《夢占い》妊娠中に見る夢の意味は?隠された心理や悪夢を見やすい理由も解説

目次

妊娠中に出産や赤ちゃんの夢を見たら「どんな意味があるのだろう」「これは予知なのかな?」と気になりますよね。
見た夢が悪夢なら、不安を感じることもあるかもしれません。

実は妊娠中は通常の夢だけでなく、悪夢を見やすいということが公表されています。

この記事では、妊娠中に見る夢の意味を、状況や事象別に紹介します。
また、なぜ妊娠中に悪夢を見やすいのかも解説するので、参考にしてみてくださいね。

実際の夢を思い出しながら、妊娠中に見る夢に隠された深層心理を紐解いていきましょう。

妊娠中に見る夢の基本的な意味やあなたの心理

妊娠中に見る夢の基本的な意味やあなたの心理

妊娠中に見る夢は基本的に「あなたに幸運が訪れようとしている」ことを表しています。

運気上昇の暗示が多く、能力開花や待ち望んでいたチャンスが手に入る前兆だと言えるでしょう。

一方で、あなたがこれから直面する出産や、今の赤ちゃんの様子、体調への不安が夢となって表れる場合もあります。

大きな変化や出来事でなくても、妊娠中に一喜一憂することは誰しも経験するので、安心してくださいね。
この記事では、それぞれの夢の意味とアドバイスを記述しますので、今後の行動の参考にしてみてください。

妊娠中に見る夢の基本的な意味やあなたの心理

  • 新しいチャンスの訪れや能力開花を暗示
  • 運気が上昇する前兆
  • 出産や赤ちゃんの様子に対する不安が表れている

これらのポイントを踏まえて、具体的に見ていきましょう。

妊娠中に見る夢は出産や赤ちゃんに対する心境を表す

妊娠中に見る夢は、出産や赤ちゃんに対する期待や不安といった心境を表します。

「性別はどちらだろうか」「生まれたら何をしてあげよう」など、楽しむ気持ちもあれば、「もし赤ちゃんが健康でなかったら」「もし無事に生まれなかったら」など、先回りして心配することもあるかもしれません。

そんなときは、あなたのお腹の中で赤ちゃんがしっかりと育っていることを感じてみましょう。

今できることは、あなたの心を安定させ、健康的な生活を送ることです。

無理しているなら周囲に協力してもらい、自分をじっくりケアしてあげてくださいね。

無事に生まれることを想像して、お腹にいる赤ちゃんや家族と妊娠期間を楽しむようにするとよいでしょう。

妊娠中に夢を見る時のあなたの心理

妊娠中に夢を見る時は、現状や健康面に対する、不安や意欲の低下を表しています。

今のあなたは、「本当にこれで良いのか、大丈夫なのか」という悩みを繰り返して強い不安を感じたり、動く意欲が湧かず「1日中ぼーっとしてしまった…」と後悔したりすることがあるかもしれません。

しかし、それは妊娠中なら誰しも起こり得ることなので、自分を責めないでくださいね。

リラックスする時間をたっぷりとって、安心した気持ちで赤ちゃんを包んであげましょう。

また、夢の中の状況や感じ方により、表れている心理状態が違うので、より細かく診断するためにも、覚えているうちに夢の内容をメモしておくと良いですよ。

妊娠中に悪夢を見やすくなると言われる理由

妊娠中に悪夢を見やすくなると言われる理由

妊娠中は、自分や赤ちゃん、または周囲の人に災難が起こる内容の悪夢を見やすくなると言われています。

その主な理由は以下の3つです。

妊娠中に悪夢を見やすくなると言われる理由3つ

  • ホルモンバランスの変化
    妊娠初期に分泌が活発化する「プロゲステロン」というホルモンは不眠の原因であり、レム睡眠時に起きてしまう可能性があります。
  • 睡眠サイクルの変化
    妊娠後期は夜中のトイレや「むずむず病」など様々な理由で睡眠中断や質が低下し、レム睡眠時に起きる傾向が高まるようです。
  • 心身のストレス
    妊娠中は赤ちゃんの変化に常時気を配っており、特に後期はお腹の重みや体調など、出産を直前に控えストレスが増えます。そのため悪夢を見やすい傾向にあるようです。

参照:Live Science「Why Does Pregnancy Cause Weird Dreams?

このように、妊娠中はホルモンバランスの変化や睡眠サイクルの変化により、不眠や睡眠障害を引き起こしやすく、また心身のストレスも増えるため悪夢を見やすいと考えられています。

また、通常人間の睡眠は夢を見る段階の「レム睡眠」、脳が眠っている状態の「ノンレム睡眠」を含めた、5つのサイクルを一定間隔で繰り返すとされています。

レム睡眠時に目覚めると、夢の内容が記憶に残りやすく、良い夢も悪い夢も覚えている確率が上がるため、レム睡眠時に起きることが増える妊娠中は、「悪夢を見やすい」と解釈されやすいようです。

夢占いで赤ちゃんの性別は予知できる?

夢占いで赤ちゃんの性別は予知できる?

夢占いで生まれてくる赤ちゃんの性別を予知することは、厳密には「できない」とされています。

「夢で会った赤ちゃんの性別が生まれた子と同じだった」という話を聞くと、「予知できるのだろうか?」と気になりますよね。

夢は潜在意識を映し出すため、あなたの心の中の「男の子がいい」「女の子だったらな」などの願望が夢に表れている場合が多いです。
そのため、一概に「予知できる」とは言えません。

ただし、同じ夢を何度も見るなら、生まれてくる赤ちゃんの性別を知らせるサインである可能性もあります。

また、妊娠中は特にスピリチュアルな感知能力が敏感になると言われているため、夢の内容から直感的にお腹の子の性別を感じ取ることもあるかもしれません。

いずれにしても、新しい命の誕生は神秘的で喜ばしいことです。
夢の内容が実現するかに関わらず、安心した気持ちで赤ちゃんを迎えてあげてくださいね。

妊娠中に見る夢の意味10選

妊娠中に見る夢の意味10選

妊娠中に見る夢は夢の中のあなたの状態や、赤ちゃんの様子によって意味が変わります。

ここから、パターン別に夢が示す意味を解説しますので、参考にしてくださいね。

(1) 出産する夢

あなたが出産する夢は、新しいチャンスの訪れや生み出す能力が開花することを表しています。

現在抱えている問題が解決したり、クリエイティブな能力が開花して仕事に繋がったりなど、嬉しいチャンスが訪れそうです。
また、人生の岐路と言えるような大きな出来事が起こるかもしれません。

何事においてもスムーズに進む時期なので、ぜひ勇気を持って前向きに取り組んでみてください。

ただし、生まれたてのエネルギーは不安定なため、妊娠中のストレスにならない程度にすると良いでしょう。

(2) 妊娠中に出血する夢

妊娠中に出血する夢を見たら、あなたの不要なエネルギーが流れて運気が上昇することの暗示です。

不吉だと感じるかもしれませんが、古くなったものを出せば新しいものが入ってくるので、安心してください。

夢の中での出血量が多く、血の色が鮮かであるほど運気は大きく好転していくでしょう。

ただし、出血の夢をみたことで、妊娠中の出血に対して過敏になっている可能性があるので、過度に心配せずリラックスできる環境を整えてくださいね。

なお、実際にお腹に違和感を感じたり出血を確認したりしたときは、冷静に医師の指示を仰ぎましょう。

(3) 流産や死産の夢

流産や死産の夢は、運気が好転することを意味します。

赤ちゃんが亡くなる夢はとても悲しく、現実に起こったらどうしよう、と心配になるかもしれません。

しかし、この夢は、実際に流産や死産が起こるという意味ではないので安心してください。

現在あなたが夢や目標実現に不安を抱えている場合、いったん諦めざるを得ないような大きな変化が起こる可能性があります。

しかしその変化は、終わりを迎え再生するために起こるものなので、あまり悲観しすぎず、今は再チャレンジするまでの準備期間だと捉えると良いでしょう。

また、あなたの中にある「無事に出産できるだろうか」という不安が夢として出ている可能性もあるので、リラックスできる時間を多く取ってくださいね。

(4) 早産の夢

赤ちゃんを早産する夢は、今あなたが取り組んでいる物事が時期尚早であることの暗示です。

物事は、前倒しに取り組むことで多くの成果を得られる場合もあれば、タイミングが早すぎて失敗する場合もあります。

一つひとつにベストなタイミングがあり、研究や準備期間を十分に取り、最適な行動時期を見計らうことも大切です。

この夢を見たときは、慌てて思いつきで行動することは控えましょう。
落ち着いて周囲と歩調を合わせたり、必要な情報を収集したりするように心がけるといいですよ。

また、赤ちゃんについて心配なことがあっても焦らず、1日1日成長を見守りましょう。

(5) 赤ちゃんの性別が判明する夢

(5) 赤ちゃんの性別が判明する夢

妊娠中に赤ちゃんの性別が判明する夢は、男の子なら運気や健康状態の向上、女の子なら金運上昇を意味します。

運気アップの振れ幅は普段の積み上げによって変わるので、毎日適度に掃除や運動をしたり、こまめに家計収支を管理したりすると良いでしょう。

なお、「赤ちゃんの性別を知らせる予知夢ではないか?」と期待することもあるかもしれません。

もちろん、正夢の可能性はありますが、夢の内容に囚われすぎて「絶対に男の子だ」「女の子に決まってる」などと先走ることのないよう注意しましょう。

(6) 赤ちゃんに障害がある夢

赤ちゃんに障害がある夢は、あなたの運気が低下し、不安定になっていることを知らせています。

目標達成への道のりに邪魔が入るなど、思うように物事が進まないような予期せぬ出来事が起こるかもしれません。

この夢を見たら、夢があなたの精神が不安定になっていることを教えてくれているのだと捉え、誰かに相談したりリラックスできる時間を取ったりして、できる限り心の平和を保つと良いでしょう。

また、この夢は、あなたの中にある「赤ちゃんと無事に会えるか」「健康に生まれてくれるだろうか」などの不安が映し出されている場合もあります。

赤ちゃんが生まれていない段階で必要以上に思い悩むことはストレスに繋がるので、できる限りおおらかな心で出産を迎えるようにしてくださいね。

(7) 妊娠中なのに生理がくる夢

妊娠中なのに生理が来る夢は、状況や体調に不安や迷いがあることを示しています。

妊娠中の体の変化とともに、普段なら何とも思わないことでも、急に不安に感じることがあるかもしれません。
この夢を、「少し緊張を弛めてリラックスしてほしい」というサインと捉え、必要以上に考えすぎないようにしましょう。

また、今感じている不安をパートナーや出産経験者に相談することで、安心感が得られるはずです。

心の安定に目を向けて、自分を追い込まないようにしてくださいね。

(8) お腹が張る夢

(8) お腹が張る夢

妊娠中にお腹が張る夢を見たら、一時停止してほしいというサインです。

現実でお腹が張っているときは、安静にして張りが治まるのを待ちますよね。
この夢の意味も、現実と同じです。

妊娠中にお腹が張る夢を見たら、進めている物事をいったん止めて、何か大切なことを見落としていないか、準備不足はないか見直すと良いでしょう。

また、妊娠中の仕事や家事で体が疲れ、「休みたい」という心理が夢に表れている場合もあります。

この夢を見たからと言って必ず体調が悪化するというわけではありませんが、休暇を取ったり家事をパートナーに任せたりするなどして、できるだけ体調を優先してくださいね。

(9) 夫が浮気する夢

妊娠中に夫が浮気する夢は、あなたがパートナーを信用していないことを意味します。

妊娠中はできる限り、パートナーと気持ちを分かち合ったり、頼ったりしたいですよね。

しかし、この夢を見たということは、今のあなたはパートナーを心から信頼できず、頼るに頼れない状況なのかもしれません。

どうしても男性は妊娠の機会がないため、妊娠中の状況が分からず、繊細さに欠ける部分があるものです。

お願いしたいことは丁寧かつ具体的に伝え、妊娠、出産のサポートを仰ぎましょう。

(10) 火事の夢

妊娠中に火事の夢を見たら、ポジティブな心境の変化が訪れているという暗示です。

また、元気な赤ちゃんが生まれるサインとして表れる場合もあります。

この夢を見たときには、ぜひ家族で子供が生まれた未来を想像して、明るい気持ちを分かち合ってくださいね。

ただし、火の勢いが弱い夢や消火できなかった夢は、母になることへの不安が大きくなっていることや、意欲の低下を表します。

妊娠中に不安を感じたり、やる気が起きなかったりすることは誰しもあるので、あまり自分を責めないようにしましょう。

妊娠中に見る夢で不安を解消しよう

妊娠中に見る夢で不安を解消しよう

妊娠中に見る夢を状況別に解説しましたが、いかがだったでしょうか。

妊娠中に見る夢は、運気の上昇やチャンスの訪れといったポジティブな意味を指すことが多い一方で、妊娠や出産への不安がそのまま夢に反映されている場合もあります。

どうしても生まれる前は赤ちゃんの様子を目で確認できないため、少しの体調不良やテレビや雑誌などから得た情報から、強い不安を感じることがあるかもしれません。

ただし、妊娠中に見る夢は、深層心理や赤ちゃんからお母さんに向けられた「リラックスしてね」というサインの可能性もありますよ。

不安に襲われたときは、無理せずリラックスできる時間をとったり、かかりつけ医に相談したりなどして、安心できる環境を作ってくださいね。

あなたの不安が解消され、無事に赤ちゃんを迎えられますように!

Avatar photo
Ron(ろん) Contributor
幼少の頃よりスピリチュアルな世界を身近に感じ、「依存しない、身近な占い」をモットーに占いを始める。現在はチャット占いをメインに活動中。タロット・オラクルカードを主軸に数秘術を駆使して鑑定を行う。「今必要なメッセージ」を伝えることを得意とし、「後押しをもらえた」「自分が見ようとしていなかった気持ちに気づいた」との声も多い。
follow me
related posts

関連記事

Scroll to Top