間を増やすために、一緒に住もうか」

と提案してくれるかもしれない。

 

「LINEは苦手だけど、電話ならできるからどう?」

と言ってくれるかもしれないし、

「友人に彼女を紹介するのは苦手なんだけど、Faxebookで友人として繋がったら少しは安心してくれる?」

と、提案してくるかもしれない。

 

 

そう。

 

必ず、

 

あなたの不安を解消する

 

ための何らかの建設的な提案をしてくる。

 

 

 

 

一方、

 

「土日にデートする習慣がないんだよね」

「友人が少ないから、紹介する相手がいない」

 

など、あなたの不安解消にはつながらない不毛な反論をしてくる場合、

 

おそらく彼はあなたのことを本気で好きではないし、

都合よく会えたらちょっと楽しい程度の間柄なのだろう。

 

 

 

これらの反論は、一見、もっともらしく筋も通っているように聞こえるかもしれないが、

 

本質を見極めてほしい。

 

 

あなたのリクエストは「友達に紹介してほしい」ではない。

その奥にある、「友人に紹介できない関係性なのかと不安に感じている、この不安を解消してほしい」であり、

この本質を解消しようとしない時点で、

 

 

 

彼はあなたとの付き合いをきちんと大切に守り育てていく気はない。

 

と判断してまず間違いない。

 

 

 

だから、

 

 

「それができないなら別れる」

 

 

でいいのである。

 

 

 

5.「信じられない」はあなたのせいじゃない

 

 

続いてのお悩みである。

 

 

「彼のことを信じたいのに信じられない」

 

 

であるが、

 

 

 

信じるためにあなたが無理をする必要は一切ない。

 

 

 

「信じられない」

 

というと、

 

「俺のことを信じてくれないなんて、まるで愛されていないみたいですごく寂しいし悲しいよ」

 

みたいなことをマジで悲しそうな表情で言ってくる男がいるが、

 

 

普通にクソである。

 

 

 

 

 

恋人を信じるために必要となるコスト

 

 

これは、「信じさせる」側が負担すべきものであり、

 

「信じる」側に要求するのは、クソの所業である。

 

 

 

「俺のこと信じてよ」

ではない、

 

俺のことを信じられるように、環境を整備し、行動を改める、

それは俺がすべきことであり、

 

彼女に求めるべきことではないのだ。

 

 

 

 

これは男女逆でももちろんそうだが、

 

怪しい、信じられない、と思うことがある場合、

相手に「私を信じさせよ、安心させよ」と強く要求していいことなのである。

 

 

むしろ、

 

「私を安心させようと思ってはくれないの?そんなの悲しいし寂しいよ」

 

くらい言ってやればいいのである。

 

 

 

 

6.見当違いな努力は時間の無駄

 

 

 

恋愛がうまくいかないのは、「考える」べきポイントを間違えているからだ。

 

 

「彼がどう思っているのか」

を考えることには全く意味がない。

他人の気持ちは、エスパーでもない限り、絶対に分からない。

 

 

考えても無駄なことを考えるのはやめ、

具体的になにかが前進するような、状況改善にはどんな行動が必要かを考えるのだ。

 

 

 

そして、「信じよう」とする努力は必要ない。

 

「信じられない」ならば信じなくていい。

相手が「俺を信じてほしい」と思うのならば、信じてもらえるように行動すべきなのだ。

 

 

 

 

 

努力する方向を間違えると、

どんなに時間をかけても成果が伴わない、なんてことがある。

 

 

時間をかける前に、

自分がやろうとしていることが間違っていないか、

その方向に進んで成果が出るのかどうかを、

一度冷静に見極めてほしいものである。

関連記事

  1. 大阪のナンパスポット20選!メーカー勤務のチャラリーマンが伝授

  2. 韓国通も唸らせる本場の味!飲み会におすすめしたい新大久保の韓国料理店7…

  3. <E子が伝授>ハイスペ男性を落とすための5つの心得

  4. 『いい女』と『高嶺の花』とはどんな女性なのか

  5. 【男ウケ200%】デートで鉄板の女子コーデ&NGコーデ大特集…

  6. ハイスペ揃いの“隠れ優良企業”も!横浜の本命企業まとめ〜金融編〜

  7. あなたは大丈夫?若い子を狙う激ヤバ地雷おじさんの生態

  8. 静岡といえば『相席ラウンジeve』本当に女性と出会えるのか徹底解説