パパ活で銀行振込は危険!?お手当は手渡しがオススメの理由4つを解説

パパ活で銀行振込は危険!?お手当は手渡しがオススメの理由4つを解説

パパ活での銀行振込はどうして危険なの?

パパから銀行振込を提案されたらどうするべき?

こんな疑問をお持ちではありませんか?

パパ活でお手当を貰うのは手渡しが鉄則と言われています。

では手渡し以外の方法はなぜダメなのでしょうか?

この記事では以下のことを解説しています。

  • パパ活で銀行振込より手渡しがオススメな理由
  • パパ活での銀行振込が危険な理由
  • 銀行振込、手渡し以外の支払方法

これからパパ活を始めようと思っている人や、相手から銀行振込を提案された人はぜひこの記事をご一読ください。

1.パパ活では銀行振込が危険?手渡しがオススメの理由

パパ活では銀行振込より手渡しがオススメの理由4つ

パパ活でお手当を受け取る際は圧倒的に手渡しがオススメです。

  • 個人情報がバレる
  • パパ活の証拠として残ってしまう
  • お手当が本当にもらえるか分からない
  • 税務署に目をつけられる

その理由について1つずつ解説していきます。

1-1.個人情報がバレる

振込口座を相手に教えるということは口座名義、つまり本名がバレてしまうということです。

さらに口座の支店名から自宅があるおおよその場所がバレてしまいます。

「じゃあ自宅から遠い場所で口座開設すればいいのでは?」と思った人もいるかも知れません。

しかし、口座開設できるのは、自宅から近い支店または勤務先から指定された支店名と決められているのです。

これは以前、自宅や勤務先から遠い場所で新規に開設された口座が、オレオレ詐欺や振り込め詐欺などに悪用されるケースが多発したことにあります。

したがって、振込口座を相手に教えることにより本名や近所がバレてしまうのは免れません。

1-2.パパ活の証拠として残ってしまう

銀行を通して現金を移動すると必ず振込履歴が残ります。

受け取った金額が通帳で確認できる一方で、あなたがパパ活していることがバレてしまうリスクも考えられます。

例えばパパが既婚者であった場合、パパの奥さんからあなたへ慰謝料を請求されたり、訴えられる可能性もあります。

さらにあなたの家族にパパ活が見つかった時も、振込履歴が残っていたら言い訳のしようがありませんよね。

よって、少しでもパパ活の証拠を残さないためにも銀行振込はオススメできません。

1-3.お手当が本当に貰えるか分からない

銀行振込だと本当にお手当が貰えるかは振り込まれるまで分かりませんよね。

最悪の場合、そのまま振り込まれず1円も貰えなかった、ということも十分考えられるわけです。

お手当が振り込まれず、パパとも連絡が取れなくなってしまった、となると、パパを探し出してお手当をもらうのは相当難しいでしょう。

お付き合いが浅いパパには特に注意してください。

本当に信頼できるパパなのか慎重に見極めることが大切です。

1-4.税務署に目をつけられる

毎月不自然な入金があると税務署に目をつけられてしまう可能性があります。

課税の対象になれば税金を払わなければならないので、本来払うべき額よりも多く払わなければなりません。

2.男性から振込を指定された時の対処法3つ

男性から振込を指定された時の対処法3つ

続いてパパから振込を指定された時の対処法です。

  • キッパリと断る
  • 相手の個人情報を聞く
  • お手当は現金手渡しを貫く

では順番に解説していきましょう。

2-1.キッパリと断る

なんといっても一番はキッパリと断ることです。

または振込だとしても、事前に振込んでもらいましょう。

ここで気をつけたいのが、ネットバンキングによる振込です。

「振り込んだよ」とネットバンキングの画面が送られてきても安心してはいけません。

実はネットバンキングは、振込予定日の前日まで手続きのキャンセルが可能です。

つまり、振込まれる前に手続きがキャンセルされると、お手当が振込まれないということです。

そうならないためにも、会う前には必ず自分の口座にお手当が振込まれたかどうかチェックしましょう。

特に身体の関係を持つならなおさら先にお手当をもらっておくべきです。

行為までしたのにお手当がもらえなかった、というのはあなたにとってかなりダメージが大きいはず。

もしパパから「手元に現金がないから今は渡せない」と言われたとしても、一緒にATMに行ってお金をおろさせるぐらいの強気な行動に出ましょう。

2-2.相手の個人情報を聞く

パパから振込されなかった時、法的に訴えるのは難しいとされています。

しかし、パパの個人情報をしっかりと聞いておけば逃げられる予防にもなりますし、後々お手当を回収できる可能性も高くなります。

直接本人から聞くか名刺を貰うと良いでしょう。

聞いておきたい個人情報は以下の通りです。

  • パパの本名
  • パパの自宅の住所
  • パパの勤務先

2-3.お手当は現金手渡しを貫く

パパ活の際には現金手渡しを貫きましょう。

先ほど少し触れましたが、銀行口座を教えると自分の本名が相手にバレてしまいます。

それだけでなく、銀行口座の支店名からあなたの自宅までバレてしまう可能性があります。

できるだけパパ活の証拠を残さないためにも銀行振込でお手当を受け取らないのが無難です。

3.お手当を安全に前払いをして貰う方法

お手当を安全に前払いをして貰う方法

銀行振込以外にも安全にお手当を貰う方法があります。

これから解説する2つは、どちらもスマホがあれば誰でも簡単に送金できるサービスです。

銀行に行く手間もなく手数料もかかりません。

しかも銀行を介さずに送金できるので、証拠が残りにくいというメリットがあります。

  • LINEPay
  • PayPay

では順番に解説していきます。

3-1.LINEPay

LINEPay

画像引用:LINE Pay

今やメールよりLINEで連絡を取り合うのが主流となっていますが、そんなLINEのキャッシュレス決済サービス「LINEPay」をご存じでしょうか?

LINEPayは今インストールしてあるLINEアプリがあれば誰でもすぐに始められるキャッシュレス決済サービスです。

簡単な手順は以下の通りです。

  1. 送金したい友だちとの個人トーク画面を開く
  2. 「+」ボタンから「送金」をタップ
  3. 送金金額を入力し「次へ」をタップ
  4. 友だちに送る画像を選択
  5. 「送金」をタップして完了

LINE友達同士なら送金依頼ができ、銀行やコンビニで簡単にチャージができ、LINEアプリの中の「ウォレット」から銀行口座へ直接振込むこともできます。

3-2.PayPay

PayPay

画像引用:PayPay

最近テレビCMや店頭広告で見かける「PayPay」ですが、実は個人間の送金もできます。

それに加えてLINEPayとは違って、クレジットからのチャージも可能です。

LINEPayはクレジットカードが使えません。

送金方法は以下の方法があります。

  • 相手のQRコードを読み取る
  • 携帯電話番号、またはID
  • 受け取りURLを送る

操作方法がとても簡単かつ手軽に送金できるので、もし興味があれば相手がPayPayを使っているか聞いてみましょう。

4.デート後に振込希望をする男性を見極めるポイント

デート後に振込希望をする男性と出会わないポイント

そもそも振込を指定してくるパパはあなたを騙そうとしている可能性があります。

そんな詐欺パパ被害に遭わないために見極めるポイントをいくつか紹介します。

  • 支払いは振込にこだわる
  • 最初から定期契約を提案してくる
  • 決断を急かしてくる
  • 自慢話が多い
  • 言葉遣いに違和感がある
  • 安価な飲食店で会おうとする
  • 車での移動を誘ってくる

それでは順番に紹介していきましょう。

4-1.支払いは振込にこだわる

一番は現金手渡しが理想ですが「どうしても振込がいい」と言われたら先払いを提案しましょう。

そこで相手から「疑ってるの?」と言われても絶対に負けないようにしてください。

食事代などは先払いが難しいので除きますが、こちらの希望を聞いてもらえない場合は思い切ってデート自体を断ってしまいましょう。

4-2.最初から定期契約を提案してくる

初めから定期契約を提示してきたら詐欺を疑ってもいいでしょう。

定期契約を望むなら最初のうちはデートの都度お手当を貰い、相手がちゃんと信頼できることが分かってから定期契約しましょう。

一定の収入を得たいがために高額な定期契約に飛びつきたくなる気持ちも分かります。

しかし、定期契約となると都度契約と違って、月一の支払いですのでお手当をもらえずパパに逃げられてしまう可能性も高くなります。

4-3.決断を急かしてくる

詐欺パパは、金額交渉の際に高額なお手当を提示しつつ、やけに決断を急がせる傾向にあります。

しかし、お手当の金額は必ず自分が納得いく額で同意しましょう。

ちなみに本物のパパなら余裕があるので、こういった高額なお手当であなたを釣ったり決断を急がせることはありません。

4-4.自慢話が多い

やけに自分の経歴や年収、高級車など写真を見せびらかしてくるパパは「お金持ちを装っている」可能性があります。

本物のパパなら気品があり、そういった自慢話をあからさまにすることはありません。

4-5.言葉遣いに違和感がある

言葉遣いに違和感がある

本物のパパなら言葉遣いが美しいはずです。

しかし相手が詐欺パパだった場合、本当は社長じゃないのにそれっぽく装っているわけですので、言葉遣いに違和感を抱くことも。

その違和感、決してスルーしてはいけません。

少しでもおかしな点を感じたら、なにかと理由をつけて早めに切り上げることをおすすめします。

4-6.安価な飲食店で会おうとする

そもそもお金持ちが安価なファミレスや庶民的な喫茶店を使うでしょうか?

実はそのような店は、詐欺師が勧誘を不審がられないために使う場所としてよく使われています。

よって、デート場所にファミレスや庶民的な喫茶店を指定されたら詐欺を疑いましょう。

4-7.車での移動を誘ってくる

すぐに車での移動を誘ってくる男性にも注意したほうがよいでしょう。

これは犯罪に巻き込まれる可能性を減らすためです。

車に乗ってしまうと相手の運転でどこに連れていかれるか分かりませんよね。

最悪、無理やりホテルに連れ込まれ乱暴されることだってありえます。

逆に、初回車OKの女性は相手から良い印象を持たれません。

信頼できる相手か分かるまでは現地集合・現地解散にしましょう。

現地集合・現地解散を自分から提案することで、危機管理意識をしっかり持っているというアピールにも繋がります。

また、車だけではなくすぐに二人きりになろうとする男性にも注意してください。

最初のうちは、できるだけ日中に人がたくさんいる明るい場所で会いましょう。

パパ活トラブルの事例について詳しくはこちらの記事をお読みください。↓

5.定期パパなら振込に切り替えるのもあり

定期パパなら振込に切り替えるのもあり

振込に切り替えるとパパ活男性に騙される可能性があるのでおすすめはできないですが、定期パパの場合は臨機応変に対応するのもありでしょう。

振込への切り替えを拒否することには、デメリットもあるのです。

とはいえ、トラブルを避けるためには振込に切り替えるタイミングや方法を検討することが大切。

詳細をご紹介しますので、気になる方はチェックしてみてください。

  • 断り続けると関係が崩れるリスクもある
  • 信頼関係が築けてきたら切り替えるタイミング
  • 個人情報を極力教えたくないならネットバンク口座にする

5-1.断り続けると関係が崩れるリスクもある

定期パパからお手当の振込への切り替えを提案されることがありますが、断り続けると関係性が悪化する可能性があります。

とくに付き合いがかなり長いにも関わらず振込を断り続けると、パパ活男性が「信用されていない」と不安になるのです。

関係が崩れることでお手当をもらえなくなっては元も子もありません。

信頼関係ができている場合には、関係性を保つために振込に切り替えることを考慮する方が良いケースもあります。

ただし、以下に挙げる状況の場合は振込を断るのが安心です。

  • 不定期もしくは単発でしか会わない
  • 音信不通になる可能性がある
  • 付き合いが浅い

パパ活男性との関係性を総合的に判断し、臨機応変に対応しましょう。

5-2.信頼関係が築けてきたら切り替えるタイミング 

パパ活で振込に切り替えるのは信頼関係が築けたタイミングがおすすめです。

パパ活相手が以下に挙げる男性であればある程度信頼できるでしょう。

  • 長期間付き合っている
  • 振込を希望する理由が納得できる

振込に切り替えることでパパに好感を持ってもらえ、お手当がアップすることもあります。

現金手渡しが安心ではありますが、パパにも都合があるかもしれないので、長期間の信頼関係がある場合は振込に切り替えるのもありでしょう。

5-3.個人情報を極力教えたくないならネットバンク口座にする 

パパ活で振込に切り替える場合、個人情報を教えることになります。

というのも、振込口座により以下に挙げる情報をキャッチされる可能性があるのです。

  • 振込口座の支店から生活圏を割り出される
  • 口座番号で本名がばれる

生活圏を割り出されると、自宅や勤務地などが特定されることもあります。

もちろん、生活圏外に振込口座を指定することも可能ですが、不便に感じるでしょう。

個人情報を極力教えたくない場合は、ネットバンク口座の利用がおすすめです。

ネットバンク口座は、支店と生活圏がリンクしていないので安心でしょう。

とはいえ、ネットバンク口座についてあまり知らない方もいますよね。

ネットバンク口座は、お金の取引や各種サービスの利用をインターネットを介してできるサービスです。

店舗はないので、生活圏に関する個人情報がばれにくいのが特徴となっています。

利用を検討してみると良いでしょう。

6.パパ活で安全に稼ぐならDROSY(ドロシー)がオススメ!

パパ活で安全に稼ぐならDROSY(ドロシー)がオススメ!

画像引用:DROSY(ドロシー)

安全にパパ活したいなら、DROSY(ドロシー)がおすすめです!

「DROSY」は、お金持ちの男性を見つけなければいけないパパ活女子にはもってこいのマッチングサービスです。

サービス開始が2020年10月ということもあり、利用者の口コミはまだまだまだ少ないです。

しかし、公式サイトに“DROSYは「魅力的な女性」と「成功した富裕男性」のためのマッチングサービス”とあるように、高収入の男性と出会いやすいのが特徴なんですよ。

  • 登録時の個人情報は最小限
  • 利用はWebブラウザのみ
  • 厳重なセキュリティ

パパ活でDROSYがおすすめな理由について解説していきます。

5-1.登録時の個人情報は最小限

DROSYの登録にはフリーメールアドレスが使用できます。

ここで一番驚きなのが、マッチングアプリではほぼ必須の電話番号認証がDROSYにはないことです。

しかもGPS許可やSNS連携も不要!

もちろん完全匿名制です。

5-2.利用はWebブラウザのみ

実はDROSYにはアプリ版がなくWebブラウザ専用のサービスです。

そのメリットとして以下が挙げられます。

  • アプリのダウンロード履歴が残らない
  • ホーム画面にアプリのアイコンを置いておく必要がない

したがって、もし誰かにスマホを見られても、パパ活をしていることがバレにくいといえるでしょう。

5-3.厳重なセキュリティ

DROSYは24時間365日の監視体制のもと運営されています。

また、ユーザーの掲載内容や不適切な書き込みは運営がすべてチェックしています。

それに加えて、業者や悪質な会員は強制退会させるなど厳しく管理されています。

 

DROSYで実際にパパ活をやってみた女性の口コミや体験談はこちらから読めます。

7.まとめ:振込は個人情報がバレるため手渡しがオススメ

まとめ:振込は個人情報がバレるため手渡しがオススメ

確実にお手当をもらうには

  • 銀行振込は、自宅がバレる・パパ活の証拠が残る・お手当がもらえないといったリスクがあるため、手渡しがオススメ
  • 男性から銀行振込を希望されてもキッパリと断り、もしものために相手の個人情報を聞いておく
  • 先払いのお手当の受け取りは「LINEPay」や「PayPay」を上手に利用する
  • 付き合いが長く信頼できる定期パパなら振込に切り替えるのもアリ
  • パパ活で安全に稼ぐならマッチングサービス「DROSY(ドロシー)」がオススメ

パパ活において銀行振込はリスクが大きいため、パパ活している女性の中でお手当は手渡しが鉄則とされています。

もし男性から振込を指定されてもキッパリと断るか、先払いでお手当を受け取ってから会うようにしましょう。

相手を疑うのは心苦しいかと思いますが、支払方法ひとつにしても相手を見極める材料になります。

少しでも違和感がある時はその場を早めに切り上げたり、納得できない話は一度持ち帰るなど冷静な判断が必要不可欠です。

詐欺に遭わず安全にパパ活するためにも、本当に信頼できる男性かどうかしっかりと見定めていきましょう。

あなたは自分の時間を使ってパパのために尽くしています。

「お金をもらって当然」ということを絶対に忘れないでください。

↓↓パパ活では条件交渉がなにより大事です!詳しくは以下の記事にてご確認ください↓↓

関連記事

  1. パパ活は犯罪になる?違法行為や事例を解説

  2. 【京都でパパ活をする方法】お手当の相場や良パパと出会えるアプリを解説

    【京都でパパ活をする方法】お手当の相場や良パパと出会えるアプリを解説

  3. 東カレデートでパパ活は禁止!それでもあえて体験した女子の口コミとは?

    東カレデートでパパ活は禁止!それでもあえて体験した女子の口コミとは?

  4. パパ活の条件はどう交渉するべき?パターン別の答え方や交渉のやり方

  5. 【札幌でパパ活をする手順】相場や県民性から判断できるパパの特徴も解説

    【札幌でパパ活をする手順】相場や県民性から判断できるパパの特徴も解説

  6. パパ活サイト・アプリおすすめ10選!初心者が安全に稼ぐ方法も紹介

  7. 【パパ活攻略】パパ活で稼げる相場は?「大人あり」も含めた相場を解説!

  8. パパ活で大人をする時の相場や女性の本音

    パパ活で大人ができる女子の特徴や誘い方

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本