婚活恋活で初対面の女性に対して、絶対に「緊張してはいけない」理由By E子

 

 

アプリなどで知り合った男性と初デート、の際に、
言われて困ってしまうセリフ、というのがある。

 

しかも、女性同士でそのネタを話すとだいたい、

あるある、いるよね~

と共感を得ることができる。

 

婚活男子、恋活男子諸君、いかに君たちがみな同じミスをしているか、分かってほしい。

 

この由々しき事態を改善すべく、本日は往年の婚活戦士E子が筆をとった。

数ある「あるあるネタ」の中でも、本日は

初対面の男が緊張していると、すんごいやりづらい

ということについて書いていきたい。

 

 

1.「緊張しています」

 

人前でスピーチやプレゼンテーションをするときに、前置きでこういうことを言う人がいる。

「今日はとても緊張しています」

「スピーチは苦手で、とても緊張しています」

 

言わせていただくが、

こういったセリフは甘えでしかない

 

私は人前で喋るのが苦手で、緊張しています、だから内容がダメダメでも、甘く見てくださいネ★

という許しをこうているのだろうが、
はっきり言って聞き手にとっては

無駄な情報

でしかない。

 

時間は有限である。

多くの人のお耳を拝借し、スピーチをするのであれば、
聞く人にとってプラスにならない情報を発信しないでいただきたい。

 

しかも、こんなことを言われて、聞き手はどうテンションを上げたらいいのであろうか?

「これから話す人は不慣れで緊張しているようだから、きっと面白い話はできないだろう」

と、話を聞く前から、内容がしょうもないことを示唆され、がっかりすることこの上ない。

 

どうせ話すなら、自信を持って

「この私様の有益すぎるスピーチを聞けるだけありがたいと思え」

くらいの態度で臨んでほしいところだ。

なぜなら、スピーチでは話の内容よりも、
どんなふうに話すか、
のほうが、聞く人の印象を左右する重大な項目となるからである。

 

2.デートで緊張しても、それを態度に出すな

 

 

同じことが、婚活・恋活の場でも言えるだろう。

たまに、デート中に

「すごく緊張しています、普段は緊張しないのに困ったな」
「緊張していつも通りに話せません、いつもはもっとぺらぺら話せるんです」

などと言い訳を連発してくるやつがいるが、

 

一回は許す。

「今までアプリで女性と会って緊張したことなんかなかったのに、今日は極上美人が相手なので、緊張しちゃって本調子じゃありません」

と、1回だけ言われるのは許そう。

 

ただ、会話が途切れるたびに、
15分に一回の頻度で

「あ~緊張する、すみません、喋れなくて」

などと謝られても、

こちらはどうすればいいのだろうか????

 

もちろん、こちらが会話を振ってあげる、優しく接して喋りやすい空気を作ってあげる、
などの努力はするわけだ。
するわけだが、

「緊張します」

と言われ、

「お酒でも飲んでリラックスしてください!笑」

と言ったり、

「緊張がとけません」

と言われて

「え~今日は真面目そうだけど、もしかして普段はチャラ男なんですか??笑」

と言う羽目になるのは、

 

苦しい。

非常に苦しい。

 

なんだよ、
普段はチャラ男なんですか??って。笑

自分で聞きながらなんとも言えない気分になる。

 

3.「緊張する」の連発は自分の価値を下げる

 

「緊張します」を連発するのがNGである理由は、

相手を困らせる、言い訳がましい

それだけにはとどまらない。

 

 

仮に、君が誰かと一対一で会話をして、相手にやたらと緊張された経験があったとしたら、

あ~緊張されると、仲良くなりづらいなぁ

と思ったことがあるはずだ。

 

だから、相手へのホスピタリティの意味も込めて、
もし自分が緊張しっぱなしだったとしても、

何回も何回も
「あ~緊張する」
「緊張する~!」
「緊張して話題が出てこないっす」
などと言うわけがない。

 

つまり、こういった「緊張する」の連呼をするやつは、

過去、誰かに「緊張された経験」がほとんどない、と想像できる。

 

学校や会社などのコミュニティで普通にカリスマ性を発揮していれば、
せめて後輩にくらいは緊張されたことはあるはずだろう??

そういった経験がない、ということは、常にカースト下層をさまよっていたということであり、
マジで魅力がない人物、だと想像するにたやすい。

 

「緊張する」を言いすぎると、
相手を困らせるだけではなく、自身の価値の低ささえも露呈してしまうのだ。

 

 

4.恋活婚活で初対面の異性相手に緊張しない方法

 

 

とにかく、初デートで多少緊張することはあったとしても、

それは表に出すべきではない。

 

そして、とにかく「緊張しない」ようにすることが重要である。

 

では、緊張しないためにどうすればよいか、であるが、

 

改めて君たちに問いたい。

 

君たちはこの記事を読むまで、
この下に記されている「緊張しない方法」をいざ読まんとしている今現在、

 

「恋活婚活で緊張しない方法」も分からないほどの低能なのだろうか??

 

だとしたら普通にヤバいと思うので、
一度、深呼吸をして考えてみてほしい。

「緊張しない方法」なんてものは、恋活や婚活に限った話ではない。

 

「婚活ははじめたばかりだから、どのように取り組むのがいいのか初心者でよくわからない」

などと平気で言うのはやめていただけないだろうか。

 

「緊張しない方法」は、
幼稚園の劇でも、ピアノの発表会でも、高校受験でも、スピーチでも、面接でも、
婚活でも、みな同じである。

あえてこんな低レベルなことを書いていいのか、不安になるが、

ただただ

場慣れ
事前準備

により、

平常心を保つこと

である。

 

 

5.婚活女子を練習台にしていいの?

 

しかしここで、

恋愛や婚活で場慣れするためには、女性を練習台に使うことになる
そんなモラルに反することはできない

という意見が出てくることだろう。

 

男を年収で判断する女性は、心が汚れている

とか、

彼氏がいるのに出会いの場に行くことはモラルに反する、

とか、

恋活婚活中の人間のモラル違反を指摘する声は後を絶たない。

 

 

もし、そういう女性が嫌だ、清らかなお付き合いしかしたくない、

ということならば、やたらとアプリなどをやって女性と出会うのをやめ、

同じような価値観の女性と出会う方法を考えてはどうだろうか?

 

あくまで目的を「恋愛成就」「結婚」とするならば、
目的達成のために多少の犠牲をいとわない人がいることは仕方がないし、
どれだけ文句を言っても状況は変わらない。

 

自分の目的達成のために、誰かの気持ちを傷つけるような人たちが、
どんどん恋人を作り、結婚をしていくのだ。

 

皆さんが、どれだけ「清く正しく行動しているのに、女どもが俺を選ばない」と怒ったところで、

女どもは皆さんを選ぶようにはならない。

 

では、皆さんはどうしたいのか?

どんな方法をとってでも、恋人がほしいのか?結婚したいのか?

 

それともそんな汚い世界に足を踏み入れるくらいなら、恋人も結婚も諦めるのか?

これは皆さんの選択なのだ。

 

 

6.最後に

 

話が脱線してしまったが、

女性相手に緊張を見せない男性の方が、基本的には女性にモテる。

そして,

緊張しないためには場数を踏むこと。

これだけの大変シンプルなお話であった。

 

最後に、これは私からのギフトとして、
場慣れ以外で、とりあえず緊張を緩和することのできる工夫を伝授しておく。

・対面席を避ける
 カウンターで横並びか、せめて四角いテーブルで隣の辺に座る(うまく言えないw)ことで斜めにする。真正面に座ることを避ける。

・相手に質問をしまくる
 「自分がトークを繰り出さなきゃ!」と思うと、緊張した場ではなかなか辛いもの。相手に喋らせるのが得策なので、とにかく相手に質問を投げる。何個か質問をして、相手がたくさん喋ってくれる話題が見つかったら、そこを深堀りし、とにかく相手に喋ってもらう。

・変化のない場を避ける
 例えばカフェでお茶をするにしても、外の景色が見える席を選択したほうが、なんらかの情景の変化などを話題にしやすい。お散歩デートなど、どんどん景色が変わっていくデートにすれば、さほど会話にも困らない。

以上。

とにかく、緊張丸出しでデートにやってくる男性が減ってくれるのを祈るばかりである。

 

 

関連記事

  1. 恋人から遠く離れてー社会的距離の時代の恋愛映画についてー

  2. 相席ラウンジでカップルに!見事マッチングした成功者インタビュー

  3. 【目から鱗】人生を効率的で幸福なものにする習慣化すべき9個

  4. 彼氏持ちの女性を奪う相談の上手い聞き方はコレだ!〜美女を落とすまでの道…

  5. <本命とだけ行きたい粋なお店>港区のディナーにおすすめなグルメ店6選

  6. 付き合っていたと思っていた人に呆気なく捨てられたときの復讐方法ByE子…

  7. なぜダメ男を好きになる?ハマる人の特徴や心理をチェック!

  8. 『いい女』と『高嶺の花』とはどんな女性なのか

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本