《夢占い》歌う夢の意味は?大勢の前・歌う人を見るなどシーン別に解説

目次

夢の中で誰かが歌を歌っていたら、「この歌は今の自分にとって特別な意味があるのか」と気になりますよね?

今回は、夢占いにおいて「歌う」ことが象徴する意味や心理を説明した上で、自分が歌う夢のほかに、自分以外の人が歌う夢や、歌の種類が印象的な夢など、さまざまなシーン別に歌う夢の意味を解説していきます。

知っている人が歌っていたり、鼻歌や悲しい歌を歌っている、カラオケでストレスを発散しているなど、あなたが見た夢をじっくりと思い出してみてください。

歌う夢に隠された、あなたのためのメッセージを読み解いていきましょう。

歌うの夢が持つ基本的な意味や暗示

歌うの夢が持つ基本的な意味や暗示

自分が歌う夢は、自己表現の欲求が高まっていることを意味しています。

この夢を見たときには、自分を表現したい欲求や感情が高まっているため、夢の中での状況には、今のあなたの心理や願望が反映されやすいです。

そんな「自己表現したい」という自分を後押しする意味の夢もあれば、自己表現がきっかけで起こる対人関係のトラブルを示す夢もあり、夢のシチュエーションによって意味が変化します。

また、自分以外の誰かが歌う姿が印象的な夢には、自分も上手に自己表現がしたいという欲求や、憧れの気持ちが反映されています。

歌うの夢が持つ基本的な意味や暗示

  • 自己表現の欲求が高まっている
  • 対人関係での警告を暗示することもある
  • 夢の中で歌う様子や歌の歌詞に、今の心理状態が表れる
  • 自分以外の人が歌う夢は、自己表現が上手な人への憧れを示す

この点を踏まえて、具体的に解説していきます。

歌うの夢は自己表現の欲求

自分が歌う夢は、「自己表現したい」という欲求の象徴です。
しかし、歌う夢の意味は、あなたの普段の様子によって異なります。

普段から自分を抑えている人は、自己表現の欲求が高まってきているにも関わらず、心の奥底に潜む感情を表現できない、悲しさや虚しさを表しています。
この場合には、自己主張や積極的な行動を促す意味を持ちます。

反対に、普段から自己表現や自己主張が得意な人の場合には、自分の意見を押し通したり、周囲の空気を読まないことから、対人関係でのトラブルを警告することがあります。

また、歌の内容や歌っている時の様子は、そのままあなたの心理状態を表しています。
歌詞のフレーズや歌っている様子が印象的だった場合には、重要なメッセージを暗示していると考えましょう。

歌う夢を見る時のあなたの心理

歌う夢を見たときのあなたの心理状態は、その歌の内容や印象によって異なります。
なぜなら、夢の中で歌っている歌は、あなたの深層心理を表しているからです。

明るい歌を楽しく歌っていれば、それはそのままあなたの現状や未来が、このままの状態で幸せだと示しています。

一方で、暗い歌を泣きながら歌っていれば、それはあなた自身でも気が付いていない体調不良や危険信号を、夢を通して潜在意識が伝えてくれている可能性が高いでしょう。

どのような場合であっても、あなたの心理状態をそのまま反映していることが多いので、夢を見たときの印象を思い出すことで、正確な心理を読み解いていきましょう。

【状況・シーン別】自分が歌う夢の意味14選

【状況・シーン別】自分が歌う夢の意味14選

歌う夢は、自分がどのような状況で、どんなシーンで歌っていたかで意味や暗示、心理が異なってきます。

ここでは、さまざまな状況やシーン別に、自分が歌う夢の意味を解説していきますので、さっそく見ていきましょう。

(1)上手に歌う夢

自分が上手に歌う夢は、運気の上昇を表しています。

この夢は、心身ともにバランスが良い状態を示し、全体の運気が上昇していることを暗示する吉夢です。

とくに、想いを伝えたいという欲求が高まるため、片思いの人は、恋が実るチャンスの時期と言えるでしょう。

また、これまで何か問題を抱えていたり、悩みがある場合には、近いうちに解決に向かう糸口が見つかることを暗示しています。

全体的な運気が上昇している時期なので、何事においても、自分の気持ちを素直に表すことで、良い展開を期待することができるでしょう。

(2)上手く歌えない、音痴な夢

自分が上手く歌えない、音痴な夢は、他人の視線が気になることを表しています。

上手く声が出せなかったり、音が取れないで苦戦している夢は、他人の視線が気になったり、怖いと感じている時に見ることが多い夢です。

今のあなたは、ある出来事がきっかけとなり、自分に劣等感を抱いているのではないでしょうか?

心当たりがある場合には、普段の生活でも自分と他人を比べないように、自分の内側に意識を向けて、穏やかな気持ちで過ごすと良いでしょう。

心がざわついた時には、深呼吸を繰り返すことで、次第に意識が自分へと向いていきますよ。

(3)大勢の人の前で歌う夢

自分が大勢の人の前で歌う夢は、あなたの承認欲求を表しています。

大勢の人の前で歌う場面を想像したときに、コンサートやライブのステージを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

芸能人のように、多くの人の注目を集める夢は、自己顕示欲や承認欲求が高まっていることを示しています。

「他人から認められたい」という思いが強まっている一方、現状では自分が期待しているほどの評価を得られていないことにジレンマを感じているのです。

今の時期は、意欲が湧きすぎて空回りをしてしまう危険性が高いので、積極的な行動をとる前に、冷静な判断を心がけると良いでしょう。

(4)カラオケで歌う夢

(4)カラオケで歌う夢

カラオケで歌う夢は、ストレスの高まりを表しています。

あなたがカラオケで歌っている状況が印象的な夢の場合には、ストレスが蓄積されていることを告げる警告夢です。
自分では気が付いていなくても、心身ともに疲弊している状態を暗示しています。

この夢を見たときは、実際にカラオケでストレス発散するなどして、リフレッシュできる時間を作ると良いでしょう。

また、友達や会社の人など、複数の人がカラオケにいて歌っている場合には、「大勢の人の前で歌う夢」と同様に、承認欲求の高まりを表す夢ですよ。

(5)誰かと一緒に歌う、デュエットする夢

誰かと一緒に歌う夢は、精神的な支えを欲していることを表しています。

この夢を見たときには、人間関係において心のよりどころを求めていることが多いです。
仕事に意識が向いている時には、信頼できる仲間を、恋愛に意識が向いている時には、恋人が欲しいという気持ちが高まっているのでしょう。

しかし、誰かと一緒にデュエットで歌う夢は、誰と歌っていたかや、どんな印象だったかによって、意味が異なります。

一緒に歌っている相手に、何らかの意識が向いていることは共通しているので、この点を踏まえて、あなたが誰と歌っていたのかを思い出しながら夢の意味を分析してみましょう。

芸能人と一緒に歌う夢

芸能人と一緒に歌う夢は、魅力的になりたいという欲求を表しています。

この夢を見たときに、楽しく上手に歌えていたら、今の自分よりもっと華やかで魅力的になりたいという気持ちの表われです。

一方で、上手く歌えていなかった場合には、今の自分に自信が持てないでいることを暗示しています。

どちらの場合であっても、あなたは深層心理で、他人から認められることを求めています。
積極的にチャンスを掴みにいくことで、心がスッキリとしていくでしょう。

友達と一緒に歌う夢

友達と一緒に歌う夢は、対人運の上昇を表しています。

この夢を見たときに、楽しく歌えていたら、協調性が高まり、対人運が上昇していることを暗示しています。

一方で、楽しく歌えていなかった場合には、夢に現れた友達に対してライバル意識を持っている可能性が高いです。

ライバルと言っても、お互いにいがみ合うような関係ではなく、自分を向上させてくれる存在のことを示します。

どちらの印象であっても、対人運の上昇と捉え、日常生活においても積極的に交流の幅を広げていくと良いでしょう。

好きな人・異性と一緒に歌う夢

好きな人や異性と一緒に歌う夢は、恋愛運の上昇を表しています。

この夢を見たときに、相手が好きな人であった場合には、今よりもっと関係を深めて進展させていきたいという気持ちの表われです。

また、相手が異性だった場合には、その人に好感を持っていることを暗示しています。

どちらの場合であっても、あなたは今、恋に対して前向きな姿勢の時期です。
積極的に行動することで恋愛運を引き寄せ、あなたの望む展開を期待することができるでしょう。

(6)歌いながら踊る夢

(6)歌いながら踊る夢

自分が歌いながら踊る夢は、精神面での充実を表しています。

夢占いにおいて踊る夢は、精神の安定や恋愛運の上昇を表すことが多いです。
そして、歌う夢は自己表現の欲求を象徴しています。
そのため、「歌う」と「踊る」の両方の意味が合わさった、歌って踊る夢は、精神的に安定していて、冷静に自分の能力を発揮できることを暗示しています。

今のあなたは、普段よりも思い切った行動に出ても、夢や理想を叶える力が十分に備わっている時期です。
一歩踏み出すのは勇気がいるかもしれませんが、自分を信じて前進してみると良いでしょう。

(7)歌いながら歌詞を忘れる夢

自分が歌いながら歌詞を忘れる夢は、心の逃避を表しています。

夢占いにおいて、なにかを忘れる夢は、自分が思い出したくないことや、記憶から消したいことなど、心の負担の暗示です。

また、歌の歌詞には重要なメッセージが込められていることから、歌いながら歌詞を忘れる夢は、あなたが忘れた歌詞の部分に、過去の辛い出来事を思い出すキーワードが隠されている可能性が高いでしょう。

この夢は、表面的には終わったことであっても、あなたの心にずっと引っ掛かっている問題がある時に見ることが多いです。

心当たりがある場合には、気になる問題ともう一度じっくり向き合う必要があるでしょう。

(8)泣きながら歌う夢

自分が泣きながら歌う夢は、ストレスを軽減させることを表しています。

夢の中で、泣いていたらネガティブなイメージを持つ人が多いと思いますが、夢占いにおいて、泣く夢は吉夢です。

現実でも、泣いた後はスッキリするように、夢の中でも泣くことにより気持ちをリセットさせる効果があります。

そのため、泣きながら歌う夢は、蓄積されたストレスを歌という自己表現で発散させているのです。

しかし、この夢を見たときには、すでにストレスをため込んでいる状態なので、起きている時にも意図的にリラックスできる時間を持つように心がけると良いでしょう。

(9)学校で歌う夢

自分が学校で歌う夢は、あなたが学生なのか社会人なのかによって、意味が異なります。

この夢を見たあなたが学生の場合には、自己顕示欲の高まりを意味します。
一方、あなたが社会人の場合には、自分の役目や義務と向き合おうとしている姿勢を意味し、義務に立ち向かうことを表しています。

困難な問題や大きな責任が伴う任務に、ストレスを感じながらも正面から向き合う姿勢の根底には、自分の能力を発揮できる機会だ、という意欲的な考えがあります。

今の時期は、最大限に自分をアピールできる好機と捉えて、積極的に行動していくことで、どんな困難も乗り切ることができるでしょう。

(10)一人で歌う夢

自分が一人で歌う夢は、今のあなたの心境を表しています。

シンプルに「自己表現したい」という欲求の象徴です。

しかし、夢を見たときのあなたの気持ちによって意味が異なります。

夢の中での気持ちを忘れてしまった場合には、夢から覚めたときや、寝起きの気持ちから読み解いても大丈夫です。

一人で歌ってあなたが楽しい気持ちであれば、自分をアピールすることに対してポジティブな心境が反映され、一方悲しい気持ちであれば、自己表現に対してネガティブな心境が反映されています。

この夢を見たときには、自分でも自覚のない心境である場合が多いので、自分の本心を探る手助けにすると良いでしょう。

(11)鼻歌を歌う夢

鼻歌を歌う夢は、対人運の上昇を表しています。

この夢は、学校や会社などの組織や集団での人間関係というよりも、個人と個人の結びつきが良好であることを示す吉夢です。

鼻歌とは言え歌う夢なので、基本的な意味は、自己表現の欲求になります。
しかし、鼻歌は実際に声に出して歌うよりも自己主張が控えめなことから、協調性が高まっていることを暗示しています。

今の時期は、対人間でのコミュニケーション能力が上昇していることから、プライベートの友人などを作るのには絶好のタイミングです。

友達からのお誘いには、積極的に参加してみると良いでしょう。

(12)歌って気持ちがいい夢

歌って気持ちがいい夢は、運気の上昇を表しています。

夢占いにおいて、気持ちよさを感じる夢は、幸運の到来を告げる吉夢です。

そして、歌って気持ちがいい夢は、のびのびと自己表現をした結果、物事が理想通りに運ぶことを暗示しています。
恋愛運や対人運だけでなく、全体的に運気が上昇していることを示していますよ。
そのため、この夢を見たときは、これまで上手くいかなかったことや、あきらめていたことに再チャレンジするのに絶好のタイミングです。

気になるものにはどんどん挑戦してみることで、さらなる幸運を引き寄せることができるでしょう。

(13)歌っても気持ちがスッキリしない夢

(13)歌っても気持ちがスッキリしない夢

歌っても気持ちがスッキリしない夢は、心身が疲労している状態であることを表しています。

夢占いにおいて、気持ちがスッキリしない夢は、体調不良や全体的な運気の低下を示す警告夢です。

そして、歌って気持ちがスッキリしない夢は、対人関係が原因で心身が疲労してしまっていることを暗示しています。

この夢を見たときには、自己主張をすると周囲から嫌われるのではないかと心配し、無理に自制をしてストレスをため込んでいる可能性が高いです。

今の時期は、無理に頑張ろうとせずに、一休みする気持ちで肩の力を抜いて過ごすことで、次第に状況も変わってくるでしょう。

(14)歌の練習をする夢

歌の練習をする夢は、心身が良好な状態であることを表しています。

夢占いにおいて、何かを練習する夢は、心も体も前向きでエネルギーに満ちた状態を示す吉夢です。

そして、歌の練習をする夢は、自分をアピールするために、力が不足している部分を補っていることを意味し、心身ともに健康なことを暗示しています。

この夢を見たときには、あなたは向上心に溢れ、何事も乗り越えられるバイタリティーがある状態です。

これまで挑戦してみたいと思っていたことがあれば、スタートさせるのには、絶好のタイミングと言えるでしょう。
気になることがある場合には、積極的に取り組むのが吉です。

【歌の種類別】自分が歌う夢の意味3選

【歌の種類別】自分が歌う夢の意味3選

夢の中で自分が歌っていた歌にはどんな意味があるのか、気になりますよね。

曲調や歌詞は、歌の印象に大きく影響を与え、夢占いにおいても意味が変わってきます。

この点を踏まえて、さっそく歌の種類別に見ていきましょう。

(1)楽しい歌・明るい歌を歌う夢

楽しい歌や明るい歌を歌う夢は、良好な人間関係を表しています。

夢占いにおいて、歌詞や曲調が楽しい夢は、実生活での満足感を示し、明るい夢は未来への展望を象徴する吉夢です。

そして、楽しい歌や明るい歌を歌う夢は、上手く自分をアピールできることを暗示しているため、人間関係の良好や対人運の上昇を意味します。

この夢を見たときには、恋愛でも仕事でも、人との関わりから幸運を引き寄せることができるので、普段よりも人と過ごす時間を多く持つと良いでしょう。

(2)悲しい歌・暗い歌を歌う夢

悲しい歌・暗い歌を歌う夢は、ネガティブな心境を表しています。

夢占いにおいて、歌詞や曲調が悲しい夢はマイナス思考を示し、暗い夢は不安や恐怖の象徴です。

そして、悲しい歌、暗い歌を歌う夢は、自信のなさから自分を上手くアピールできていない不満を暗示しています。

この夢を見たときには、実際には力を持っていても、過去の失敗から自信を喪失していたり、自分を過小評価していたり、思い込みが原因で現状から抜け出せないことが多いです。

等身大の自分を素直に見つめるように、意識してみると良いでしょう。

(3)応援歌を歌う夢

応援を歌う夢は、あなたの向上心を表しています。

歌の歌詞には重要なメッセージが込められていますが、応援の歌詞は人を励ます言葉が中心となっていますよね。

自分が応援歌を歌う夢は、目標に向かって頑張っている、自分自身に向けて応援している、という意味を持ちます。

この夢を見たときには、何事もプラス思考に変えることができる最強のメンタルの暗示です。

何か目標がある場合には、現状のまま前進していくことで、達成できる可能性が高いでしょう。

【自分以外の人が歌う】歌う夢の意味3選

【自分以外の人が歌う】歌う夢の意味3選

歌う夢は、自分が歌うだけとは限りません。

夢の中でも、自分以外の人が歌う姿や聞こえてくる歌が印象深く、気になることもあるでしょう。

ここでは、自分以外の人が歌う夢にはどんな意味があるのか、さまざまなケースから解説していきますね。

(1)上手な歌声が聞こえる夢

上手な歌声が聞こえる夢は、良縁成就を表しています。

夢の中でどこからともなく、上手な歌声が聞こえてきたら、幸運を知らせる吉夢です。

この夢は、あなたの人生に大きな影響を与える人物との出会いを示していますが、なかでもとりわけ恋愛運での素敵な出会いを暗示しています。

今の時期に出会った人は、あなたの人生において、重要な人物になる可能性が高いです。
もし思い当たる人がいたら、その相手と親睦を深めておくと良いでしょう。

(2)歌う人を見ている夢

自分が歌う人を見ている夢は、夢の中であなたが抱いた印象により、意味や暗示が異なるため、2つの意味を表します。

歌う人を見て、あなたが好感を抱いていたら、自己表現が上手にできる人に対して憧れている、素直な心情を表しています。

あなたの考えに賛同してくれる人はきっといるはずなので、時には勇気を持って、今より少しでも自己主張ができるように心がけると良いでしょう。

一方で、歌う人を見てあなたが反感を抱いていたら、対人運の低下の暗示です。

この場合には、物事を客観的に見るように心がけることで、人との衝突を避けることができるでしょう。

また、歌う人を見ている夢は、歌っている人物が誰かによって意味や暗示も異なります。

この点を踏まえて、いくつかのパターンから見ていきましょう。

家族が歌う夢

家族が歌うのを見ている夢は、人間関係が充実している状態を意味します。

夢占いにおいて、家族はそのまま家族を意味しますが、家族が歌っている夢は、組織や団体など、複数の人との人間関係が充実していることを表しています。

また、打ち上げや宴会などで、にぎやかに楽しく歌う夢は、お祝いごとや結婚などの慶事の予知夢と考えられています。

この夢を見たときには、謙虚な気持ちで、現状に感謝することで、充実した人間関係が長く続いていくでしょう。

彼氏が歌う・恋人が歌う夢

彼氏や恋人が歌う夢は、彼氏や恋人との関係を示す逆夢です。

夢占いにおいて、恋人が夢に出てくるときは逆夢であることが多いです。

夢の中で、二人が良好な関係で、恋人が楽しく歌を歌っていたら、現状では二人の関係が上手くいっていないことを暗示しています。
一方で、険悪なムードの中で、恋人が歌っていたら、現実では二人の関係は良好な状態へと向かっていく暗示です。

どちらの場合であっても、あなたが恋人に強い関心を持っている表れなので、自分に非があると感じたら、早めに改めていくと良いでしょう。

友人が歌う夢

友人が歌う夢は、自分自身の姿を表しています。

夢占いにおいて、友人は自分を映す鏡なので、友人が歌う夢は、客観的に見たときの自分の姿を表しています。

もし夢の中で友人が上手に歌えていたら、あなたの「自己表現したい」という欲求が満たされていることを暗示しています。
一方で、上手に歌えていなかった場合には、自己表現していくために、改善すべき問題点があることを告げています。

いずれにせよ、この夢を見たときには、客観的に自分を見ることができる機会なので、改善点があると感じたら善処していくと良いでしょう。

好きな人が歌う夢

好きな人が歌う夢

好きな人が歌う夢は、あなたが好きな人に片思いしている心境を表しています。

夢占いにおいて、好きな人はとくに何かを象徴することはありませんが、現実でのあなたの心境が反映されることが多いです。

そのため、好きな人が歌っている夢は、あなたが現実に好きな人がいて、良好な関係を築いていきたいという願いが込められています。

この夢を見たときには、一方的にならないように、相手の立場を考えながらアピールするように心がけるのが吉です。

子供が歌う夢

子供が歌う夢は、自己表現の可能性を表しています。

夢占いにおいて子供は、未熟ながらも可能性を示すものの象徴です。

そんな子供が歌う夢は、今は上手に自己表現ができていなくても、自分の可能性は未知数だという自信が込められています。

この夢を見たときには、勇気を持って、今までより少しでも自己主張をしていくことで、上手く思いを伝えていくことができるでしょう。

亡くなった人が歌う夢

亡くなった人が歌う夢は、特別なメッセージを表しています。

夢占いにおいて、亡くなった人には「死を悲しむ気持ちの表れ」と「メッセンジャー」の二つの意味があります。
歌にはメッセージがあり、何かを知らしめる役割が含まれることから、亡くなった人が歌う夢の場合は、亡くなった人が特別なメッセージを告げていると考えて良いでしょう。

この夢を見たときには、歌の歌詞や印象など、思い出せるものを手掛かりに、今の自分に必要なメッセージを探ってみましょう。
そうすることで、あなたにしか分からないメッセージを掴むことができるはずです。

(3)知らない人の知らない歌を聞く夢

知らない人が歌う夢は、自分が認めていない内面に触れる暗示です。

夢占いにおいて知らない人は、同性なら認識したくない自分を、異性なら恋愛面での知られざる自分を示しています。
どちらの場合でも、知らないその相手は、自分自身がまだ認められていない新たな一面を表したもの。

そのため、知らない人が歌う夢は、これから自分の内面と向き合うことで、自己表現が思うようにできるようになっていくことを暗示しています。

この夢を見たときには、じっくりと自分自身と向き合い、等身大の自分を受け入れることで、新しい価値観を得られるでしょう。

歌う夢で自己肯定感を高めよう

歌う夢で自己肯定感を高めよう

いかがでしたか?

歌う夢には、あなたの深層心理を知るメッセージが、たくさん隠れています。

深層心理を知ることは自分を知ることに繋がり、自分を知ることで、自己肯定感は高まっていきます。

夢はあなたをより良い人生へと導くために、さまざまな形でメッセージを送り続けているのです。

歌う夢からのメッセージを活かして、人生を豊かにしていきましょう。

Avatar photo
幼少より神秘的な世界に興味を持ち、大学では図像学、民俗学、色彩学を通してスピリチュアルな分野を学ぶ。タロットカードを軸に西洋東洋、命卜相開他など多数の占術を習得。得意分野はタロットカードでの恋愛占い。WEBメディアを中心に年間500本以上の鑑定掲載実績を持つ。
follow me
related posts

関連記事